検索

2018年秋冬試してみたいベーシックコーディネート4選

ベーシックなコーディネートが好きといっても一歩間違えるをただの地味・・・。色使い・アイテム使いなど参考になるコーディネートをご紹介。

  • 1.スポーツアイテムをプラス

いつもの装いに、スポーツアイテムをひとつ。ひとつだけ、というのがポイント。このくらいの塩梅が、いいリラックス感を出します。運動神経がよくない人でも引け目をかんじなく ていい。スウェットパンツは意外と取り入れやすいですよ。

コ ー ト( フ ァ ー の 襟 つ き ) ¥28,000/BEAMS BOY(ビーム ス ボーイ 原宿)、ニット¥42,000 /ANDERSEN-ANDERSEN、 ト ー トバッグ¥16,000(オーダー価 格)/CEDAR KEY CANVAS(と もにメイデン・カンパニー)、シャ ツ¥11,500/D.M.G.(ビーバー  渋 谷 店 )、 パ ン ツ¥30,000/ ALWEL、 シ ュ ー ズ ¥50,000 / SANDERS(ともにグラストンベ リー ショールーム)、ソックス ¥1,400/French Bull(レイニ)

 

 

 

  • 2.セットアップ

ブルゾン×パンツ、カットソー×スカートなど、同素材の上下をセットアップで。 ひとつひとつで着ても素敵なのに、一緒に着ることで魅力が何倍にも。そんな魔法がかかる。ワンピースやコンビネゾン感覚でぜひトライ!

ブルゾン¥52,000、パンツ¥45,000/と もにFilMelange(フィルメランジェ)、ス ウェット¥11,000/MIXTA(メイデン・ カンパニー)、メガネ¥37,000/JULIUS TART OPTICAL(コンティニュエ)、バッグ ¥49,000/L/UNIFORM(ステディ ス タディ)、時計¥12,000/G-SHOCK(カ シオ計算機)、ソックス¥1,500/French Bul(l レイニ)、スニーカー 価格未定/ GEOFFREY B. SMALL(ジャーナル スタ ンダード ラックス 表参道店)

 

 

  • 3.ベージュのワントーンコーデ

最近周りのおしゃれな人はみんなベージュコーデではないですか。クローゼットにあるベージュのアイテムだけでコーディネートしてみたら、新鮮な自分を発見できます。ベーシックカラー、見慣れたベージュの、 新しい魅力を再発見してみて。

ニ ッ ト ¥29,000 / unfil、 マ フ ラ ー ¥12,000 / MORRIS & SONS( と も にビショップ)、パンツ¥30,000/ Phlannel(ブルーム&ブランチ青山)、 ショルダーバッグ¥36,000/MIMI (クォータリー 青山店)、スニーカー ¥9,800/MOONSTAR(ムーンスター カスタマーセンター)

 

  • 4.長めのシンプルコート

今や大定番のビッグシルエットのコート。 コットン素材のステンカラーコートやトレンチコートの次に欲しいのは、上質なウールのビッグシルエット。程よい重量感でシルエットはすとんと美しく。上品なカジュアルベーシックスタイルへ。

コ ー ト ¥128,000 / LUCIO VANOTTI (ジャーナル スタンダード ラックス 表参道 店)、ニット¥35,000/SEA(エスストア)、 デニムパンツ¥17,800/orslow×BEAMS BOY(ビームス ボーイ 原宿)、キャップ ¥9,500/Universal Works(.メイデン・ カンパニー)、ソックス¥1,600/French Bul(l レイニ)、シューズ¥63,000/ Paraboot(パラブーツ青山店)

 

 

 

いかがでしょうか?

2018秋冬に取り入れたいベーシックコーディネートを見つけてくださいね。

 

onkul vol.8より

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!