検索

コミュ力UP!言いにくいことを上手に伝える4つのコツとは?

コミュニケーション力。社会で生きている限り、絶対に必要と言えるものの一つですね。相手の立場や互いの関係上、どうしても言いにくいこともあるかもしれません。そんなとき、どうやって伝えたらいいのでしょうか?今回は言いにくいことを上手に伝えるコツを知り、コミュ力アップを図りましょう!

言いたい!けど言えない…!!

 

友達や職場はもちろん、夫婦関係、親子関係、嫁姑関係、親せき付き合い、近所付き合い、ママ友…どれも切っても切れない間柄。うまくやっていきたいなら、相手と上手にコミュニケーションを取る必要があります。

でも、うまくやっていきたいからこそ、色んなことが不安になって上手くコミュニケーションが取れないことはありませんか?
「言いたい!」「言ってあげたい!」と思いながら、「やっぱり言えない」と悩んで経験がある人も少なくないはず。

 

 

 

こんなこと、やっぱり言えない…!

職場の上司へ

 
「娘さんからのプレゼントのネクタイを『似合うだろ』とよく見せてくださいますが、どう見てもそれは若者向けのデザイン。『社会的地位もあるのですから、年相応のものをお召しになったほうがよろしいと思います…』なんて絶対に言えません」(30代女性)
 
 

お義母さんへ

「おしゃれには敏感なお義母様、先日は海外の某ファストファッションのお店へ行ったみたい。早速着ていましたが…『ハンガーから落ちないように付いている細いリボンを、チョーカーみたいに着るのはやめてください!それはデザインではありません!』といつも叫びたくなります」(20代女性)

 

 

愛する我が子へ

「最初の結婚が10代だった私。すぐに離婚し、30代で再婚。今は大手企業に勤める夫と小学生の息子と幸せに暮らしていますが、子どもには秘密にしていることが。それは『あなたには20歳も離れた兄がいます』。言っても平気でしょうが、何だか言えないままです」(40代女性)

 

 

近所のママ友へ

 
「子ども同士が仲のいいママ。幼稚園バスへ子どもを送ったあと、朝から長い立ち話が始まります。内容はつまらない噂話とか。『玄関のカギが開けっ放しだから』『今日は出かける予定があるから』と言っても逃げられません。『話したくない』と言えたら本当に楽でしょうか…」(40代女性)
 
悩みは人それぞれですが、伝えられたらストレスフリーになれるのは、みな同じかもかもしれません。
うまく言う方法はないのでしょうか?
 
 
 

言いにくいことを上手に伝える4つの方法

断定的に言わない

 

断定的な言い方は、時に不快感や抵抗したくなる気持ちを相手に与えるようです。

例えば、「それはみんなに嫌われるよ」と言われたら「何っ(怒)」となりますが、「それはみんな好きじゃないかもしれないね」と言われれば「そうかなぁ」となりませんか?

断定を避け、ネガティブな単語を使わないことで、受け入れやすい表現になるようです。

 

 

徐々に断る

「付き合いが悪いと思われるんじゃないか」「嫌われるんじゃないか」と心配して、「行きたくないな」という飲み会も、「お金がかかるな」と感じるランチ会も、断ることができない…。

なかなか断れないなら、一気に断ろうとしないことがポイント。今回行ったら、次は「その日は予定があるの」と断り、その次参加すれば、次の2回は「予定がある」、次の参加の後は、3回は「予定がある」と。

ちょっとずつ離れていけば、誘われなくなり、断る必要もなくなります。

 

 

長所も一緒に言う

 

言いたいことを言うために、まずは褒める!というのはいかがでしょう。褒められたら、思わず話を聞いてしまいますよね。

仕事もデートも遅刻常習犯の彼、「どうして遅れてくるのよ(怒)」と言っても直りそうにありませんね。「こんなにすてきなあなたなのに、どうして遅刻するのかしら?」なんてかわいく言ってみたら、彼も「ごめんね」と素直に言えるかもしれません。

注意をするときは、「あなたのため」を前面に。「私はあなたの味方ですよ」感をしっかり出すとうまく伝わるのかも。

 

 

タイミングを考えて言う

空気を読む、これも言いにくいことを言いたいなら大切です。
「今、それ言う!?」なんていうときに言われたら、怒らない内容でも思わず怒ってしまいますよね。

友達の服にクリーニングのタグが付きっぱなしなら、トイレへ行くときなど一人になるタイミングを見計らってから。
自分が言われたときの気持ちを考えたら、よくわかりますね。

言いにくいことをため込んでいる人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。恥ずかしい指摘も、怒りの気持ちも、ネガティブな話題も、これさえわかっていれば、もう何も怖くないかも?

 

 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!