検索

モノコト女子なら見逃せない!『ハンドメイドの祭典』と『湘南 蚤の市』

いよいよ7月。梅雨明けの夏本番です。照りつける太陽と暑さに負けない、モノコト女子ときめき必至の「ホンモノ」が集まるイベント情報をご紹介します!

クリエイターとの出会いも魅力。ハンドメイド好きは絶対参加。

年に1度のクリエイターの祭典!『HandMada In Japan Fes 2018』

ハンドメイドインジャパンフェス2018

 

7月7日と8日に東京ビックサイトで開催される「HandMada In Japan Fes 2018」。

ハンドメイドマーケットプレイスの「Creema」が主催する年に1度の手作り市の大型イベント。

クリエイターの祭典として、作家が作りたいものを作り、

自ら値付けをして売ることができる、まさにクリエイターのためのイベント。

出展するクリエイターの数は、なんと2日間で2700ブース。

日本中のものづくりをしている作家作品、500万点以上が集まります。


本当にいいものを埋もれさせない世の中を目指す「Creema」

HandMada In Japan Fes 2018を主催する「Creema」が運営するのは、

アート・雑貨・ファッションなど、オリジナルのハンドメイド作品を売りたいクリエイターと、

そのクリエイターが作る世界でたったひとつの作品を買いたい購入者が、

自由に売買することができるコミュニティ型のソーシャルマーケット。

作品を媒介に作家と購入者が直接つながることができる、

ものづくりを通した出会いも提供するプラットフォームです。


『大切なものが見つかる日にしたい。』

Creemaがハンドメイドにかける想い。

必要なものが何でもお金で手に入る昨今。

誰かが決めた「よいもの」を疑いもなく消費していく世の中の価値観を、

少しずつ見直す人が増えてきた今だからこそ、

日本のものづくりを支えた“MADE IN JAPAN”の精神をもう一度呼び覚まし、

来場者にはクリエイターの感性を直に感じてもらうことで、

発見・驚き・気づきを体感する日になってほしいと、主催するCreemaは綴ります。


作り手と使い手が出会う、七夕の奇跡

今回が第6回目となるイベント開催のテーマは、七夕とかけた『織姫と彦星』。

作り手と使い手が1年に1度出会う日となる7月最初の週末。

当日は真鍮製ブックマーカーやオリジナルハーバリウムなど

バリエーション豊富なワークショップも行われます。

事前予約が必要なイベントもあるので、参加を決めたら早めに申し込みを。

 

この世にひとつしかないハンドメイド作品との奇跡的な出会いを求めて、

七夕の日はビックサイトへ出かけてみませんか。

 

――――-――――-――――-――――-

HandMada In Japan Fes 2018

会期:2018年7月7日(土)、8日(日)11:00~19:00

会場:東京ビッグサイト東7・8ホール( https://hmj-fes.jp/access

(住所:東京都江東区有明3-11-1 / TEL:03-5530-1111)

出店者一覧:https://hmj-fes.jp/ichiran2018

チケット:https://hmj-fes.jp/tickets

前売り券(1日券)1,200円(両日券)2,000円

当日券(1日券)1,500円(両日券)2,500円

※詳細はURLでご確認ください。

公式HP:https://hmj-fes.jp/

(主催)Creema: https://www.creema.jp/

********************************************************


南フランス・プロヴァンス地方に思いを馳せて…

アンティークもビンテージも。「大好き」はここにある。

まるで本場の蚤の市、『湘南 蚤の市』


毎月第3月曜日・火曜日に開催される「湘南 蚤の市」。

本場フランス・プロヴァンスの蚤の市を再現した湘南T-SITEの特設会場には、

フランスを中心としたヨーロッパ各国のアンティーク・ブロカント・ビンテージなどを

集めた古道具店が全国から集まります。

 

南仏・地中海の陽気で優雅な蚤の市を再現

プロヴァンス地方といえばフランスでも絶景が多いヨーロッパ屈指のリゾート地。

地中海の温暖な気候も相まって、現地に住む人は陽気でおおらかな雰囲気の人が多いです。

ゴッホを代表とする多くの芸術家がこの地域を気に入り滞在し作品を残しました。

最高のバカンスを求めてこの地を訪れる滞在者があとを絶たないプロヴァンス。

魅力的なマルシェや蚤の市、イベントも数多く開催されます。

買う人も売る人も決して急がず、ゆったりとした空気感の中でまるで散歩を楽しむかのように

マルシェを歩く…。そんな風景が広がっています。

 

バラエティに富んだ個性豊かな出店ブース

湘南のカルチャーを発信している「湘南T-SITE」が運営する『湘南 蚤の市』は、

元々不定期で開催されていましたが、2016年より定例化。

古道具やアンティーク品だけでなくカフェなどのフードやフラワーブースなど、

徐々に出店ブースも個性豊かに。

 

前回6月19日の出店は今季最多で、フランスやイタリアなどヨーロッパの古道具、雑貨、

家具、アクセサリーやジュエリー、ビンテージ文房具やおもちゃといったアンティーク好きには

たまらないモノたちや、自家製マカロンやワインといった選りすぐりのフードブースも出店。

次回は7月16日(月・祝)、17日(火)に開催を予定。

出店者情報は随時更新されるので、湘南T-SITEの公式HPをチェック。

 

日本のプロヴァンス・湘南の風に吹かれながら、自由気ままなスタイルで楽しむ蚤の市。

7月16日は祝日なので、この機会にぜひ足を運んでみては?


――――-――――-――――-――――-

湘南 蚤の市

7月の開催日程:7月16日(月・祝)、17日(火)10:00~16:00

会場:〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目20番-1 湘南T-SITE 1・2号館 プロムナード

(会場アクセス http://real.tsite.jp/shonan/access/

Facebook: https://www.facebook.com/SHONAN.NOMINOICHI/

公式HP: http://real.tsite.jp/shonan/event/2018/06/32nd-nominoichi.html

問い合わせ:湘南T-SITE(代表)

TEL 0466-31-1515(※電話受付時間 10:00~19:00)

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!