検索

自慢の可愛い一着を見て!ショップスタッフおすすめの「ゆったりワンピ」はこれだ!

暑い夏こそ着たくなるのが、ゆったりとした薄手のワンピース。風通しが良く、楽なのに一枚でキマるのが嬉しいポイントですよね。そこで今日は、ショップスタッフが今季おすすめする「ゆったりワンピース」をご紹介します!

楽なのに一枚でキマる、プロがおすすめする「ゆったりワンピ」を紹介します。暑い夏こそお洒落に乗り切って。

 

引き続きアツい、エスニック調

 

 

 

NUMBER 代官山 / NOMBRE IMPAIR - 更紗パネルプリント マキシ丈ワンピース ¥15,120(税込)

 

昨年の刺繍ブームに引き続き、エスニックプリントは押さえておきたいトレンドの一つ。インドのさらっとした生地を使用しているので、真夏の着心地は抜群。ゆったりと広がったシルエットですが、切り替え風に入ったラインのデザインがすっきりと見せてくれるので、大人っぽく使えます。一枚で映える印象的なプリントなので、サンダルと合わせてシンプルに着こなすのがおすすめ!

 

シーンを選ばない、万能カシュクールワンピ

 

 

FRAMeWORK 京都藤井大丸店 / FRAMeWORK - LAWNワンピース ¥23,760(税込)


コットン素材のカシュクールワンピはきれいめにもカジュアルにもまとまるので、一着持っておくとかなり重宝するアイテム。女性らしいネックラインは、清涼感とともに大人っぽさを醸し出してくれます。一枚で着るのはもちろん、今年らしく着るならデニムやレギンスとのレイヤードが断然おすすめ。ワンピース自体が女性らしい印象なので、カジュアルアイテムを合わせると、力の抜けたリラックススタイルに。

 

夏のリネンは外せない

 

 

nest Robe 自由が丘店 / nest Robe - リネンスキッパードレス ¥22,680(税込)


薄くて軽い着心地のリネン素材は、夏の定番ですね。高めのウエスト切替位置とタック入りのスカートデザインなので、メリハリがついてスタイルアップ効果も。開きすぎないスキッパーの襟元が、顔回りをすっきりと見せてくれ、八分袖でも暑苦しくなりません。袖元をロールアップしたり、襟元のリボンを結んだりして、アレンジを楽しんでみて。

 

モノトーン刺繍でモードな印象に

 

 

URBAN RESEARCH Store 心斎橋店 / URBAN RESEARCH - 配色刺繍2WAYガウンワンピース ¥11,880(税込)


ワンピとして一枚でも、ガウンとしても使えるのもありがたいですね。また、オリエンタルな印象の刺繍デザインでも、モノトーンカラーならモードにもまとめやすい。前を開けてガウンとして着るなら、インナーとボトムスをオールブラックにしてモードに仕上げると新鮮です。ケアのしやすい綿100%素材なので、旅行に持っていったり、室内の冷房対策にと、使い勝手も◎

 

いつの時代も、シャツワンピ

 

 

木宮商店 / OMNIGOD - Linen wide work Dress ¥24,840(税込)


いつの時代も廃れないシャツワンピは、ひとくせデザインで今年らしさをプラス。ドロップショルダーで身幅もゆったり、ウエスト部分にプリーツを入れることで丸みのあるシルエットに。しっかり襟を抜いて着れば、今年らしいシルエットの完成。羽織として前を開けて、ワイドパンツと合わせても素敵!

 

今年は、楽しておしゃれに。
ぴたっとしたものよりも、素材が柔らかく締め付けの少ない、ゆるっと力の抜けた印象に仕上げてくれるワンピが今期のおすすめ。ぜひ、今年はワンピに頼ってみてください。

 

text : FACY LADY 編集部

【関連記事】

※使い勝手もデザイン性も捨てられないなら「パール付きキャンバスバッグ」をオススメします!

バルーンスリーブトップスは、甘さ控えめの「黒」で秋まで楽しむ

【一万円以下】毎日持ち歩きたい「大容量の白トートバッグ」を集めました

 


 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!