検索

ものづくりの街『松本クラフトフェア』で出会ったナチュラルシックな大人スタイルスナップ⑦

行って来ました! 初夏を思わせる暑さの中、 5/26、27に噂の松本クラフトフェアでこだわりのものづくりとお洒落な人たちを拝見!

 

2日間で4万人以上もの来場者数を誇る松本クラフトフェア。

今年、2018年の5月26、27日のよく晴れた五月晴れの土日、管理人の私は来場者で賑わう「松本クラフトフェア」会場の「あがた森公園」に行ってどんな人たちが来場されているのか、ちょっと覗きに行ってみました!

 

かなり暑かったですが、真夏ほどむしむしする訳でもなく、カラッとしていて過ごしやすい天候に恵まれ、初日の土曜日は会場入り口も午前中から多くの人でごった返していました。熱気ムンムンです。

 

5/26(土)当日、ペルルでは、フェアに来られた素敵なコーディネートの方々をシューティングしてみました。

みなさん快くokしてくださり、撮らせていただきました!

リラックス感のあるナチュラルなコーディネートが特徴的だったみなさんの着こなしは、この夏、参考になるスタイルです!

 

 

style sample①

初夏にふさわしい鮮やかなブロックチェックの

ワンピースが印象的!


 

大田みきさん

ワンピース/haco! (ハコ)

麦わら帽子/雑貨屋で購入

トートバッグ/toleur(トーラ)

 

今から真夏まで活躍できそうな主役級ワンピースに、キャンバス地とレザーが施された実用的かつデザイン性のあるトートバッグが相性抜群です。歩きやすいスニーカーを履いて、隅々までフェアをチェックしに!

 

 

style sample②

大人のドット柄ブラウスとハイウエストの

ゆるい太めパンツでリラックスカジュアル


 

渡辺麻衣さん

ブラウス/お母さんからのお下がり

デニムパンツ/チャオパニック

ロングカーディガン

ハット/WEGO

 

今日は「普段使うためのマグカップを購入した」という渡辺さん。

リゾートライクな麦わらのハットでとロングカーディガンでUVケアをしつつフレンチシックなブラウスとワイドなデニムパンツがバカンス気分なスタイルです。

 

style sample③

渋めのカラーで着こなす

ほっこりし過ぎないカメラ女子

 



 

池田えいこさん

Tシャツ/どこかのセレクトSHOPで購入

パンツ/花咲

バッグ・財布/ミナ ペルホネン

ハット/田中帽子店

シューズ/ビルケンシュトック

 

オリンパスのカメラをぶら下げ、カラフルでチャーミングなミナのバッグをさらりと持ち、大人のナチュラルシックなスタイルな池田さん。

太めのパンツは茨城のものづくり作家さんのものだそう。

カメラにはここで出会った素敵な作家さんたちのこだわりアイテムでしょうか。

 

 

 

style sample④

デニムで合わせた

レディな休日のリラックススタイル


 

山内ゆかさん(左)

サロペット/アメリカンホリック

トップス/ワールド

 

 

石川まみさん(右)

ガウン/ネットで購入したもの

ブラトップ/GU

デニム/cepo

サンダル/KEEN

サコッシュ/KBF

時計/ダニエルウエリントン

 

 

コスパの良いお買い物をしているお二人は、デニムで揃えたカジュアルスタイル。暑かったこの日は、ヘアスタイルもアップで揃えています。

 

 

style sample⑤

シンプルで着心地の良いものをさりげなく着こなす大人カルチャー女子



 

関美紗子さん

ベレー帽/東京のどこかで購入

ピアス/松本PARCOで購入した

カットソー/?

パンツ/5年前にどこかで購入した

 

松本在住の関さんは、数年前に購入したものを大切に着続けている。ベレー帽にミニマルなデザインが素敵なメガネがお似合いの大人のカルチャー女子的スタイル。

 

 

 

style sample⑥

スタンダードなデザインの

良質アイテムをさらりと着こなす

 



 

大森愛さん

ブラウス/母のお下がり

デニム/ニコアンド

スニーカー/BROOKS

パナマハット/雑貨屋さんで見つけたもの

 

ベーシックでいて、こだわりのあるアイテムを着用する大森さん。

何年も経った母親からのお下がりのブランスを、今さらりと着こなすのはまさにお洒落上級者。

 

 

style sample⑦

上品なワントーンスタイルが

パリジェンヌのベーシックスタイルを思わせる


 

坂本知世(左)

サロペット/KBF

トップス/アパートバイローリーズ

スニーカー/アシックス

ハット/NAMIKI

手編みのバッグ

 

樽崎友里(右)

日傘/TSUTAE

スコットランドのワンピース/神戸の古着屋「トロワ」で購入

ブレスレット/広島の作家さんのもの

 

松本に初めて来たというお二人は、兵庫県からの来場者。

手編みのバッグを作ってしまうほど、ものづくりが好きなだけあって、全国から集められたこの松本クラフトフェアを存分に楽しんでいる雰囲気が伝わりました。

 

 

作家さんのブースから、来場者の方々のシューティングまで、クラフトフェアを思う存分堪能したペルルが次に目にしたものは?


表のクラフトフェアならぬ
裏のクラフトフェアまで?

 




クラフトフェアの最中は、イベント開催場所近辺で川沿いにブースを並べたり、街全体がその松本クラフトフェアに乗っかっちゃってるんです。
素晴らしいです!
活用するものはフル活用!
そのちゃっかり具合が絶妙で、クラフトフェアで楽しんだ後に、街中の裏のクラフトフェアにお客さんが流れて、賑わっていて、1度で2度たのしい気分を味わせてくれます。

 

 


 


 

松本市内の縄手通り近辺を流れる流れる川沿いには、本当に素敵なものづくりの作家さんのお店や、飲食店が並びます。

当日は混んでいて入れなかったのですが、老舗珈琲店の『まるモ』さん。こちらも蔵造りのお店が多い松本ならではの店構えです。

素敵な老夫婦や、カップル、女性たちで賑わっていました。

 


 

珈琲店、まるモ近辺の通りの様子。

叙情的で綺麗な街並みは、歩いているだけでも癒されます。

 


 

レンタルバイクなどもあるので、ぜひご活用ください。

 

 


 

草間彌生さんのドット柄バスともすれ違います。

 

アートカルチャーとものづくりとセンスの良い雰囲気の街づくりと、『松本クラフトフェア』だけではない、魅力的な要素が詰まった松本。

日本の良いところを再発見できた!そんな時間を過ごさせてくれました。

 

今年2018年の秋、

10月13日、14日、松本の「あがたの森公園」にて『クラフトピクニック』というイベントも行われるそう。

 

興味のある方はぜひ!

きっと損はさせません!笑。

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!