検索

デンマークの超人気レストラン「noma(ノーマ)」で使用された『Wurtz Formno』の美しいどんぶり。

デンマークの郊外にある人気のポーセリンスタジオ『Wurtz Form』にどんぶりが新登場。この機会にぜひチェックして!

 

さまざまな独創的な料理とその美しさで話題沸騰のレストラン、デンマークの「noma(ノーマ)」。

日本でも数年前に限定オープンしたので、ファンも多い人気のレストランの一つですね。

その「noma」で使われている独特の風合いの食器を作っている親子がいます。

 

 

デンマークの郊外にあるAageとKasper Wurtzという親子の陶磁器作家が営むポーセリンスタジオが『Wurtz Form』です。

昔ながらのクラフトワークで作られ、伝統的な風合いでありながら、非常にモダンなデザインが人気の秘密であり、二つと同じ物がうまれないクラフト的な作品も人気の理由です。

この『Wurtz Form』か らなにやら「どんぶり」が生まれたというのです!

 

 

確かに形を見るとどんぶり!?

残念ながら専用の蓋はないですが、大きさ、形状はどんぶりそのもの。

デンマークには日本の文化が根付いていたのか?と思うほどですが、現地ではボウルとして使われているようです。

 

実際日本で使うとしたら、お料理では煮物やサラダはもちろん合いますし、スープボウルとしても良さそう。そしてもちろんどんぶりとしても使えそうです。また、水を入れてフラワーベースにしてもいいですね。

 

 

石を削り取って作られたストーンウェアの様な風合いは、落ち着いた色合いなので他のキッチンウェアとの相性もよく、これだけでも絵になる雰囲気を感じます。

ヨーロッパでも人気の器、ちょっと面白いサイズを見つけました。

 

 

 

BOWL

ARIGATO GIVING

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!