検索

秋の散策スタイルに必見!コートが主役のコーディネートテクニック【Holiday Circus SNAP】

五感すべてでお洒落を体験できるファッションイベント「Holiday Circus」は今年で二回目の開催!「MIX and MUCH(ごちゃまぜる)」をテーマに演出された空間に多くの人が賑わう中、PeLuLu編集部が来場されたお客様のファッションをスナップしました!

すっかり気温が下がった10月。「Holiday Circus」の会場となったTENNOZ CANAL EASTにも涼しい海風が吹き込みます。

 

来場される人々のファッションをチェックしていると、デッキに並んだ出店を思う存分周れるようにアウターを主役としたスタイリングが多い様子! そこで冬まで使えるコートをメインにしたコーディネートのヒントを探ってきました。

 

 

重いコートもトーナルにまとめて抜け感をプラス

 

 

全体をニュアンスカラーでまとめ、コートを主役としたスタイリングなのに抜け感があり、目を惹いたNanaeさん。カーキに切り替えられた”Kastane”のコートワンピースの袖元が、カラーを引き締めるアクセントとなっています。

 

カジュアルなコンバースでも同系色にまとめれば、大人な雰囲気に
さりげなく合わせたファー小物に旬な要素をプラスすることでスタイリングをアップデート

 

 

浅いカラーでまとめると一見春めいたようですが、“UNIQLO”のサーマルティーや”キャセリーニ“のトラッパーハットなど、秋冬らしい素材感をプラスすることで装いにアレンジ。ちょっとした気遣いで、コートの着こなしの幅が広くなるコーディネートテクニックは真似したいですね!

 

 

ホワイトコーディネートをキャンバスにして個性派コートを引き立てる

 

 

思わず振り向いてしまったのは、MAKIさんが着こなしていた”Another Edition“のダンガリー地の個性的なコート。形はオーセンティックなトレンチコートを踏襲しているのに、生地の緩さや共地ベルトで締めるガウン調のデザインが、大人なこなれ感を醸し出しています。

 

裾には身近なフリンジがついていて、ゆるやかなコートのシルエットを引き締めます

 

 

“COS”の白デニム、”adidas”のSTANSMITHとコートの内側はすべてホワイトにまとめることで、まるで絵画のキャンバスのようにコートを引き立てています。 トップスは“UNIQLO”のリブニットで季節感もプラス!日差しが暖かい日の街散策などに参考にしたいコーディネートでした。

 

 

時が育てた宝物・ヴィンテージコートが光るワザ

 

 

折り返しのゴールドの袖に、くたっとしたカーキカラーのコート。なつはさんが着るのは、なんと彼女のおじいさまが着ていたという“BURBERY”のステンカラーコートでした。サイズも丈も直さず、メンズのゆるりとしたシルエットをワンピースのように着こなします。

 

全体を引き締めるスパイスは、“アニエスベー“のニットベレー帽に縁どられた赤
“Another Edition”のポシェットの刺繍柄でシンプルな装いにアクセントをつけます

 

メンズらしいシンプルな仕立てのコートだからこそ、インナーが同じように簡素ではコートに負けてしまいます。そこでなつはさんが合わせたのは、細かいヒョウ柄のような細コーデュロイの個性派パンツと、存在感たっぷりの”Dr.Martin(ドクターマーチン)“の3ホールシューズ。

 


古着ならではのゆるりとしたパンツのシルエットと柄感が、コートの時代感ともぴったり

 

ヴィンテージコートを主役に、同じく時間が醸成したものを合わせることで仕上げたワザありなスタイリング。秋冬にこそ雰囲気のあるヴィンテージアイテムを取り入れたい人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

まだまだ続く「Holiday Circus」ファッションレポート!ぜひほかの記事と読み合せて、今年のコーディネートのヒントにしてくださいね。

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!