検索

手紙社主催の「ワクワクする出会いの市場」 第13回 東京蚤の市レポート(前編)

一日ワクワク楽しめる仕掛けが満載の人気イベント!

京王多摩川駅のほど近く、「東京オーヴァル京王閣」で5月26日(土)と27日(日)の2日間で行われた「第13回東京蚤の市」。小道具や雑貨などを扱う230を超える出店者がひしめく会場では、ステージでのライブやワークショップが楽しめたり、選りすぐられたフードが味わえたりと、一日ワクワクできます。

 

第13回東京蚤の市

日程:2018年5月26日(土)、27日(日)

時間:26日 9:00~18:00、27日 9:00〜17:00

開催場所:東京オーヴァル京王閣

東京都調布市多摩川4-31-1

入場料:500円(小学生までは無料)

 

2012年5月、「古き良きものを愛でる人々」によって、ヨーロッパの蚤の市の雰囲気を再現しようとスタートした「蚤の市プロジェクト」。「布博」や「紙博」といった、人気のイベントを手がける手紙社が主催する「東京蚤の市」は年2回開催され、2日間で3万人以上が来場する大規模イベントになっており、今回は約36,000人もの人出となりました。

 

第13回東京蚤の市のテーマは「ワクワクする“出会い”、きっとあります。」。偶然見つけたものとの出会い、初めて知る作家さんや店主さんとの出会い、ライブやワークショップで体感するエンターテイメントとの出会いにあふれた市場なのです。

 

まるで、旅先のにぎわう市場で、自分だけの宝物を探している気分になる「東京蚤の市」。たくさんのブースが軒を連ねる中で、特に印象的だったお店をご紹介します。

 

 

ピックアップブース①  izaura / la feuille(イザウラ / ラフイユ)

生活のインスピレーションを刺激するアンティーク雑貨を取り扱う「izaura」と植物にまつわる小さなアトリエを展開する旅する花屋「la feuille」。愛知県名古屋市から参加している両店舗ではコラボして出店をすることも多いそう。天井を彩る鮮やかなドライフラワーと洗練されたアンティークの食器や雑貨がアートのように並んだディスプレイを見ると、まるでヨーロッパの古いおとぎ話に出てくるかのような世界観に包まれます。izauraは第12回東京蚤の市でディスプレイ大賞の受賞も。

 

セレクトされた食器や雑貨だけでなく、棚やテーブルにもこだわりが。

 

ディスプレイ大賞を受賞したizauraの雑貨をモチーフにイラストレーターのニシワキタダシさんがパネルを作成。

 

 

ピックアップブース②  暮らしと道具 ユーカリ

ブースの一角にはあたたかい灯に包まれたランプマーケットも。今回出店されていた「暮らしと道具 ユーカリ」は岐阜にある小道具屋さん。本来お店では、小道具や洋服、生活雑貨などを販売しているのですが、東京蚤の市では古いモノをつなぎあわせて作った「ちょこっとライト」を販売。名前の通り、このライトは昔理科の実験で使った小さな豆電球のサイズ。ユーカリのご主人が一つずつ手作りしている一点モノです。本当に小さな灯で、だけど心の中をちゃんと照らしてくれる可愛いインテリアでした。

 

思わず足を止めて見入ってしまう、温かな灯り。

 

お部屋のインテリアとしても贈り物としても喜ばれる素敵なランプの数々。

 

 

ピックアップブース③ hanadocoro enn

栃木県鹿沼市から参加されている花屋さん「ハナドコロエン」。オリジナルのスワッグ(壁飾り)を求める人の列でひときわ目立っていました。オーナーの齋藤さん自ら、お客様の好きなお花やイメージを訊いて、その場でスワッグを仕立ててくれます。ハナドコロエンのスワッグは、ドライフラワーになっても美しいのが特徴。長く楽しめるインテリアとして求めるお客様が多いようで、「つくってもらえるのを楽しみに来た」という遠方からのファンや、リピーターのお客様も。

 

ナチュラルな店構えに、色とりどりのお花が並びます。

 

個性的なフォルムの「プロテア」が女性のお客様に人気!

 

 

ピックアップアイテム 会場で見つけたかわいいものたち

個性的なカラーリングがかわいいプレート。

 

nitteさんのチロリアンテープ。個性的な色柄のテープが、10㎝単位で買えるのはうれしい。

 

ドイツのアンティーク・ヴィンテージ雑貨を扱うALEXANDER-PLATZのぬいぐるみたち。

 

千葉県から出店されたhoutiのレトロなホーロー鍋!色とりどりで目移りします。

 

後編は、東京蚤の市と同時開催の人気イベントと、会場内で人気のフード・ドリンクブースをご紹介します!

 

txt:azusa okajima

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!