検索

丁寧な暮らしをはじめるために、今日から始められるアイデア5つ

毎日をシンプルに、丁寧に暮らすためのヒントをあなたにお教えします。

「丁寧な暮らし」ってどういうこと?

 

日々の生活は、毎日変わらないルーティンが多いもの。

主婦の方であれば、朝起きて窓を開け、トイレへ行って、顔を洗い、台所で朝食の準備をして、子どもを起こして…という繰り返し。通常の変わらない行動すべてに、細かく意識を持って動いている人なんていないかも…。

でも、本当にそうでしょうか?
いえいえ、そんなことはないみたい。


「丁寧な暮らし」とは、そんなちょっとした日々の出来事を意識して、一日一日を大切に生活することを言います。

ここでは、丁寧な暮らしを始めてみたいという方にアイデアを5つご紹介。

 

 

 

アイデア1:季節感のある生活

 

地方によって違いもあると思いますが、


・お正月には鏡もちを供え、しめ縄を玄関にかける
・ひな祭りにはお雛さまを、こどもの日には兜や鯉のぼりを飾る
・土用の丑の日にはウナギ、中秋の名月には月見団子、冬至にはカボチャをいただく
…などなど。

クリスマスやバレンタインデーなど、西洋文化に押され気味な現代の私たち。
古くから日本人に親しまれてきた伝統行事には、それぞれ理由があります。それらを一つひとつ理解し、次世代へと受け継いでいくって大切なことです。

 

 

 

アイデア2:季節感のある食事

 

さて、ここで問題です!


伊勢えび、あさり、はまぐり、たけのこ、アスパラガスの旬はいつ?
あおりいか、あわび、サザエ、オクラ、ししとうは?
さんま、さけ、しいたけ、さつまいもは?
はまぐり、ぶり、ブロッコリー、ニンジンは?

答えはそれぞれ、【春・夏・秋・冬】です。

なかなか難しいと感じた人も多いのではないでしょうか。
輸入品やハウス栽培で一年中出回っている魚や野菜が多くなり、食事から四季が感じられなくなりました。

旬のものは、色も鮮やかでおいしく、栄養価も高いので、これは非常に勿体ないこと。

四季折々の食材にこだわって作ったものを、その季節のお花を飾ったテーブルで食べ、自然に感謝することも大切。

 

 

 

アイデア3:モノを大切にする

 

・包丁を研ぐ
・メイクブラシを清潔にしておく
・靴を磨く
などなど。

「もったいない」と思いつつ、ついついそのお手入れが面倒だからと古いモノは捨て、新しいモノを購入してしまう。そんな人も少なくないのではないでしょうか。


モノは、使う人の使い方次第、気持ち次第で、その寿命が長くなったり短くなったりするもの。

切れなくなった包丁は砥石で研ぐ、メイクブラシは洗顔料や専用の洗剤で、靴は脱いだらササッと汚れを落とせば、次に使うときは気持ちよく、長く使えます。さらに愛情が湧いて、もっと使いたくなるはず。

 

 

 

アイデア4:モノを買いすぎない

 

あなたの家はモノであふれていませんか?
クローゼットやタンスの中は? バッグの中はどうでしょう?

特別必要もないのに、なんとなく買ってしまったものってありますよね。

「いつか使うかも」「便利そうだから」などなど。

買うときは必要なものだけを。逆に、家にあっても、使わないなら思い切って捨ててしまいましょう。

「これ、いつ買ったんだろう?」と思ったら、それは不要なモノ。

使うモノ、お気に入りのモノだけに囲まれて、大切にして生活をすることも、丁寧な暮らし。

 

 

 

 

アイデア5:“手作り”の良さを実感する

 

・おやつを手作りしてみる
・プランター菜園をやってみる
・子どものおけいこバッグを作ってみる
などなど。

何でも簡単に手に入る、便利なこの時代。
お店は営業時間も長くなり、ネットで注文すれば翌日には届いてしまいます。
普段の食事も、買ってきたり、食べに行ったりすることで済ませてしまう人も多いでしょう。

この忙しい「時間がない!」時代には、お金をかけずに、逆に“手間暇をかけるのがぜいたく”と言えそうですね。
食べてくれる人を思いながら、プレゼントしたときの笑顔を考えながら、心を込めて作るって素敵なことです。

 

 

 

 

“丁寧に”過ごすと、嬉しい変化。

 

忙しくせかせか過ごしていた毎日が嘘のよう。

心に余裕が生まれ、自分や家族、友達、自然や時間、人生をも大切にしようと思えるようになるというわけです。


こうして見てみると、昭和初期のおばあちゃんやお母さんの生活は「丁寧な暮らし」だったのかも、と思えてきませんか。
日本も世界も大きく変わりましたが、人にとって大切なことは基本的には何も変わっていないのかもしれませんね。


平成の時代のあなたも「丁寧な暮らし」試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!