検索

「ペットと暮らす」にとことんこだわった家づくり【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 後編】

D.I.Yのスピリットを独自の切り口で教えてくれるコラムをどうぞ。独特な笑いを生み出す芸人、バッファロー吾郎の竹若さんによる〝何かものを作りたくなる” D.I.Y.コラムです。

さぁ前編で脳味噌が猫で一杯なのに、無理してペットとD.I.Yをうまく絡ませてお話しようとして、書き上げるのに恐ろしく膨大な時間が掛かってしまったので、後編では本能の赴くまま走って行きたいと思います!(猫120%宣言!?)

タイル床は、水分含むモノの処理が楽チンですね! 猫達が走り回って、角で爪が効かずにドタバタ曲がって行くのが可愛いのです。

 

気分屋の猫たちだからこそ、受け入れてくれた時の喜びはひとしお!

一緒に寝てくれないかな~との目論見で少し小さめに作ったベッド! 見事に「くっつくしかない」状況が生まれて、こちらは大喜び! こちらの努力も実って、心もポカポカです。

 

猫達の事を考えたD.I.Yはリスクも大きいです。猫は気分屋さんですし、猫の事を研究しつくして作られたオモチャですら見向きもしない場合があります。ストーブ周りの簡易ベッドを作った時も、果たして利用してくれるのか?という思いで作っておりました。

人間褒められて伸びるというテーマも以前に書きましたが、D.I.Yを続けるにあたって大変重要な「褒められる」要素が見込めないどころか無視されて突っぱねられる可能性の方が高いのです。

しかし受け入れられた時の喜びは超弩級のものとなります。私も簡易ベッドに2匹が寄り添って寝てくれたのを見た時はうれしくてうれしくて、コーヒーを入れて和菓子を食べながらずっと涙を流して眺めておりました。

D.I.Y経験値が高い方々は、褒められるのが当たり前!みたいな方もいらっしゃると思います。そんな方々にこそペットへのD.I.Yに挑んでいただきたいです。

 

猫たちのリラックした様子は最高の癒しです

 

お姉ちゃんがいつも読んでいる少女マンガを枕にして、同じ気持ちで夢見てるのかな!?

 

ペット達はおべんちゃらも使いませんし、嘘は付きませんのでね!ハイリターンを積極的に狙っていきましょう!

扉や仕切り壁を極力なくした空間にしたおかげで、猫達の素敵なウロウロが堪能できます。

ゆったりしたスペース空いているのに、何でそんなところでそんな恰好でくつろいでいるの?という微笑ましい瞬間にいっぱい巡り合うことが出来ます。猫がリラックスして寝てる姿を見ているとこちらも眠くなってきます。とても質の高いお昼寝が保障されます。

リビングで映画やテレビを観ていて号泣している時も、2階から「何事だニャ?」と降りてきて「しょうがニャいなぁ~」と隣に来て寄り添ってくれます。もう最高です!さらに挙げる声も大きくなります!

部屋を閉め切って一人だけの空間でサラウンドシステム等にこだわって鑑賞するのも良いと思います。でもそこにはペット達は入って来られないですよ!自分が感情丸出ししている姿をペット達にも見せてあげましょう!

自分に都合のよい変化を求めるより、自分以外の都合を考えて行動してみると、自分では気付かない角度からの素敵な事が訪れます。

家族のためのD.I.Y、さらにはペットのためのD.I.Yで新たな次元のドアを開いてみるのはどうかニャァァァァァ~~!(説得力無し!)

 

 

 

「ペットと暮らす」にとことんこだわった家づくり【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】

 

 

長い期間で付き合っていく為の“変化を楽しむ”マインド【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 後編】

 

長い期間で付き合っていく為の“変化を楽しむ”マインド【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!