検索

気持ちがいい1日を過ごしたいお休みの日、みんなの朝ごはんを拝見!

休日こそ1日を有意義に過ごしたい、休日をスタートする朝に手短かに美味しい朝ごはんを作るヒントを紹介します

 

限られた朝の時間、みんなはどう過ごしてる?制約があるほど、その人らしさがにじみ出るものです。気になる3人に朝食について聞いてみました。

 

「食べてよかった」と満たされるために

「朝は、気持ちを整える時間。陽の光が入る窓に向かって、素材そのままを活かした朝ごはんを食べていると、自分が澄んでいく感じがします。」朝ごはんを食べる余裕がない日も多いからこそ、食べられる日には「食べてよかった」と思える工夫を欠かさないという野村さん。「このスープ、人参がドンっと入っていて変ですよね。でも、そこが面白いし、好き。コンソメのレシピがあまたある中で、あえてこれを選んでいるんだという実感があります。」無理はしない。けれど、自分を満たしてくれるものに忠実に。

 

梅干し、納豆、湯町窯のエッグベーカーで焼いた目玉焼き、人参スープ、バナナハニートースト。人参スープは高橋みどりさんのレシピで、デュカをかけて食べるのが野村さん流。
She is編集長
(株)CINRA勤務。CINRA.NETにて記事の企画編集を行いながら、2017年に”自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャ^コミュニティ”She isを立ち上げ、編集長を務める。http://sheishere.jp

 

 

一番好きな時間を、手早くきれいに彩る

平日はコーヒーやトーストなど簡単に済ませることが多いという久保利さん。時間に余裕がある休日は、いろんな食材を取り入れた、見た目も華やかなメニューを楽しむそう。「トーストの上に何かをのせたり、フレンチトーストにしたり。手が込んでいそうに見えるけど、すぐにできるものばかりです。(笑)」この日もカットしたミニトマトに金柑ジャムを絡めたり、市販のペーストやチキンを上手に取り入れていました。「朝が一番好き。心身ともにリセットされて、ブレーカー全開っていうくらい元気です。」

 

マヌカハニーとヨーグルト、アボカド、人参ラペ、オープンサンド(ミニトマトと金柑ジャム、カッテージチーズとサラダチキン、クリームチーズとベリー)、ハーブティー。
会社員 久保利彩さん
大手アパレルECを運営する企業でサービス作りを担当。福岡、鹿児島、台湾などお気に入りの場所を散歩するように旅する様子をライライシリーズと名付けてInstagramで発信している。@_ca8n

 

 

忙しい日々を支える、旬を味わう和定食

「夜は疲れて何もする気が起きない分、朝はフル稼働!起きて2秒後には土鍋に火をかけます」と名越さん。幼い子どもがいるため、朝は台所仕事に没頭できる貴重な時間。朝食作りと夕食の仕込みも並行する。朝の定番は玄米おにぎりと具沢山の味噌汁、蒸し野菜。そこに魚の干物や卵焼きが加わることも。「子どもにたくさん野菜を食べて欲しいので、汁物は欠かせません。醤油ベースのけんちん汁にする日もあります。」今はかなわないけど、いつかゆっくりお茶を飲みながら家族みんなで食卓を囲むのが夢。

 

梅醤番茶、玄米とカブの葉の焼きおにぎり、蒸したかぼちゃとスナップエンドウ、豚汁。玄米は前の晩に浸水しておき、すぐに火にかけられるようにしている。
yohakスタッフ 名越佳織さん
コーヒーショップやレストラン勤務を経て、2016年夫とともにカフェ「yohak」を西馬込にオープン。定番の塩鯖と季節野菜のサラダとサンドイッチのセットのほか、旬の果物を使ったスイーツも人気。http://yohak.com

 

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!