検索

部屋探しと引越しのヒント ー プロバイダってなに?引越先でのインターネット設定方法まとめ

引越のたびに設定方法をさっぱり忘れててんやわんやする自分のために、インターネットの設定方法をまとめておこうと思います。

 

 

新しい部屋が決まり、バタバタとお引越も完了して、ほっと一息。
いつものようにネットサーフィンして……と思ったら、インターネットって、どうやってつなぐんだっけ……!?

 

まず、お部屋を契約する際に、インターネット環境を確認しましょう

 

インターネットに接続する方法は、おおまかに次の3つです。

 

1. マンション共通の固定回線につなぐ(インターネット無料のお部屋)
2. 個別に固定回線を契約する(インターネット使用可のお部屋)
3. 個別にモバイル回線を契約する

 

マンション共通の固定回線がある場合、引越したその日から無料でインターネットが使えます。個別の固定回線は、集合住宅タイプの工事が完了しているかいないかで使用可否が異なります。集合住宅タイプが開通しているお部屋は「インターネット使用可」と表記がある事が多いです(インターネット無料と勘違いしないように注意です)。工事が完了している場合でも、部屋までの開通工事が必要で、初期設定も自分で行い、自分で料金を支払うことになります。お部屋の契約をする際に、管理会社さんにインターネットの接続状況について確認をしておくと、この後の流れがスムーズになります。もし引越し先に固定回線が開通していなかった場合も、最近ではWiMaxなどの高速モバイル回線がありますので、検討してみましょう。

 

 

方法1:マンション共通の固定回線がある(インターネット無料)場合

 

インターネット無料のメリット : LANケーブルさえあれば、その日からインターネットが使えます

 

インターネット無料のお部屋の場合、既に回線がお部屋まで開通しているので、LANケーブルでパソコンとつなげばすぐにネットに繋がります。

 

「無線LANルーター」を設置すれば、無線(WiFi)接続もOKです。

 

「無線LANルーター」をつなげば、無線(WiFi)での接続もOKです。性能によって同時接続台数や通信速度に(多少)違いがあるので、ネットに詳しい人や電気屋さんにおすすめを聞いてみるといいかもしれません。また、物件によっては無線LANルーターを既に設置してくれているお部屋もあります。これも事前に確認をしておくとよいでしょう。

 

無線LANルーター

 

 

インターネット無料のデメリット : 回線速度には注意して

 

インターネット無料のお部屋では、マンション全体で共通の回線となるので、他の部屋の人がインターネットを使っている場合に混雑して通信速度が遅くなるなどのデメリットはあるようです。動画や写真をたくさんアップロードしたり、ネットゲームに勤しむなど速度重視の方は気をつけたほうがいいかもしれません。

 

 

方法2:固定回線を契約する場合

 

固定回線のメリット : 通信容量制限を気にせず安定して接続できます

 

さて次に、インターネット無料のお部屋ではなかった場合。ネットを家でよく使う、通信容量の制限や、速度低下を気にせず使い放題が良い、と言う場合には、おすすめは固定回線です。開通工事など少し時間がかかりますので、早めの準備が大事です。管理会社さんに、集合住宅タイプの工事が既に完了している回線業者を確認しましょう。


主な回線業者:

・光ファイバー回線 : フレッツ光、 auひかり、 NUROひかり など
・CATV(ケーブルテレビ)回線 : J:COM など

※ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、BIGLOBE光、So-net光などは、「光コラボ」と言って全てフレッツ光の回線を利用しています。

 

 

回線業者に開通工事を依頼します

 

回線業者がわかったら、お部屋までの回線の開通工事を依頼する必要があります。工事には予約が必要なので、引越しがわかった時点で早めに回線業者に電話しましょう。初めての方は新規契約をしましょう。

 

ドコモ光やソフトバンク光などは、ドコモやソフトバンクの携帯プランとセットだとお得な料金体系になっていることが多いので、検討してみてください。フレッツ光の回線があるマンションでしたら、「光コラボ」の業者のどこでも対応してくれます。引越し前と同じ回線業者を使う場合は、そのまま契約プランを引き継ぐ事ができます。

 

もし違う業者に乗り換える場合には、今まで契約していたところの契約を解除するのを忘れずに!多くの場合、自動更新になっています。途中解約で違約金が発生することもあるので注意しましょう。

 

プロバイダと契約します(多くの場合は回線とセット)

 

初心者にとって非常に曲者なのが、このプロバイダです。仕組みを理解しようとすると余計混乱してしまいそうですが、とにかく回線の契約と同時にプロバイダ契約が必要です。こちらも同様に、初めての方は新規契約をしましょう。多くの業者で、回線とプロバイダがセットになったプランを提供しています。回線とプロバイダ、両方一気に手続きが終わるので楽チンです。

 

ここで問題なのは、既に契約しているプロバイダがある場合。変更の手続きをとるか、解約する必要があるのですが、多くのプロバイダは最初の2年が無料だったりで、プロバイダを契約したこと自体すっかり忘れていたりしませんか?しかし、今ネットが使えているということはたしかに契約したということなのです。思い出しましょう。


前回引越時の書類や記憶やクレジットカードの引き落とし履歴などから、とにかくどこの会社と契約したかだけ思い出しましょう。必要なユーザーIDとパスワードをなくしてしまったときも、電話サポートなどで再発行してもらうこともできます。ちなみに、普通に覚えていた方も、住所変更、プラン変更等の手続きが必要なので、電話で確認しましょう。

 

 

モデムにLANケーブルを接続して、初期設定します

 

モジュラージャックにモデムが繋がった状態で、開通工事完了です。このモデムに、LANケーブルを接続します。方法1同様、無線LANルーターを接続すれば、無線接続も可能になります(モデムと無線LANルーターは形が似ているだけで全く違うものなので、別途準備が必要です)。

 

フレッツの場合

 

ここまで準備できたら、難関の初期設定が必要になります。


初期設定のやり方は回線業者によって異なるので、マニュアルを見ながら慎重に。オプション料金はかかりますが、開通工事の人にそのままセットアップまでお願いできる場合もあります。

 

絶対に必要なのは、2つです。

 

・「回線業者(フレッツ光など)」から届いたお客様IDとパスワード
・「プロバイダ」から届いたインターネット接続IDとパスワード

 

この2つは全く違うものだということを理解していると、作業がスムーズです。どうしてもにっちもさっちもいかなくなったときには、マニュアルは無視して下記の記事を参考に手動で設定してみてください。

 

ねこでも出来る!?フレッツ光の初期設定から無線LAN設定まで解説

 

 

方法3:モバイル回線を契約する場合

 

モバイル回線のメリット : 工事や初期設定不要、家でも外でも使えます

さて、家でインターネットにつなぐ方法の3つ目は、WiMAXやPocket WiFiなどのモバイル回線を使う方法です。機器が届けばすぐに繋げること、持ち運んで家以外の場所でも利用できることなどメリットは大きいので、自宅でそんなにネットを多く使わないという場合には便利です。

 

モバイル回線のデメリット : 提供エリアと通信容量の制限があるので注意が必要です

モバイル回線は、携帯電話同様、基地局からの電波を受信してネット接続をするので、提供エリアに制限があります。また、WiMaxの場合で3日間で10GBなどの通信容量制限があることが多いです。容量制限のないプランはやや割高かも。WiMAXなどでは「お試し期間」を設けているところもあるので、それらを利用して自宅や、電車内などよく使う場所で問題なくつなげられるか、通信容量は十分足りそうか。確認してみるとよいかもしれません。

 

 

必要なものは、SIMカードとモバイルルーターです

モバイル回線を契約すると、携帯電話同様、SIMカードがやってきます。これをセットするためのモバイルルーターも、実質無料でレンタル、もしくはプレゼントされる場合が多いです。モバイルルーターも性能によって(若干)通信速度などが変わるので、好きなものを用意してもよいでしょう。

 

モバイルルーター

 

あとは、IDとパスワードを確認して、繋げるだけ。工事や初期設定が不要なので、簡単ですね。

 

 

固定回線っぽいモバイル回線、「Softbank Air」も便利です

 

Softbankが提供する、「Softbank Air」は、モバイル回線を利用したインターネット接続サービスです。ルーターを決められた住所以外で使うことができないという制約がありますが、モバイル回線同様、工事や初期設定が不要で、また通信容量の制限がないので、もっぱら家でインターネットを使うけど、固定回線がない、または固定回線の設定が面倒、という方は、試してみてもいいかもしれません。ソフトバンクユーザー以外でも使えて、コンセントにさすだけですぐにネットに繋がります。

 

Softbank Air

 

 

ところで……家にインターネットって必要かしら? という方は

 

今はスマホがあるので、家に固定回線を持つ方はもしかすると少なくなっているかもしれません。料金を気にせず使い放題できる環境があると、映画を見たり、Youtubeを流しっぱなしにしておいたり、家でのエンターテイメントが充実してきます。また、ふたり暮らしやファミリーでお住いの場合は、みんなで共有で使えるので通信料が安上がりになることも。まずは、引っ越す際には引越先のインターネット環境の確認、これを覚えておいてください。

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!