検索

うっかり日焼けを見逃すな!アフターケアに使えるおすすめケアアイテム3選!

待ちに待ったお出かけシーズン!楽しい時間と引き換えに、うっかり日焼け……なんて経験、ありますよね?そんな時のアフターケアに使えるベスト3をご紹介いたします。

日焼けは「火傷」と同じ!?

実は、日焼けをして赤くヒリヒリしている肌は、軽度の火傷を受けた状態と同じなんです!

炎症が起きているので、まずは流水や氷水で20〜30分程度、しっかりと患部を冷やすことが肝心です。

アフターケアには、江戸時代から火傷や傷の治りを促す薬として用いられた「紫根」エキス配合の「紫雲膏」が大活躍します!

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使えて市販品も充実しているので、この夏のマストアイテムとしてチェックしてみては?

 

「紫雲膏」とは?

実は紫雲膏は、漢方の軟膏剤なんです。

江戸時代から、火傷、湿疹、切り傷などの皮膚の治療のために幅広く応用されてきました。

解毒や消炎、抗菌、抗浮腫、解熱作用があるので、日焼け後の水ぶくれにも有効である他、ミツロウで患部に蓋をしてモイストヒーリングを行うことで傷を早く治し、跡が残りにくい効果も期待されています。

 

手軽に入手できるオススメ商品3選!

日本オリーブ「ベルゼエリートM」

1976年発売のロングセラー商品です。

「紫雲膏」を参考に、豚脂をオリーブ油に置き換えて開発されました。

肌あれ、あれ性、ひび・あかぎれ・しもやけなどを防ぐ薬用軟膏です。

日やけや雪やけ後のほてりを防ぎ、肌にうるおいを与え、すこやかに保ちます。

天然保湿成分のオリーブ油、シコントウキオイル、シコンエキス(2)、ミツロウなどを配合し、肌を乾燥から守り、保護します。

 

クラシエ「クラシエ紫雲膏」

1984年発売。

5種類の生薬のみで作られている低刺激性の軟膏で、肉芽形成(傷ついた皮膚の再生)を促進し、患部の治癒を早め、皮膚をなめらかにするのが特徴です。

 

万協製薬「紫雲膏ヒフール」

こちらは、非ステロイド処方の軟膏です。

穏やかな効き目で、長期にわたって使用することができます。

 

今年の夏は、うっかり日焼けもこわくない!

いかがでしたでしょうか?

紫雲膏さえあれば、もううっかり日焼けもこわくありません!

 

今年の夏は、アフターケアもばっちりにして、

おでかけやレジャーも思いっきり楽しみましょう!

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!