検索

べとつかないオーガニックなアルガンオイル「reMio」(レミオ)で夏の肌疲れを残さない!

最新アイテムやロングセラーの名品まで、巷で話題のナチュラル・オーガニックなコスメを実際にお試ししてレポートする連載企画です。

夏の終わりは肌もお疲れ。

一気に過ごしやすい気候になった今日この頃。

暑さが和らぐのと同時に、肌には夏の疲れがどっと現れます。

紫外線に冷房、汗や皮脂に触れた夏肌は、表面はベトついているのに内側は乾燥している”インナードライ”の状態に傾きがち。

さらに水分不足の肌は、カサカサごわついてファンデーションの仕上がりにも影響を与えます。

皮脂でベトベト、メイクが崩れちゃうからスキンケアは化粧水だけ!なんて方は要注意!

知らず知らずのうちにインナードライ肌に陥っているかもしれません。

秋になり本格的な乾燥が訪れる前に、夏の肌疲れをしっかりケアしてあげましょう。

 

ベトつかないけど潤うアルガンオイル

夏のお疲れ肌ケアにおすすめなのが、洗顔のあとにオイルをプラスする方法。

『オイルか~。潤いは欲しいけど、ベトベトするのも嫌なんです私。』

そんな人はぜひ、洗顔のあとにブースターオイルとしてアルガンオイルを使ってみてください。

 

reMIoオーガニックアルガンオイル

こちら、reMio(レミオ)という国産オーガニックコスメブランドの100%ピュアなアルガンオイル。

純度の高さをものがたる美しくクリアな黄金色と、ボトルから覗くアルガンツリーのイラストにうっとりです。

オイルというと、ベトつくイメージの方も多いかもしれませんが、化粧水の前に入れ込むことで肌表面にオイル感が残りません。

さらにアルガンオイルは肌との親和性が高いので、さらっと軽やかに使えるのが特徴です。

アルガンオイルは、モロッコ南西部に生息するアルガン樹の実から圧搾されたオイルで

エイジングケア成分であるビタミンEや必須脂肪酸が豊富。

そのため現地では何百年も昔から美と健康のために愛されてきたオイルなんです。

いつものケアにプラスワンで夏の疲れをケア

使い方は簡単。洗顔のあとスキンケアの一番最初に、アルガンオイルを塗布します。

数滴とり手のひらで温めたら優しく伸ばしていきます。

ほんのりナッツの香りが漂い、ここでも品質の高さを実感!

肌全体に伸ばすと、すぐにベトつき感もなくなり

その後に使う化粧水もぐんぐん入っていく感覚が。

潤いが満たされた肌はもちっと柔らかく仕上がりました♡

乾燥が気になるところは部分的に上から重ねて使うのもおすすめです。

秋冬のコンディションを決めるのは、今のケア!

晩夏の肌ゆらぎに、ぜひお試しくださいませ。

 

【製品お問い合せ】

reMio/レミオ・ジャパン

オーガニックアルガンオイル

3,300円+税

https://remio.jp/product/item-0001

 

txt by 小熊歩果

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!