検索

【エディター本気のウィッシュリスト④】コーデを締めるのは「イケてる」パンツしかない

ガーリーにもカジュアルにも、モードにも振れるのでボトムスは断然パンツ派!動きやすさはもちろん、ワンピースとレイヤードできたり、コーデの幅が広いのも愛すべきポイントです。

エディターが「本気で欲しい」と思った、コーデを締めてくれる存在感抜群のパンツを集めました!

 

今年外せないトレンドカラー

 

 

 

JOURNAL STANDARD

コットンリネン ワイドスラックスパンツ

¥11,880(税込)

 

今年見逃すことができないトレンドカラーといえば「ラベンダー」ですよね。トップスやスカートで取り入れるのは簡単ですが、パンツで取り入れるのはガーリーさとカジュアルさの間を取るのが難しいところ。でもこのパンツなら、美しいシルエットのおかげでどっちつかずの印象ではなく、より上品にまとめてくれるんです。一万円と少しの優しい価格も魅力です。

 

 

ブライトグリーンの新鮮さ

 

 

 

FIL DE FER

Waist トロストレッチ フロントスリットパンツ

¥17,280(税込)

 

もう一色のトレンドカラーといえば「ブライトグリーン」。パキッとした鮮やかな緑は、コーデに洗練さをもたらしてくれます。色味自体は落ち着いているので、意外と取り入れやすいカラー。「FIL DE FER」のパンツはフロントに切り替えを入れ、少しテーパードシルエットにしているので、よりキリッとした印象になります。トップスはモノトーンでまとめて、パンツを主役にどうぞ。

 

 

スポーティーモードに決めるなら

 

 

 

GOUT COMMUN

12GラインPT

¥15,984(税込)

 

「GOUT COMMUN」で見つけたのはスポーティーなサイドライン入りパンツ。ついカジュアルになりすぎるアイテムですが、白ベースに黒の太めのラインを入れることでよりモードな印象に。足元はスニーカーではなく、ヒールの高いパンプスを合わせてクールなレディに。ウエストはゴム仕様なので着心地楽々です。

 

 

誰よりも存在感を

 

 

YASUTOSHI EZUMI

スーパーワイドパンツ

¥36,720(税込)


圧倒的な存在感を放つ『YASUTOSHI EZUMI』のスーパーワイドパンツは、モード派にオススメの一本です。できればズルズル引きずるくらいがカッコ良いのですが、日常生活ではそんなわけにもいかず。ある程度ヒールで高さを盛って、ちょっと引きずるくらいで穿きこなすのがベスト。

 

そろそろ脚、出さない?

 

 

BY MALENE BIRGER

SHORT PANTS

¥41,040(税込)

 

ここ数年続くロング丈のボトムブーム、そろそろ飽きてきませんか?カッコよく決まるワイドパンツもいいけれど、やんちゃなレディスタイルにまとめてくれるショートパンツも見逃せません。『BY MALENE BIRGER』のボタニカル柄パンツは、ハイウエスト&ベルトでワイドパンツに劣らずスタイルアップを叶えてくれます。一歩先のトレンドを掴みたい方は、ぜひショート丈を!

 

幸せを呼ぶツバメ柄

 

 

LOKITHO

swallow print pants

¥41,040(税込)

 

日本のコレクションブランド『LOKITHO(ロキト)』のツバメ柄パンツは、誰とも被らない特別な一本になってくれるはず。見慣れない柄なのにも関わらず、ツバメが飛び交い藤が咲く生地は、ごちゃごちゃすることなく洗練された印象に。その秘密は大胆にあしらわれたシースルー部分にあります。同生地のシャツもあるので、セットアップで着こなすのもおすすめ!

 

エディター本気の推しパンツ、いかがでしたでしょうか?トレンドを押さえつつ、誰とも被らないデザインを追求するなんて、おしゃれのバランスって難しい!でもだからこそ面白いんですよね。ぜひこの夏のパートナーパンツを見つけてみてくださいね。

※掲載アイテムはセールなどにより価格が変更している場合がございます。詳しくは商品詳細より、各ショップ店員にお問い合わせください。

 

text : FACY LADY 編集部

【関連記事】

即完売の大人気アイテム「ハミルトンテーラードコート」が登場!

無理せずスタイルが決まる!一枚でオシャレに見えるトップスが集まりました

ドレスを中心に手がけるブランドArobeがデビュー。スタイリングを自由に楽しめるドレススタイルを提案

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!