検索

月経不順をマジメに考えよう - 異常月経の原因とは?

月経の正常・異常との間には明確なボーダーラインがあります。今回は月経周期の異常である「月経不順」をピックアップ。女性なら月経周期の変動はありがちですが、放置していると不妊や子宮の病気につながることも…。これを機に自分の体を振り返ってみましょう。

正常な月経(生理)の基準とは?

 

あなたは自分の月経周期って把握していますか?
月経不順ってどういうコトを言うのか?そもそも自分の月経は正常なのか…意外とあいまいな方もいるかもしれません。

そこで今回は”正常な月経周期”をマジメに考えてみましょう。

 

正常な月経周期とは。

月経周期は、「前の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数」。
月経が終わった日ではなく、始まった日で考えるので注意しましょう。

月経周期が25日~38日ならば、それは正常な月経周期といえます。場合によって数日前後するのも、正常範囲内です。

 

 

 

月経不順(月経周期の異常)

 

月経に関する様々な症状の中でも、特に周期に関する異常を月経不順と呼びます。

初潮からずっと不順という人もいれば、あるストレスをキッカケに一時的に不規則になったり、更年期の症状のひとつとして40代後半から急に不規則になったりする人もいます。

月経周期が24日以下だったり39日以上だったりした場合は、「月経不順」となり、医学的には以下のように細かく分けることができます。

 

頻発月経(ひんぱつげっけい)

月経周期が24日以内の場合。

 

稀発月経(きはつげっけい)

月経周期が39日以上の場合。

 

無月経

月経が停止している状態のことで、原因によって2種類あります。

 

■原発性(げんぱつせい)無月経

18歳になっても初潮がない状態。原因は染色体異常や、子宮、卵巣、脳の視床下部、脳下垂体の異常など、様々なものが考えられますが、膣や処女膜が閉じているため、一見、無月経のように見えることも。このような見せかけの無月経(潜伏月経)と無月経を識別する必要があります。

 

■続発性無月経

続発性(ぞくはつせい)無月経は、妊娠・授乳・閉経期をのぞき、3ヶ月以上月経が無い状態をいいます。
原因は様々なものが考えられますが、多くはストレスやホルモン分泌の異常が疑われます。また、激しい運動や過度のダイエットも原因となります。

特に、生きていくために必要な栄養分が足りなくなるような極端な食事制限を行うと、栄養不良におちいった体が、生命を維持していくために生殖機能を停止させてしまうことがあり、若い女性に無月経が増えている理由のひとつとなっています。

他にも糖尿病や甲状腺の病気などで無月経になることもあります。

 

 

 

月経不順の原因とは?

ホルモンバランスの乱れ

不規則な生活やストレスなどが原因で、自律神経やホルモンバランスが乱れて月経不順になることがあります。

また、 月経不順の原因としてよくあるのが、卵巣機能の低下による女性ホルモン不足。
卵巣機能異常の原因としては、次のようなものが考えられます。
→ストレス、冷え(自律神経異常)、不規則な食事、卵巣のう腫などの病気、加齢など。

 

精神的・身体的ストレス

強いストレスがかかると、脳の視床下部がダメージを受けて、卵巣にホルモン分泌の指令を出さなくなります。
そうなると、女性ホルモンが卵巣からうまく分泌されなくなって、月経不順や無月経につながってしまうのです。

 

激しい運動や過度なダイエット

急激なダイエットをすると、月経不順や無月経になってしまう危険性が高くなります。
これは、"生命の危機"と脳が判断するため、命に直接関係のない生殖機能をストップさせてしまうためです。

ほかにも様々な要因が考えられ、また複合的に絡まり合っているので、直接的な原因は特定しにくいようです。

また、最近では月経不順になる女性の数が増えているとのデータもありますが、これは偏った食生活やダイエットなどによるものではないかと考えられています。

 

 

月経不順で考えられる病気

月経不順は月経が始まって間もない頃や閉経が近い年齢でない限り、何らかの問題があることが考えられます。「希発月経」と「頻発月経」を交互に繰り返すこともあるようです。

女性であれば、月経不順は誰でも経験するものといわれていますが、あまりにも症状がひどい場合や慢性的に続く場合は注意が必要。
放置しておくと子宮や卵巣に影響がおよび、不妊症につながる可能性もあります。

 

多嚢胞性卵巣症候群

思い当たるストレスがない場合、月経不順の原因として考えられるのが、「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」という状態です。英語名を略してPCOSとも呼ばれます。

これは、排卵が起こりにくくなることによって、卵胞(卵子を包んでいる袋)が卵巣のなかにたくさん残ってしまう状態で、月経不順や無月経の他、肥満やにきび、多毛を伴うこともあります。

多嚢胞性卵巣症候群になる原因は諸説ありますが、はっきりとは解明されていません。
月経不順の原因として、多嚢胞性卵巣症候群の可能性もありますので、婦人科を受診して相談してみましょう。
多嚢胞性卵巣症候群と診断されても、軽度の状態が多く、深刻に考え過ぎることはありません。きちんと検査をして、必要に応じて治療をしていくことが大切です。

他にも子宮内膜症や子宮筋腫などが原因で月経不順になることも。
慢性化している方は「いつものことだから」と放置せず、婦人科で相談してみましょう。

 

 

正しい月経に近づけるには

 

生活の改善

日ごろから生活のリズムを整え、バランスのとれた食生活を送ることで予防できるといわれています。
次のことを意識してみましょう。

・適度な運動を心掛け、十分な睡眠をとる
・体を冷やしたり、過度のダイエットは避ける
・ストレスをためない
(音楽を聴いたり、運動や読書、散歩など自分に合ったストレス解消法を見つけるようにしてみましょう)

 

基礎体温を測る

・月経周期はバラバラでも毎月排卵がある
・毎月じゃないとしても、たまに排卵することもある
・全く無排卵

など、月経周期が安定しないといっても、人によって状態は異なります。
基礎体温をきちんと管理し、自分に起こっている月経不順がどういった種類のものであるかを、正しく認識しましょう。

婦人科でもそうした現状を把握した上で、低用量ピル、漢方薬、ホルモン剤の投与など治療の方針を決めていくことになります。

 

 

自分の体をよく知ろう!

月経周期が規則的な人は、異常に気づきやすいのですが、昔から不定期な人は月経不順に慣れてしまっている可能性もあります。

そんな人は特に今回の内容を読んで、自分の月経が規則的に来ているかどうかチェックしてみてくださいね。

 

 

 

愛され上手になる 恋愛指南メディア wellfy

大人の女性の恋愛と幸せな毎日を応援します!

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!