検索

ロンドン発の人気雑貨店『LABOUR AND WAIT』の上質な道具で日常を彩る!

もの選びと、暮らしの天才 LABOUR AND WAIT オーナー、サイモンさん、レイチェルさんに聞く、上質な日用品がある毎日。

 

2017年2月に、ロンドンの人気雑貨店「LABOUR AND WAIT」がロンドン以外の初路面店が東京にオープンしました。元デザイナーのサイモンさんとレイチェルさんにお話を伺いました。

 

LABOUR AND WAITの共同オーナーであるサイモン・ワトキンズとレイチェル・ワイス・モーラン。洋服のデザイナーだった2人が、2000年にロンドンにLABOUR AND WAITをオープン。

 

 

ーお店に置いているアイテムはどのように選んでいるのですか?

 

サイモン「展示会のようなところでは選びません。ロンドンやイギリスのほかの街や、旅が好きなので旅先で見つけることも多いです。その土地で愛されて、根付いているようなものを」

レイチェル「旅先で小さな金物屋た雑貨店を訪れて、見たことのないようなものに出合い、そこからメーカーを探して・・・。とても時間のかかる行程です。」

 

 

 

ーロンドンのショップで人気のアイテムは何ですか?

 

サイモン「トイレのブラシとバケツのセットです。トイレ用品はなかなかいいものがなくて、みんな探していたみたいです」

 

本店でも人気のセット トイレブラシ ¥1,600、トイレバケツ ¥2,200 / ともにレイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ

 

レイチェル「オリジナルのエプロンも。スタッフが着るユニフォームだったのですが、お客さんからの要望で商品化しました。今では、英国のレストランやカフェ、美容品など色々なところで使っていただいております」

 

たくさん使い込んで汚れていくのもかっこいい。ワークエプロン ¥8,800 / レイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ

 

ーお2人が1日の中で好きな時間を教えてください。

 

レイチェル「散歩が好きで、温かい紅茶をBROWN BETTYのポットで淹れて、STANLEYの緑の水筒に入れてBUCKET BAGで出かける時間のです。バッグはPCを入れて、出勤にも使っています。」

 

紅茶は、濃いめに淹れるのが英国流。 ティーポット(4CUP) ¥2,800 / BROWN BETTY(レイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ)
オーナーのレイチェルさんも紅茶を入れる。 水筒(1L) ¥6,000 / STANLEY(レイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ)
バケツとしても使える、便利でかわいいバッグ。 バケツバッグ ¥5,000 / レイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ)

 

サイモン「黒いCornishwareのマグでお茶を飲む時間です。アールグレイが好きですが、高価なものではなく、スーパーに置いてあるTWININGSのようなものを濃いめに入れて、冷たいミルクを注ぎます。」

 

サイモンさんが紅茶を飲むマグカップ。 ¥2,000 / Cornishware(レイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ)

 

 

ー自分にぴったりの日用雑貨を選ぶ秘訣は?

 

サイモン「たくさんのものを見て、触れてみることが大切です。みんなが使っているから、ではなく、自分の感性で確かめて欲しいです。最近はネット販売も多いけど、実際の店舗に来てもらって、感覚を手で感じてもらうのが重要だと思っています。

 

 

ー暮らしを充実させるために必要なことは何だと思いますか?

 

サイモン「皿洗いなど、日常のつまらない作業も、自分がさまざまなものを見た中から気に入って選んだ道具を使うと、楽しい作業に切替ります。」

 

レイチェル「例えば、皿洗いの後に水を拭き取る時も、リネンの上質なタオルだととても満足。そんな小さなことの積み重ねで、日常に幸せを感じることができるのではないでしょうか。」

 

 

 

 

 

 

LABOUR AND WAIT TOKYO

東京都渋谷区神宮前1-1-12 1F

tel: 03-6804-6448

open: 12:00〜20:00 不定休

 

 

 

onkul vol.7 より

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!