検索

夏にぴったりのアジアごはん!パクチーをもりもり食べるレシピ「パクチー&エビのサラダ」。

皆さん、パクチーはお好きですか?独特な香りや味のため苦手な方も多いようです。ところが、実は今「パクチー専門店」ができるほど大ブーム!そこで、今回はパクチーの魅力や簡単レシピをご紹介いたします。

そもそもパクチーってどんな野菜?

 

パクチーは香菜(シャンツァイ)、コリアンダーとも呼ばれます。

タイやベトナムなどのエスニック料理には欠かせないハーブです。

 

そのままサラダにして食べるほか、炒め物、スープ、ソースなど様々な料理に活用できます。また、種は爽やかな香りでスパイスとして使えます。

 

続いて、パクチーの女性にうれしい2つの効果を説明していきましょう。

 

 

 

パクチーのうれしい効果

 

デトックス効果

パクチーには、体に有害な重金属をデトックスさせる「キレート作用」があるといわれています。また、有害物質を排出することで良い栄養を吸収しやすくなり、健康や美容にもつながります。

 

美肌効果

パクチーには、コラーゲンの生成を促すビタミンCや肌を丈夫にするβ-カロテンが豊富に含まれています。

これらの栄養素は抗酸化作用も高く、肌や粘膜を健康に保つのに役立ちます。また、肉や魚など、体作りの元となるたんぱく質を多く含む食材と組み合わせると美肌効果もアップします。

 

 

 

パクチーを食べるときの注意点

 

食べ過ぎると体質によっては下痢や腹痛を起こす場合もあるので注意しましょう。

また、セロリやパセリなどのセリ科の植物でアレルギー反応が出る方は、パクチーでもアレルギー反応が出ることがあるので気をつけましょうね。

パクチーの効果、注意点が分かったところで、最後にパクチーレシピをご紹介!

簡単レシピで綺麗になりましょう!

 

 

 

パクチーをもりもり食べるレシピ

 

レシピ:パクチーとエビのサラダ

 

【材料】2人分

・パクチー…40g
・エビ(茹でたもの)…10尾
・紫玉ねぎ…1/4個
・赤パプリカ…1/4個
・アーモンドスライス…少々

 

【ドレッシング】

・にんにくすり卸し…少々
・ゴマ油…大さじ1
・スイートチリソース…大さじ1
・ナンプラー…大さじ1
・レモン汁…大さじ1

 

【作り方】

1.パクチーはざく切り、紫玉ねぎと赤パプリカは薄切りにする。

2.ボウルに「1」とエビを入れ混ぜ合わせたら、よく混ぜ合わせたドレッシングで和えに盛り、器アーモンドを散らす。

★材料を切って混ぜるだけの簡単レシピです。

 

 

レシピ:簡単! パクチーチャーハン

 

【材料】2人分

・ご飯…2人分
・卵…1個
・パクチー…50g
・豚ひき肉…100g
・玉ねぎ…1/2個
・にんじん…1/4本
・にんにく…1片
・ナンプラー…大さじ1
・砂糖…小さじ1/2
・塩、コショウ…各少々
・油…適量
・レモン…適量(飾り用)

 

【作り方】

1.冷やご飯に溶き卵を混ぜておく。

2.パクチーは2cmほどのざく切りにする。玉ねぎ、にんじん、にんにくは粗みじん切りにする。

3.フライパンに油を熱し、玉ねぎ、にんじん、にんにくを入れて、しんなりしたら豚ひき肉を入れて塩、コショウをして炒める。

4.「3」に「1」を入れて炒めたあと、ナンプラーと砂糖と飾り用に少し残した分以外のパクチーを入れてサッと炒めたら、器に盛り、パクチーとレモンを飾る。

★いつものチャーハンにパクチーを入れてエスニック風に。お好みでレモンを絞って食べてくださいね。

 

 

 

wellfyより

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!