検索

ヘルシーかつ、見た目もキュート!低カロリースイーツレシピ

「痩せたいけれど、スイーツは食べたい」というというのが乙女心ですよね。しかしいざ低カロリーのスイーツを作ろうと思っても、見た目が地味で美味しそうに見えない…、なんて声も。やっぱりスイーツは見た目も大事!そこで今回は、ダイエット中にぴったりの、可愛い低カロリースイーツを紹介いたします!

低カロリスイーツは可愛くない?

 

スイーツの場合、カロリーや糖分が気になるものの、「低カロリースイーツ」は地味なイメージで華やかさには欠けると思っていませんか?

そこで今回は、見た目にもかわいく、カロリーは低めのスイーツをご紹介します。

 

 

 

上手なスイーツの楽しみ方のおさらい

 

食べる時間帯に気をつける

消費カロリーが減る夕方以降にスイーツを食べると、脂肪や糖分を体内にため込んでしまい太りやすくなります。スイーツを食べる時間は、活動量の多い午前中から午後3時くらいの間にしましょう。

 

食べ過ぎに注意

いくら低カロリーのスイーツを選んでも食べ過ぎはNGです。特に低カロリースイーツは甘さが控えめなだけに、ひとつでは満足できずに2つ3つと食べ過ぎてしまいがちに。結果的にカロリーオーバーしてしまうので、食べる量には気をつけましょう。

 

スイーツを楽しむ

テレビを見ながら、スマホを操作しながらなどの「ながら食べ」は、食べたという満足感を得ることができず、食べ過ぎにつながります。スイーツを食べるときは、きちんとお皿に取ってテーブルセッティングをして食べることで満足感がアップ!ゆっくり味わいながらスイーツを楽しみましょう。

 

温かい飲み物と一緒に

 

コーヒーや紅茶などの温かい飲み物と一緒に楽しむことで満足感がアップし、食べ過ぎ防止になります。リラックス効果のあるハーブティーを選ぶのもおすすめです。
また、スイーツは甘く糖分を多く含むので、なるべくノンシュガーの飲み物で糖分の取り過ぎを避けたいものです。

 

手作りスイーツを楽しんで

たまにはスイーツを手作りすることで、砂糖やバターなどの量を調整でき、低カロリーに仕上げることができます。
それでは、低カロリーで可愛い手作りスイーツ2種をご紹介いたします。

 

 

 

ノンオイルシフォンカップケーキ

 

【材料】カップ約7個分

・卵…2個
・砂糖…30g
・強力粉…35g

《飾り》
ホイップクリーム、果物、ミントの葉、粉砂糖など

 

【作り方】
(1)オーブンは180℃に予熱する。卵を卵黄と卵白に分ける。

(2)卵白に砂糖を3回に分けて、ハンドミキサーでしっかりとメレンゲを作る。

(3)メレンゲに、溶いた卵黄を少しずつ加えながら混ぜる。

(4) 「3」に強力粉を加え、空気を含ませるように混ぜる。

(5) 「4」をカップの8分目くらいまで入れたら、トントンと落として空気を抜き、オーブンで約13分焼く。

(6)粗熱が取れたら、ホイップクリームや果物などをかわいく飾る。

※バターを使用せずにシフォンケーキを作るので、ノンオイルで低カロリーに仕上がります。しっかりと材料を泡立てることがポイントです。トッピングをかわいく飾ればパーティー向けのスイーツになりますよ。

 

 

低糖質でうれしい♡豆腐の白玉

 
【材料】3~4人分

・白玉粉…150g
・絹ごし豆腐…190g
・抹茶の粉…小さじ2

《トッピング》
小豆缶、果物缶(チェリーなど)

【作り方】
(1)ボウルに白玉粉と絹ごし豆腐を入れてよく練り混ぜ、生地がまとまってきたら半分に分ける。半分に抹茶の粉を入れてよく練り混ぜる。(水分が足りない場合は水を加える)

(2)「1」を食べやすい大きさにちぎって丸め、沸騰したお湯に入れて茹でる。浮き上がって1分したら氷水に引き上げて水気を切る。

(3)「2」を器に盛り、小豆缶、果物缶をトッピングしてフルーツ缶のシロップをかける。

※絹ごし豆腐を使用することで粉の量を抑えられるため、低糖質に仕上がります。
また、もっちりとした食感で少量でも満足感のある白玉です。果物でトッピングをかわいくすれば見た目も華やかになります。


いかがでしたか?ダイエット中も賢くスイーツを楽しんで、ストレスフリーなダイエットに繋げていきましょう!

 

 

 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!