検索

WANNA BE A GENTLEMAN - ジェントルマンに憧れて。 -

地味でシンプルだけど どこかチャーミングなジェントルマンが気分です。

 

そろそろ訪れる冬の支度を始めなくては。ただこの季節になると、さて「どんなコートを羽織ろうか」やれ「どんな靴を選ぼうか」いろいろ目移りして、結局いつもの“マイ定番”に落ち着いてしまうなんて経験がある人は多いはず。ただ、その定番ってやっぱり一番自分らしくて、一番安心するのも間違いない。今回は“いつも同じだけどどこか気の利いている”そんな紳士的なスタイルに注目しました。

 

 

GENTLEMAN #1

ベルベット素材が重厚でなんだか野暮な雰囲気のセットアップ。ほんのり光沢のある明るめなブラウンカラーが、カジュアル過ぎず上品な着こなしを叶えてくれる。端正なシャツを合わせて、紳士的なエッセンスをひとさじ。カレッジトップスを合わせてプレッピーな気分で着崩すのが気分。

 

ジャケット¥39000、パンツ¥23000 /ともにYAECA(ヤエカ アパートメント ストア)、スウェット¥10800 / The DUFFER of St.GEORGE(ジョイックスコーポレーション)、シャツ¥15000 / MACKINTOSH PHILOSOPHY(SANYO SHOKAI)、傘¥31000 /FOX UMBRELLAS(ヴァルカナイズ・ロンドン)、ソックス¥3200 / CORGI(ホームステッド リミテッド)、シューズ¥7900 /MOONSTAR(ムーンスター カスタマーセンター)、バッグ¥39000 / SLOW(イノヤ)

 

 

GENTLEMAN #2

まるで仏映画「ぼくの伯父さん」のジャック・タチのよう。ボックスシルエットが紳士的なベージュのチェスターコートは、ナイロン混のコットン素材で薄手ながらも強度を備えた万能コート。リネン素材のボアライナー付きなので、真冬でも紳士らしく軽めでスマートに着こなせる。

 

コート¥78000 ※ライナー付き/ YAECA(ヤエカ アパートメント ストア)、シャツ¥15000/J.SABATINO(サザビーリーグ)、パンツ¥30000 / agnès b.(アニエスベー)、メガネ¥25000 /MOSCOT( イー・ヴィ・アイPR)、傘¥31000/FOX UMBRELLAS(ヴァルカナイズ・ロンドン)、バッグ¥70000 /Lost Property of London(ジャーナル スタンダード 表参道)、手帳カバー¥29000 /GLENROYAL (渡辺産業プレスルーム)、ソックス¥2800 / CORGI(ホームステッド リミテッド)、シューズ¥49000 /SANDERS(グラストンベリーショールーム)

 

 

GENTLEMAN #3

英国の老舗アウターウェアブランド《グレンフェル》のダッフルコート。上品な仕上がりのヘリンボーン模様が高級感溢れる一着。気品を感じさせる“カーキグリーン”は、ダッフルコートのシリーズの中でも人気の新色。タートルネックのニットに、太めのチノ素材のパンツを合わせてリラックスした雰囲気で。

 

コート¥125000/GRENFELL(ヴァルカナイズ・ロンドン)、パンツ¥22000 / AU GARCONS(コンフェクション)、メガネ¥25000 /MOSCOT(イー・ヴィ・アイ PR)

 

GENTLEMAN #4

ラッセル織りのマリンTシャツが人気を集めるフランス発マリンウェア・ブランド《オーシバル》のダッフルコート。海軍の制服として採用されていたブランドらしく、少し無骨で粗野な雰囲気がとても魅力的。腰が隠れる程の丈感は、クラシカルな細身パンツと相性が良い。

 

コート¥36800/ORCIVAL(ビショップ)、ニット¥39000/ANDERSEN - ANDERSEN(メイデン・カンパニー)、パンツ¥32000、シューズ¥30000 ※参考色/ともにagnès b.(アニエスベー)、メガネ¥25000 / MOSCOT(イー・ヴィ・アイ PR)、マフラー¥9000 / INVERALLAN(ジャーナル スタンダード 表参道)、バッグ¥76000 / GLENROYAL(渡辺産業プレスルーム)

 

 

GENTLEMAN #5

ミリタリーのインナーコートからインスピレーションを得たビックシルエットのフーデッドコート。高圧縮仕上げをしたメルトン素材の一重のコートは、シックな中にも軽やかな着こなしを叶えてくれる。深紅のニットトップスにピンストライプのパンツは、まるで英国紳士のよう。

 

 

コート¥60000 / HYKE(ボウルズ)、ニット¥10000、カットソー ¥5200 /ともに
HOLLYWOOD RANCH MARKET(ハリウッド ランチ マーケット)、パンツ¥32000 /beautiful people(ビューティフル ピープル 青山店)、メガネ¥25000/MOSCOT(イー・ヴィ・アイ PR)、バッグ¥74000/GLENROYAL(渡辺産業プレスルーム)

 

 

GENTLEMAN #6

ボリューム感のあるスクエアシルエットのニットトップスは、ワークウェアのように目地の詰まった紳士的な雰囲気。様々な糸で編まれたミックスヤーンを使用した素朴な風合いが魅力的。光沢感のあるコーデュロイ素材を合わせて気品を感じさせる着こなしを。

 

ニット¥33000 /Beaumont Organic(渡辺産業プレスルーム)、シャツ¥28000/BAND OF OUTSIDERS(サザビーリーグ)、パンツ¥19000/BLUE NLUE JAPAN(オクラ)、バッグ¥70000/Lost Property of London(ジャーナルスタンダード 表参道)、ソックス¥3200/CORGI(ホームステッド リミテッド)、傘¥33000/FOX UMBRELLAS(ヴァルカナイズ・ロンドン)、シューズ¥38000/REGAL Shoe&Co.(リーガル シュー&カンパニー)

 

 

 

GENTLEMAN #7

1894年創立以来、英国を代表するカントリーウェアとして愛用されてきた《バブアー》。小さめの襟や短め丈のキッズサイズを選んでジャストなサイズ感で着こなしたい。耐久性、防水性を備えた、表面のオイルド加工は、何度でも塗り直すことが出来、永く着ることが出来る。

 

 

ジャケット¥56000 / Barbour(バブアー 渋谷店)、ニット¥19000、オールインワン¥62000/ともにiliann loeb(イリアンローヴ表参道ヒルズ店)、メガネ¥25000 / MOSCOT(イー・ヴィ・アイ PR)、ソックス¥3200/CORGI(ホームステッド リミテッド)、シューズ¥49000 / SANDERS(グラストンベリーショールーム)、バッグ¥120000 / GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター ジャパン)
 

 

GENTLEMAN #8

ワークテイストの粗野な素材感が特徴的な《ユニバーサル ワークス》のネイビージャケット。インナーのアラン編みニットはどことなく懐かしい雰囲気。漁師たちが防寒用に着ていたというフィシャーマンズ・セーターは、家庭によって異なる編み地で、誰のものかを特定していたんだとか。

 

 

ジャケット¥34000 / Universal Works. 、シャツ¥18000 / INDIVIDUALIZED SHIRTS( ともにメイデン・カンパニー)、ニット¥49000 / iliann loeb(イリアンローヴ表参道ヒルズ店)、パンツ¥24000 / BS BEE(ジャーナル スタンダード 表参道)、メガネ¥25000 / MOSCOT(イー・ヴィ・アイ PR)、バッグ スタイリスト私物

 

 

 

 

 

onkul vol.2 より

 

 

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!