検索

お腹をへこませるには、「人間メトロノームエクササイズ」がおすすめ!

みなさん夏に向けてそろそろダイエットを始めている頃でしょうか?暖かくなり外でのダイエットもいいですが、今回はおうちでもしっかりできるエクササイズを紹介していきます。

 

「人間メトロノーム」とは?



 

「それほど太ってないけど、お腹だけぽっちゃり…」という人、多いのではないでしょうか。ダイエットが比較的順調に進んでいる人でもお腹だけはなかなか凹まないものです。 

 

そんな悩みを解消してくれるエクササイズが「人間メトロノーム」なんです!

「人間メトロノーム」とは、自分の両脚をメトロノームのように左右に振るエクササイズです。

両脚を動かすエクササイズだから、脚に効くのかというと、そうではありません。両脚の根元、いわばメトロノームの軸となる、"お腹"に効くエクササイズなんです。
 
 
 

人間メトロノームエクサのメリット。

 

人間メトロノームでは、話題の「体幹」の中でも特に大切な、お腹周りの筋肉たち:腹直筋 (ふくちょくきん)・腹斜筋 (ふくしゃきん)群・腹横筋 (ふくおうきん)を総合的に鍛えることができます。 

体幹は、姿勢を維持するためにとても重要なはたらきをしますので、これらを鍛えることによって次のような効果が期待できます。

 

●ぽっこりお腹の解消

●代謝アップ

●美しい姿勢が身につく

●肩こりや腰痛の予防・改善

 

 

 

アウター&インナーマッスルを意識しよう!


皆さんは、「アウター」マッスルと「インナー」マッスルという言葉を聞いたことがありますか?

洋服では「アウター」「インナー」はよく聞くと思いますが、筋肉でも同じです。

外側に着る羽織もののような筋肉が「アウター」、下着のように内側にあるのが「インナー」。 

いわゆる「腹筋」など、一般的な筋トレでは主にアウターのほうに重点が置かれがちなのですが、実はアウターだけではダメ×。アウターとインナーを両方ともバランスよく鍛えることが、上のような効果を得るためには大切なんです。 

お腹の筋肉では、

●腹直筋と腹斜筋群→アウターマッスル

●腹横筋→インナーマッスル

 

に当たります。「人間メトロノーム」はそのどちらも鍛えることができるので、お腹やせ効果は抜群!


では早速、実際のエクササイズを順に紹介していきます!

 

 

 

人間メトロノーム~準備編~

 

人間メトロノームはとても効果の高いエクササイズですが、その分、体への負担が大きくなってしまう場合もあります。正しいやり方で行わないとケガなどにつながりかねません。そうならないように、しっかりと"準備"エクササイズを行っていきましょう。 

まずは、腰・背骨を守ってくれるインナーマッスルを活性化していきます。人間メトロノームを行う際には、常にインナーを働かせておくことが最重要ポイントなので、十分にマスターしてください。

 

ドローイン

1.あお向けに寝て、両ひざを立てます。

2.楽にして大きめの呼吸を15秒ほど続けます。

3.大きく息を吸ってお腹をふくらませた後、ゆっくりと息を吐いていき、お腹をぺたんこにします。

 

 

4.おへそが背骨につくくらいまでお腹の空気を出し切ったら、息を吸います。

5. 「3」~「4」を5回ほど繰り返したら、今度はお腹をペタンコにしたまま胸で呼吸をします。

6. 「5」の呼吸を30秒~1分ほど続け、お腹ペタンコ状態をキープする感覚をつかんだら終了です。

 

 

両ひざパタパタストレッチ

 

1.あお向けに寝て、両ひざを立てます。

2.両ひざをそろえたまま、左右へ交互にパタパタと倒します。

 

 

3.30秒ほど続けたら終了です。

 

 

さあ、いよいよ本番です。

繰り返しになりますが、これらのエクササイズを行う間は、常にお腹ペタンコ状態を維持して、インナーを働かせるようにします。
もし途中でペタンコを維持できなくなった場合や肩が浮いてしまうようになった場合は、そこでいったん終了してください。

 

 

人間メトロノーム

 

1.あお向けに寝て、両ひざを立て、お腹ペタンコ状態を作ります。

2.両ひざをそろえたまま、足を浮かせて股関節とひざを90度に曲げます。

3.息を吐きながら、そろえた両脚を左側に30~45度ほど倒します。

4.息を吸いながら、両脚を中央に戻し、今度は同じように右側へ倒して戻します。

5.「3」~「4」を一定のテンポで20回(左右10回ずつ)繰り返します。


★ひざを伸ばす角度によって負荷が大きく変わりますので、無理のない範囲で行うようにしてください!

★「3」をできる人は、ひざを伸ばして行ってみましょう。
天井に向かって垂直に足を延ばして行います。慣れてきたら、足を斜めに下げて行うとキツくなります。

 

 

さあ、人間メトロノームで軽快なリズムを刻みながら、理想のくびれ・ペタ腹を手に入れちゃいましょう!

 

 

 

wellfyより

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!