検索

【旅の途中の神様訪問】迷った時の神頼み。会津の聖地”伊佐須美神社”で開拓の神様に会う

人の住むところには、必ず神社やお寺があります。そこに住む人々の暮らしを心静かに見守り、悩み事を解決してきた神様たち。これは、旅の途中で出会った神社やお寺にちょっと寄り道させてもらい、神様訪問をした記録です。

会津美里町の指定天然記念物に指定されている会津五桜の一つ「薄墨桜」や、シーズンには敷地内に150種10万株のあやめが咲き乱れる「あやめ祭り」など、花咲く神社としても有名な伊佐須美神社。今回は福島県会津の神様訪問です。

 

伊佐須美神社の鳥居。


紫陽花の季節に訪問。

 

伊佐須美神社の歴史と御祭神四柱

伊佐須美神社(いさすみじんじゃ)は、福島県大沼郡会津美里町宮林にある岩代国一ノ宮です。

地元の方からは「伊佐須美様」と呼ばれ、会津の総鎮守として親しみと崇敬を集めてきました。

 

境内には神様の使いのような真っ白な猫がゆったりとくつろぐ姿も。

 

学業の神様・菅原神社もあります。合格祈願に訪れる人が多いです。

 

神門横には苔生す庭園も。初夏のしっとりした緑が美しい。

 

神門は立派な桜門。扉には菊の御紋が飾られています。

 

創建は崇神天皇10年(前88)で、約2000年もの歴史ある神社。祭神である四道将軍・大毘古命(オオヒコノミコト)と建沼河別命(タケヌナカワワケノミコト)が別々の道を進みながらもやがてこの土地で再会を果たしたことが由来し、「会津(相津)」という地名がついたと云われています。

その際、国土開拓の祖神である日本神話に登場するイザナギ・イザナミの夫婦神を父子が天津嶽山頂に祀ったのが伊佐須美神社。

そのため伊佐須美神社には、伊弉諾尊(イザナギノミコト)・伊弉冉尊(イザナミノミコト)と、社殿を創建した大毘古命(オオヒコノミコト)・建沼河別命(タケヌナカワワケノミコト)の父子を御祭神としてお祀りしています。(※御祭神四柱を総称して「伊佐須美大明神」と奉称)

 

「夏越(なごし)の大祓 茅の輪(ちえのわ)くぐり」。祓い方の方法は、左から右、左と8の字を描くようにくぐります。半年間の罪穢れを祓い清め、残る半年間の催促を祈って進みます。


伊佐須美神社のご利益

実は平成20年の火事によって本殿・神楽殿・神饌所などが消失してしまったため現在は仮社殿なのですが、農林・水産・漁業・商工・土木・建築・交通運輸のあらゆる殖産興業の守護神として名高く、また豊作祈願・商売繁盛・開運・延命長寿のご利益に加え、イザナギ・イザナミの夫婦神のご夫婦を祀っていることから”会津の縁結び神社”としても知られています。

 

現在は仮の御社殿。今後、焼失以前の御社殿を模した新しい造営計画が立案中。

 

天海大僧正が植栽されたと言われるパワースポットの桧と、桧に寄り添うように生えている縁結びの紅葉。

 

旅の途中に寄り道したワケ

伊佐須美神社の伊佐須美大明神は、イザナギノとイザナミが国土開拓の祖神、そして大毘古命と建沼河別命は東海や北陸、東北を開拓し農林や水産などあらゆる会津文化を生み出した神様と云われているため、「何か迷ったときに方向性を示してくれる神様たち」としても知られているのです。進むべきか進まぬべきか、引くべきか押すべきか、道に迷ったときに訪れれば、ひらめきや道筋を進むパワーをくれるパワースポット。

今回は開拓の神に相談したいことがあって旅の途中でちょっと寄り道。


伊佐須美大明神様、「旅の者から相談です。」

拝殿前に立つと、改めてなんと言って相談したらいいのか悩んでしまいます。しかも神様が4人いるので、誰に聞けばいいのか…。悶々として手を合わせます。(妄想発動)


ーお参り(妄想)中ー

私「こんにちは、東京から来た五十嵐です。よろしくお願いします。」

イザナギ「はいよろしく。何に悩んでいるのかな。」

私「意外な人が出て来た。実は今なんとなく運気が停滞している気がしていて…」

イザナギ「それでそれで?」

私は「それで…仕事を増やすとか減らすとか、契約先を変えるとか何かしらアクションを起こした方がいいのかなと思ってるんです。」

イザナギ「ふーん。」

私「でも、行動できるほど時間も気持ちも余裕がなくてウジウジしてるんですけど。今ってなんか進んだ方がいいのか聞きたくて。」

イザナギ「っていうか、その質問のために会津まで来たの?」

私「そうです。だって珍しいんですよ、開拓の神って。しかも御祭神全員が開拓神て。」

イザナギ「まぁね。でもあんまり具体的な相談じゃないから難しいな。」

私「まぁ、ふんわりはしてるかも。」

イザナギ「ふんわりって言うか、もっさりかな。」

私「でも、悩みってそういうものでは?」

イザナギ「私はね、イザナミと爆誕した後、高天原偉い人たちに国土つくれって言われて、天の橋からで海をかき回して島を作ったの。」

私「それが日本なんでしたっけ。」

イザナギ「もちろん言われたから作ったっていうのもあるけど、私は大好きなイザナミと一緒に住むための場所を作ったに過ぎないの。そうすべき理由があったから、従ったまで。私がしたことはみんなにとってはパイオニア的なんでしょうけど、でもね、本当に見ないといけないのはそこかしら?あなたにとって、何か行動を起こすべき理由はあるのかしらね。あ、今日私が夕飯作る当番なの、じゃあね。」


神様の言葉を代弁するためのお便り「おみくじ」

イザナギが後半ちょっとオネエ口調だったのは気になりますが(なにせ脳内の出来事のため)、神様の声を代弁するためにおみくじで運勢もみてみましょう。


運勢:凶

なんとなく全てに行き詰まりの感を覚える運勢です。

仕事:ここで急いで結論を出そうとしても駄目。流れが有利にかわるまでねばり心のゆとりが欲しいもの。

正直、旅先での凶は精神的に結構辛い。

はい、その通りです。まったく、イザナギの言う通りですよ。


”長い人生にはこういう時期もあります。焦らず、苛立たずここは一つ試練の時と心得て頑張りましょう。”


試練の時。焦らず、苛立たず、忍耐の時期ということでしょうか。確かに今行動する理由がないからこそ、進めばいいのかそのままでいいのかウジウジしていたんですよね。


”春は近い。明るい見通しがほどなく開けます。”


まだ夏ですが、春には開けるっぽいので今は我慢なのでしょう。我慢に次ぐ我慢。

とにかくこのおみくじ、「がんばれ。」の文字が多い。こんなに応援してくれるおみくじははじめてです。イザナギありがとう。

春までちょっと長いけど、もう少し踏ん張ることにしましょう。

さて、せっかく福島まで来たから円盤餃子食べて帰ろっと。


伊佐須美神社
http://isasumi.or.jp/

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!