検索

『THE』からプロダクトデザインの観点からつくる、新しいアパレルがスタート!

プロダクトとしてのアパレルという新しい観点から生まれた服たち

これまでにいくつものプロダクトを産み出してきた『THE』。

ふきんや醤油差しから鉄道車輌に至るまで、様々な分野の意匠設計を手掛けてきたクリエイティブチームが設計や製作の考えをそのままに、服を作ることに挑戦します。

9月上旬からTHE SHOP TOKYO・THE SHOP KYOTO・その他取扱店にて順次発売です。

 

『THE Jeans Stretch』-デニムらなではの経年変化と驚異の伸縮性を両立した新しい定番-

 

 

100年以上の歴史のあるジーンズ。古くはアメリカの労働者のワークウェアに始まり、現代では定番のファッションとして世界中にで愛されています。


 
『THE Jeans Stretch』は、ロープ染色によるヴィンテージさながらの美しい色落ちや経年変化と、当時の紡績技術では成し得なかった抜群の伸縮性を両立。

生地はデニム産地として有名な岡山県井原市のクロキ株式会社による製造。縫製は同じく県内のデニム産地として有名な倉敷市児島の有限会社津崎、加工は美東有限会社。 
形状は次の2種類。

『THE Jeans Stretch for Regular』
パターンのマスターピースは、1960年代後半のヴィンテージリーバイス。製品での加工方法は2種類。1つ目は「ヴィンテージウォッシュ」。丁寧に加工されたジーンズはまるで何年も穿きこんだような表情に。
2つ目は「ノンウォッシュ」。デニム生地を織りたてたそのままの状態です。糊のついた状態なのでハリがあって硬く、経年によって穿いた人の個性が色濃く出ます。

『THE Jeans Stretch for Slim』

新開発された抜群の伸縮性を誇るストレッチ生地の特性を生かして、タイトなシルエットにも関わらず、ジーンズであることが信じられないほどの動きやすさと着心地を実現。
従来のデニム生地ではなし得なかった横に伸縮する生地をより効果的に活用するために、パターン修正とサンプル作成を何度も繰り返し、美しいシルエットと快適性を両立。

製品での加工方法は「ヴィンテージウォッシュ」(前出)と、織りたてのデニムについている糊を落とし、生地の特性を生かして体にフィットするようにソフト風合いに仕上げた「ワンウォッシュ」の2種類。

9月中旬より順次発売予定。

 

『THE Tote Bag』-1960年代のヴィンテージトートを分析・再開発-

今や誰もが一つは持っているであろう定番の鞄トートバッグ。

もともとは氷を持ち運ぶための頑丈なバッグとして、アメリカで開発されたのが始まりといわれています。


 
『THE Tote Bag』の開発は、1960年代のヴィンテージバッグを、布の状態から糸にまで解体・分析し、再生産することからスタート。

一般のトートバッグの生地と比べて20%ほど太い糸を使用し、頑丈で軽く、自然なムラ感が1点1点異なる表情を生み出しています。

通常の機械では糸が太すぎて通らなかった為、旧式のシャトル織機を改造して製作。

脇に持ち手を取り付けているのは、重たいものを持つ際に持ち運びしやすくするための補助目的で、氷などを運んでいた当時から残るディテールに。
この持ち手の長さを再デザインし規格統一することにより、スーツケースの取っ手にぴったりと取り付けられるようになっています。



9月より順次発売開始予定。

 

 

『THE Chino』-Botanical dye(天然染色)によって再現したチノパン本来の色-

 

多種多様な場面で存在するチノパン。
どこか上品だけど、丈夫で、着れば着るほど体になじみアジが出る。



『THE Chino』の生地は、ペルーの超長綿『ペルヴィアンピマ』を使用。洗っても毛羽が立ちにくい性質の糸を用い、洗濯を繰りかえしてもその光沢感が実感できる仕上がりに。

染色はボタニカルダイを採用。「Botanical dye(ボタニカルダイ)」とは、植物の花びら・葉・樹皮・根や果実、また鉱物からつくられた天然染料を使った生地の色落ちを最小限に抑える染色方法のこと。東南アジアなどに生息するミロバランスと呼ばれる木の実で「身を守る・危険に遭わない」という意味が込められた、古くからチノパンに使われてきた原料を使っています。

10月より順次発売開始予定。

 

 

『THE Cardigan』-見た目はベーシックでありながら、人体に即した立体的なニット-

通年通して着用の機会が多いカーディガン。肌触りが良いこと
、生地がへたらないこと、軽い着心地であること
が必要不可欠な条件と考え、

糸の太さ、混率、編み機のゲージ(目の細かさ)を厳選し、ドイツのストール社の編み機を採用。引き返し編みやエルボーダーツを入れることで、見た目はベーシックでありながら、人体に即した立体的なパターンに。

糸はコットンカシミア(コットン85%カシミア15%)を使用。肌触りの良さはもちろん、夏でもサラっと涼しく着ることが出来ます。




9月より順次発売開始予定。

 

 

『THE Breton Marine』(ザ・ブルトン マリン)-フランスの名門・Fleuse d'Arvor(フィールズ・ダルボー)社とのコラボレーション-

 

 

 

 

『THE Breton Marine』は、1927年にブルターニュ地方のカンペールで生まれ、フランス海軍の制服の生産を担ってきたFleuse d'Arvor(フィルーズ・ダルボー)とのコラボレーションで実現。


現在のブルトンマリンのほとんどはカットソー呼ばれ、フィルーズ・ダルボー社の作るブルトンマリンは横方向に糸を編みこんでいく「横編み」(ニット)で出来ています。
この横編み製法は組成が複雑で、薄い生地を作ることはできませんが、糸をたっぷりと使用したふくらみのある生地で、身幅方向への伸縮性が高く仕上がりに。手編みをそのまま機械で行うような製法を今でも一貫してフランス国内で行なっています。

THEとのコラボレーションではボディの入っているラインにも意味が。
フランスにおけるオフィシャルなボーダーとは、ナポレオンの勝利数に因んだ21本のラインであるという説があります。これに起因して、ボディのラインの数を21本に設定し、古き良きビジュアルに。



10月より順次発売開始予定。

 

『THE Sweat Pants』『THE Sweat Pullover Hoodie』『THE Sweat』新色BLACK追加-人気の『THE Sweat』に続々ラインナップ追加-

 

 

 

 『THE Sweat』シリーズに新たに2つのアイテム『THE Sweat Pullover Hoodie』・『THE Sweat Pants』追加と、要望の多かった新色BLACKの登場!



『THE Sweat Pullover Hoodie』
『THE Sweat Zip up Hoodie』の発売以来ご要望の多かった、オーソドックスな形状のプルオーバー。



『THE Sweat Pants』
『THE Sweat』の着心地の良さをそのままパンツでも実現。素肌に触れる部分の多いパンツの方が生地の柔らかさや伸縮性を一層実感できます。



9月中旬より順次発売開始予定。



新色BLACK
また、同じく要望の多かった新色BLACKも登場。全アイテムに展開致しました。カラーは全部で3色、GRAY(末番:-200)/NAVY(末番:-201)/BLACK(末番:-202)

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!