検索

手紙社主催「ワクワクする出会いの市場」第13回 東京蚤の市 レポート

アンティーク、セレクト雑貨、作家作品、一点もの…東京蚤の市で見つけた名品・逸品。ワクワクする出会いを探しに行ってきました!

 

京王多摩川駅のほど近く、「東京オーヴァル京王閣」で

526日(土)と27日(日)の2日間で行われた「第13回東京蚤の市」。

小道具や雑貨などを扱う230を超える出店者がひしめく会場では、

ステージでのライブやワークショップが楽しめたり、選りすぐられたフードが味わえたりと

一日ワクワク楽しめる仕掛けが満載。

まるで旅先のにぎわう市場で、自分だけの宝物を探している気分になります。

20125月、「古き良きものを愛でる人々」によって、

ヨーロッパの蚤の市の雰囲気を再現しようとスタートした「蚤の市プロジェクト」。

「布博」や「紙博」といった人気のイベントを手がける手紙社が主催する「東京蚤の市」は2回開催され、

2日間で3万人以上が来場する大規模イベントになっています。

 

13回東京蚤の市のテーマは「ワクワクする出会い、きっとあります。」。

偶然見つけたものとの出会い、初めて知る作家さんや店主さんとの出会い、

ライブやワークショップで体感するエンターテイメントとの出会いにあふれた市場です。

 

=============================================

可愛くて目移りしちゃうものばかり!東京蚤の市で出会う素敵な雑貨たち 

 

まるでヨーロッパのマーケットのような雰囲気のブースが軒を連ねる東京蚤の市。


ピックアップブース"
松野屋"


荒川区西日暮里と言えば谷中銀座商店街ですが、

その商店街にほど近い「暮らしの道具 松野屋」が東京蚤の市で出店。

使えば使うほどに味が出て愛着が湧いてくる日常の道具たちがブースに所狭しと並んでいる姿はまさに圧巻。

町工場や農村の職人たちが作る素朴な日用品は、

一つひとつ型や表情が異なり、見ているだけでも飽きません。

自然な素材が肌に馴染んでしまうので、手に取ると連れて帰りたくなってしまいます。

何を入れようかどうやって使おうか、用途を考えるのも楽しみの一つ。

 


とにかくたくさんの籠、籠、籠
!和箒などの昔懐かしい日用品も並びます。

丈夫で長持ちするものばかりなので使うほどに深みが増していきます。

毎日に欠かせない愛用品となる一点を探して。

 

ピックアップブース"hanadocoro enn"


ライブ感が多くのお客様を惹きつけるお花屋さん。

栃木県鹿沼市から参加されている花屋さん「ハナドコロエン」。
オリジナルのスワッグ(壁飾り)を求める人の列でひときわ目立っていました。
オーナーの齋藤さん自らお客様の好きなお花やイメージを訊いて、その場でスワッグを仕立ててくれます。
ハナドコロエンのスワッグは、ドライフラワーになっても美しいのが特徴。
長く楽しめるインテリアとして求めるお客様が多いようで、
「つくってもらえるのを楽しみに来た」という遠方からのファンや、リピーターのお客様も。

 


ナチュラルな店構えに、色とりどりのお花が並びます。

個性的なフォルムの「プロテア」が女性のお客様に人気!


ピックアップブース"
krone"

  


「北欧雑貨店
krone」は毎日がハッピーになるような、
こだわり作家の雑貨を取り扱う神奈川県鎌倉市の人気店。
おうち時間をもっと楽しくするための、北欧デザイナーによる可愛いが詰まった雑貨たち
おうち用だけでなくギフトにも最適。
東京蚤の市には、梅雨時期も大活躍の傘が登場。
晴雨兼用傘なら雨の日も晴れた日も、お気に入りの一本でまかなえちゃう。
ただ、気分によって使い分けたくなる可愛いデザインばかりなので、何本あっても困りません。
お出かけのアクセントに、カラフルな傘って素敵。

 

雨の日の気分も上げてくれるカラフルでポップな北欧デザイン。

傘の骨組にまでデザインと合わせたカラーが入っているこだわり。開くのが楽しくなります。


ピックアップブース"Lille Denmark"


伊豆高原駅にある北欧雑貨・モビール店「
Lille Denmark」は家族で営む小高い丘の小さなお店。

お姉さんが雑貨の仕入れを行い、妹さんはデンマークに在住しながら

ペーパーモビールの製作を行なっています。

日本の湿気に負けないようドイツのリサイクル紙を二重にして作るモビールは

アンデルセン童話をモチーフにしたものからアルファベットまでデザインも豊富。

東京蚤の市では夏を意識して魚やブルーの新作を作られたそう。

風鈴代わりに窓辺に飾っても涼しげです。


 

 
マーメイドや魚をモチーフにしいた夏の新作。

童話やアルファベットをはじめ、動物(特にねこ)や四季にちなんだものも人気の作品。

=============================================

 

東京蚤の市はおいしい!フード&ドリンク


 

お洒落で美味しいフード&ドリンクもやっぱり気になっちゃう!


ピックアップブース"
fato."



fato.
は、千葉県長生村で農業も営む古民家カフェ。

東京から千葉に移転し、薬膳をベースにしたお野菜たっぷりのお料理を提供しています。

東京蚤の市1日目のごはんメニューは「5季の養生カレー(グリーン)」。

辛みがほとんどないのにじんわり汗がにじみ、もちもちの玄米が食べ応え抜群!

美味しそうに食べていたせいか、来場者の方に「そのカレーどこで売ってましたか?」

と尋ねられたほど(笑)。

「甘夏とフェンネルのスカッシュ」といった自家製のドリンクや焼き菓子も人気でした。

 


お昼時には長蛇の列。酵素シロップ入りのサングリアも!
5季の養生カレー」は春の体調に合わせた一品。季節ごとにレシピが変わります。


ピックアップブース"日光珈琲"



東京蚤の市第
1回から参加の日光珈琲。栃木県で4店舗を展開する人気の自家焙煎珈琲店です。
薫り高いスペシャリティコーヒーはもちろんのこと、スイーツも充実。
今回いただいたのは、自家焙煎されたコーヒーを使うシロップでつくるかき氷「カフェオレ」。
貴重な日光の天然氷をふわふわに削り、たっぷりのコーヒーシロップと練乳で仕上げてくれます。
見た目通りのふわふわの氷が口の中でやさしく溶け、熱気あふれる会場で感じる、癒しのひとときでした。

 

白いテントがかわいらしい店構え。この日はかき氷機がフル稼働!
もりもりのかき氷「カフェオレ」。練乳の甘さがしみます。

ピックアップブース"HILL PINES ESPRESSO"



埼玉県川越市にあるエスプレッソドリンクの専門店「
HILL PINES ESPRESSO」。

この日はエスプレッソベースのドリンク以外にも、色とりどりのソーダがラインナップ。

これからの季節にもぴったりなソーダはラズベリーやモヒートなど数種類からのチョイス。

今回いただいたモヒートソーダはミントの香りがすっきりと鼻に抜ける爽やかな飲み心地。

「苦い」「濃い」といった印象のあるエスプレッソのイメージを変えるべく立ち上がった専門店で、

次は看板メニューのエスプレッソを飲んでみたいです。

 

=============================================

 

会場で見かけた素敵なClipガール!


 
《コーディネートのポイント》

天気が良かったのでclipの麦わら帽子をあわせてみました。
アクセサリーも蚤の市の雰囲気に馴染むように選んでコーディネート。

「初めて遊びに来ました。素敵な小物に出会えるといいなと思います。」

渡邊美咲さん(会社員)/ 佐野祥太さん(会社員)

 
《コーディネートのポイント》

スカンツとTシャツのラクチンコーデに、サッシュを巻いてアクセントにしました。

たくさん入るトートバックもお気に入り。

「普段は着物を着るのが好きなので、今日はアンティークの帯が見つかりますように。」

榊原智美さん(声優/ナレーター)


   

《コーディネートのポイント》

アースカラーでまとめたナチュラルテイストの親子コーデ。

clipのカゴをバックとして使っています。たくさん入るしお洒落で可愛い!

「東京蚤の市に来るのは2回目です。可愛いペーパー雑貨を買いたいです。」

小野寺里美さん(主婦)/ 小野寺杏奈ちゃん


 

 

《コーディネートのポイント》

clipの白いバックと黒いフリンジのサンダルで夏らしさとトレンドを取り入れました。

「今日は友達と一緒に来ました。初めての東京蚤の市でとてもワクワクしています。」

山侑羅さん(主婦)

 

《コーディネートのポイント》

お気に入りのドット柄シフォンシャツを、

腰高のパンツでキュッと締めてスタイルアップしました。

「東京蚤の市はフードもお洒落で美味しいので出来るだけたくさんのお店を回って楽しみたいです。」

岡島梓さん(フリーライター)

 

 

《コーディネートのポイント》

サマーニットのワンピースが着心地良くてお気に入り。

手作りのブローチでちょっとポイントをつけました。

「夏に来た東京蚤の市が楽しかったのでリピート。素敵なアンティークのお皿を見つけたい!」

番匠郁さん(ケータリンガー)

=============================================


いかがでしたか?
人生を豊かにしてくれるような、ワクワクする出会いにあふれた東京蚤の市。

取材チームもお買い物はもちろん、全国から選り抜かれたフードを味わい、
ライ
ブの演奏に耳を癒され時間があっという間でした。
会場は想像以上の大賑わいでしたが、入場されたお客様のマナーの良さが印象的でした。

「東京蚤の市」は、例年通りであれば秋にも開かれます。
東京のみならず大阪や東海地方でも開かれているので、ぜひチェックしてみてください!




  

————————————————————————

13回東京蚤の市(開催情報)

日程:2018526日(土)、27日(日)

時間:26 9:0018:0027 9:0017:00

開催場所:東京オーヴァル京王閣

東京都調布市多摩川4-31-1

入場料:500円(小学生までは無料)


Studio・Clip 問い合わせ

[.st] http://www.dot-st.com/studioclip/

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!