検索

買って後悔しない!美しき「買い物術」6か条。

お買い物が大好き!という女性は多いですよね。でも、ちょっと注意したいのが衝動買いや買い過ぎ。そこで今回は、後悔しない買い物術をご紹介します!

あなたは買い物依存!?まずはセルフチェック

 

買い物依存とは、品物そのもの魅力よりも買う行為によって快楽を得たり、ストレス発散をするため必要でないものを買ってしまったり、金欠状態に陥るなどのトラブルが起こる場合を指しています。

つまり、買い物をたくさんしても困ったことにならないなら、ただの買い物好きと言えます。しかし買い物のしすぎで収納場所から物が溢れたり、借金をしてしまう人は、買い物依存の可能性があります。

それでは、あなたの買い物依存度をチェックしてみましょう。以下の項目で当てはまるものをチェックしてみて。

 

買い物依存度セルフチェック

□夜よく買い物をする
□平日は比較的時間がある
□ネットショッピングが好き
□店員に勧められると断りづらい
□「新作」「限定」の言葉に弱い
□買い物はいつもクレジットカード
□買い物のし過ぎで、日ごろの生活資金に困ったことがある
□もともとは、まじめな性格
□仕事や家庭のストレスがたまっている
□孤独、寂しさがある
□人に愛されたい、注目されたい
□自己評価が低い、自分に自信がない
□買い物をすると気分が晴れて、嫌なことも忘れられる
□購入しただけで満足し、使ってないものがたくさんある

上の項目で5つ以上当てはまる人は、買い物依存症予備軍。9つ以上の人は重症の可能性も。改善策をはじめないといけませんね。続いては、後悔しない買い物術を5つご紹介します!

 

 

 

後悔しない買い物術1:迷ったら買わない

 

買い物をしてから後悔する人は「迷ったらとりあえず買う」といいます。そこで買わなければ、あとで欲しくなって店に戻ってもなくなってしまう…と考えるそう。

そこで後悔しないためには「迷ったら買わない」こと。迷ったら買わずに帰ってそのまま思い出さなければ、本当に欲しいものではなかったのだ、と考えましょう。

日頃「迷ったらとりあえず買う」をやっている人は、どうしても迷った場合、1時間ほど別の店や別の場所で用事を済ませてみてください。頭が冷えてからもう一度考えてみましょう。

 

 

 

後悔しない買い物術2:帰り道に注意

 

衝動買いの多い人が特に衝動買いしやすいアイテムは服やバッグ、靴で、衝動買いしやすい時間帯は平日の夕方から夜なのだそうです。平日の夕方から夜の時間帯はショーウインドウが輝いて見えて、一番衝動買いしやすいといわれます。

仕事の帰り道、他の予定の帰り道にふと買ってしまう…。これこそ危険!疲れもあるし、短時間で済まそうとして、パッと衝動買いしやすいのです。お買い物は、時間が十分にあるとき、疲れていないときにしましょうね。

 

 

 

後悔しない買い物術3:買わずに店を出る訓練をする

 

買い過ぎてしまう人の特徴のひとつ「店員さんの勧めを断れない」。こんなに勧めてくれるのに買わなかったら悪い、店員さんの成績に影響するから気の毒。そんなふうに思うのは確かにいい人かもしれませんが、よほどのお金持ちでない限りこの考えを持ち続けると破たんします。

買い過ぎの防止には、まず、店員さんの勧めを上手に断る訓練をしましょう。「ちょっと考えます!」「いま急いでいるから、また今度にします」と言うことから初めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

後悔しない買い物術4:置く場所を考える

 

季節の変わり目は、お洋服が欲しくなる。でも、ちょっと待った!それを買ったら置く場所がありますか?


まず、クローゼットをチェックして保管場所を確保してからお買い物に踏み切りましょう。クローゼットがいっぱいなら、手持ちのアイテムを処分する必要もあります。そうやってよく考えて購入したニューアイテムは、絶対後悔しないでしょう。

 

 

 

後悔しない買い物術5:買ったものメモを作る

 

家計簿やお小遣い帳をつけるのは苦手な人が多いかもしれませんが、「今月、何を買ったか」だけでもメモに残しておきましょう。これだけでもかなり無駄遣いや買い過ぎの警報となります。今月、靴を2足買っている、アクセサリーは3回目…と気づけば、歯止めになりますよ。

 

 

さて、いかがでしょうか。持っている財力を最大限に生かして、買い物も旅行もグルメもたっぷり楽しみたいですよね。


後悔しない買い物で、この秋はお財布も心も余裕で過ごしましょう!

 

 

 

 

 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!