検索

料理好きのみなさん、狭いキッチン、どうやって使ってる?【プチDIY女子達のお部屋案内】

料理を楽しむための工夫をまとめてみました。

 

収納スペースをうまく確保する

料理をちゃんとするキッチンを作るために必要なのは、動線を考えた場所にきちんと収納スペースを確保すること。アイテムを駆使しながら、効率よく動けるスペースを作るコツ、まとめました。

 

作業スペースにもなるキッチンワゴンが一石二鳥

 

収納にもなり、上は作業台にもなるキッチンワゴンは、狭いキッチンの強い味方。大谷さんのお部屋では、IKEAのキッチンワゴンにシートを載せて、水切り用のスペースとして活用していました。

(このお部屋はこちら)

 

 

キッチンカウンターは、作れる!

 

もしキッチンの前のスペースに余裕があるなら、カラーボックス&ホームセンターの板を使って、キッチンカウンターを自作するという手も。(このお部屋はこちら)

 

 

 

作業スペースも増え、ゴミ箱など見せたくないものを内側に隠せるので収納力が格段にアップしてスッキリしたキッチンになります。(このお部屋はこちら)

 

 

隙間収納も、作れる!

 

冷蔵庫とキッチンの間の微妙な隙間も、天井と床とでつっぱるキットを買って収納を自作!(このお部屋はこちら)

 

 

 

よく使うものの指定席を用意

よく使うキッチンツールは、しまいこまずに見える位置に置いておきたいもの。専用の指定席を作ると、パッと使ってパッとしまえるので散らかりません。

 

 

つっぱりポールで壁掛け収納

 

壁につっぱりタイプの収納を追加して、壁掛け収納を確保。(このお部屋はこちら)

 

 

100円ショップのフックを有効活用

 

整理収納アドバイザー、小林由未子さんのキッチンでは、100円ショップで購入したフックやつっぱり棒を使って、いつも使うものの指定席を用意。(このお部屋はこちら)

 

 

短いつっぱり棒も役に立ちます

 

ちょっとした隙間にもつっぱり棒で収納ポイントが作れます。(このお部屋はこちら)

 

 

ゴミ箱はおかずに袋で対応

 

キッチンの中で、意外に場所を取るゴミ箱。Hill さんのお部屋では布の袋を戸棚に引っ掛けて、その中にビニール袋を入れることで分類。(このお部屋はこちら)

 

 

 

料理道具は厳選して

しまう場所を作るのも大事ですが、少し料理に慣れてきたら、いつも使う道具を見直していくのも大事。あまり使っていないものは積極的に手放していきましょう。

 

取っ手がとれるアイテムを使う

 

小林由未子さんがお勧めする料理アイテム。鍋も、フライパンも、取っ手がとれるタイプで、収納はもちろん狭いシンクでも「洗うのが圧倒的に楽」なんだとか。(このお部屋はこちら)

 

 

ひとり暮らしサイズのものを使う

 

伊藤愛子さんのお部屋では、フライパンもまな板も、少し小さいひとり暮らしサイズのものを愛用。小さなスペースを活用して、あっという間に一人分の料理を完成させます。(このお部屋はこちら)

 

 

 

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!