検索

八丈島が詰まった海風感じるお煎餅!創業97年のあられせんべい専門店のニューテイスト「浅沼煎餅」

お煎餅屋のルーツを旅して出会った、八丈島の素材たっぷりの新しいお煎餅を三軒茶屋で発見!


ほどよい食べ応えと、塩っけ。ビールやお茶に、残業のお供に、ついつい手が伸びてしまうのがお煎餅。身近に煎餅ラバーは意外と多いのでは?
 
今回、三軒茶屋で見つけたあられせんべい専門店の大黒屋から発売された新しいお煎餅をゲット。創業して97年というお店は代替わりしたばかりとのこと。まだ36歳という若さながら、煎餅業界を盛り上げていきたいと意気込む5代目の浅沼さん。
 
かつての大黒屋の煎餅を作る風景。

 

新しい時代へ変わる節目に、創業期への思いを馳せたというのが、「浅沼煎餅」開発のきっかけになったのだとか。
 
初代が生まれ育ち、修行したという八丈島。言わずもがな、八丈島は東京都。なんと羽田空港から飛行機で約50分で着いてしまうほど、思いのほか身近な“東京都内の南国の島”なのです。
 
八丈島はひょうたん型の島。山手線で約1周ほどの面積。放牧されているジャージー牛も伸びやかに育っている。

先代のルーツである八丈島を旅する中で、出会った多くの温かいひとと海風をたっぷり浴びた自然豊かな素材。
素朴な昔ながらのあられせんべいに、八丈島の素材を組み合わせたお煎餅に挑戦したのが、この「浅沼煎餅」。
 

素材には、島で豊富に穫れる明日葉の「明日葉の胡麻和え」。島でも希少価値の高い岩のりを使った「岩海苔白しょうゆ」。もともとはクワガタの土壌づくりから始まったという椎茸の「海風しいたけ」。そして、島とうがらしの「島とうしょうゆ」の4つの味。
 
 
海風椎茸を作っている大竜ファームの大沢さん。ミネラルたっぷりの海風に吹かれた美味しい椎茸を作っている。

新しい斬新な味わいにチェレンジをスタートしてから約1年。試行錯誤を重ねてようやく完成したのだとか。それぞれ、やみつきになる味わいで、目を瞑ると八丈島の空気を近くに感じるかのよう。
 
この夏は、八丈島に心をトリップしながら、お煎餅を味わってみてはいかが。
 
ちょっとした手土産にも喜ばれるデザインのパッケージ
 
浅沼煎餅
 
浅沼煎餅 Instagram
 
あられせんべい専門店 大黒屋
Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!