検索

『MUJI Labo』2018秋にクローゼットに仲間入りさせたいアイテムたち

半年でワードローブ全体が完成するという形で毎月新鮮さを差し込むMUJI Labo。ペルル編集部のオススメをご紹介。

ベーシックは衣服といえば真っ先に『無印良品』を思い浮かべる人が多いと思います。その中でも『MUJI Labo』は名前の通りまさに実験室。

 

無印良品HPより

隙間がないほどにぎっしりと服が並んだクローゼットよりも、自分の生活に寄りそう、ほんとうに必要なものを数点だけ、ゆとりをもってしまっているクローゼットに豊かさを感じます。服は本来、たくさん持つ必要はないのかもしれません。飾り立てるファッションから距離を置いた、実験室。ここから、将来の無印良品のベーシックが生まれます。

 

 

服がたくさんないと不安なのに、よく着る服は決まっていてシーズン中一回も着ないなんてことありませんか?『MUJI Labo』で自分が本当に必要としている服に出会いませんか?

 

 

PeLuLu編集部オススメアイテム1

撥水タックワイドパンツ

一見ロングスカートにも見えるワイドパンツ。ふわっとした柔らかいシルエットで、きれい目にもカジュアルにも着こなすことができます。また素材が撥水加工で遊び心もあります。

大きめのトップスと合わせてゆったりとした着こなしもよし。また、ウエスト部分にはボタンがついてスッキリしているので、ジャストサイズのトップスを持ってきてインするのもよし。

クローゼットの中に入れるだけで、着こなしの幅がぐんと広がる1着です。

 

 

PeLuLu編集部オススメアイテム2

綿チノクロスワイドパンツ

スキニーなアイテムもいいけれど、ワイドなアイテムを着るとなんだか落ち着きます。ゆったりとしたアイテムはどちらかというとカジュアルに見えますが、こちらのパンツはどこか落ち着いた感じにみえるのが不思議。

フロントのウエスト部分はきちんとしていますが、実はバックはゴム入り。ゴム入りの心地よさを知ってしまったらもう虜です。

 

 

PeLuLu編集部オススメアイテム3

綿ツイルワンピース

1着でその日のコーディネートが完成すると言っても過言ではないワンピース。だからこそ、素材やシルエットにはこだわりたいですよね。

このワンピースの素材、綿ツイルはしわになりにくく光沢感あり。ベーシックな中にきれい目感を演出できます。また、ハイネック仕様なので秋冬感もあり、ストンと落ちた肩や少し長めの袖口がなんだか新しく感じます。

 

 

PeLuLu編集部オススメアイテム4

綿ポプリンスタンドカラーシャツ

絶対に外さないコーディネートといえば、やっぱりシャツ。ずっと昔から愛されてきたものは、この先もずっと定番であると思います。だけど、だからこそベーシック+アルファが欲しくなる。それがこの切り返しなのです。袖を通して、鏡を見ると「これ、いいじゃん!」。と色々な着こなしを考えずにはいられなくなります。

 

 

PeLuLu編集部オススメアイテム5

コットンシルクチュニック

おしゃれな普段着としてチュニックを重宝しているしている方、多いのではないでしょうか?ちょっとコンビニに行くだけ、ちょっとお散歩に行くだけ、このちょっとした時の装いをランクアップしてくれます。

こちらのチュニックはシルク入りの繊細な素材なので、ふわっとゆったりシンプルに着こなせます。少し長めの袖口は折ってもそのままでもOK!

 

 

いかがでしたか?

クローゼットの中で眠り続けている服を整理して、無印良品へ行きたくなりませんか?

人気商品、人気カラーは在庫が少なめのものもあるので、お店またはオンラインで要チェックです!

 

【お問い合わせ先】

無印良品:https://www.muji.net/store/cmdty/section/T10013

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!