検索

【6/23公開】『猫は抱くもの』ー日常がカラフルに輝き始める“猫映画”の決定版!ー【MiLuLu】

6月23日(土)公開『猫は抱くもの』は、アイドルの夢を諦めたアラサー女子と、自分は人間だと思い込んだ猫の物語です。人と猫との不思議な繋がりを通して、自分らしく生きるヒントを与え、心を暖かく満たしてくれる本作品をご紹介します。

こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれた

 

©2018「猫は抱くもの」製作委員会


田舎町のスーパーで働く沙織は、かつて売れないアイドルグループのメンバーだったアラサー女子。歌手としての夢を諦め、何もかも嫌になって東京を逃げ出してきました。自分を好きになれず、周囲にも溶け込めない彼女が心を開くのは、職場の倉庫でこっそり飼っている、ロシアンブルーのオス猫・良男だけ。腹が立ったこと、哀しかったこと、バカバカしくて呆れたこと…他人とは共感できなかった気持ちを、時には妄想もたっぷり交えつつ、沙織は語って聞かせます。一方、そんな沙織に寄り添う良男は、その心に寄り添ううちに、自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまいます。お互いこじらせながらも、うまくやってきた1人と1匹。でも、そんな日常にある時変化が訪れて…。

 

 

 

監督・犬童一心×脚本家・高田亮 名コンビで描く

 

©2018「猫は抱くもの」製作委員会


原作は、人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる作家・大山淳子の同名小説です。猫への愛情に満ちたそのユニークな世界観を、キネマ旬報脚本賞を受賞した「そこのみにて光輝く」をはじめ、「君はいい子」、「オーバー・フェンス」など注目作を次々手掛ける脚本家・高田亮が、映画でしか表現し得ない大胆なイメージで再構築。そしてメガホンをとったのは、「ジョゼと虎と魚たち」や「メゾン・ド・ヒミコ」などの繊細なドラマから、「のぼうの城」のような歴史大作まで、幅広いジャンルで演出の冴えを見せていきた名匠・犬童一心監督。「グーグーだって猫である」とそのドラマ版を手掛け、プライベートでも数多くの猫と暮らした経験を持つ、文字通り日本を代表する“猫映画”の名手です。単に猫の可愛らしさを切り取るだけでなく、本作では観客の意表を突く手法を用いて、猫好きな人間の内面や微妙な感情のひだまで見事に描ききりました。

 

 

 

現実と妄想…人間と猫の世界を交差させる犬童マジック!

 

©2018「猫は抱くもの」製作委員会


主人公と猫の関係を立体的に浮かび上がらせる演出のアプローチも斬新です。まず映画内に“人間の視点”と“猫の視点”を導入…劇中では実際の猫に加えて、俳優たちを擬人化させた猫を演じます。現実世界ではヒロイン・沙織のそばにいた町の人たちが、別シーンでは一人二役で個性的な猫になりきっていたり…その大胆な転換も、本作の大きな見どころです。

さらに物語内には、現実の風景で撮影された「実景パート」と、古いホールを現実世界に見立てた「舞台パート」、手書き風の「アニメーション・パート」という3つの世界観がモザイクのように組み合わさっています。観客を心地よい戸惑いに引き込み、虚と実の境界線を巧みにコントロールしながら、観客はヒロインの内面に迫っています。マジクのようなその手腕は、まさに犬童監督ワールドの集大成にして新境地。痛々しいほどのリアリティを心地よいユーモアで包んだ優しい視線は、“猫映画”のカテゴリーに超えて、自分らしい生き方を追求する全ての観客の心温かく満たしてくれる本作を、是非スクリーンでお楽しみください。

 

 

 

【情報】

 

『猫は抱くもの』

 

公開日:2018年6月23日(土)

監督:犬童一心

原作:大山淳子『猫は抱くもの』

キャスト:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、
     岩松了、藤村忠寿、内田健司、久場雄太、今井久美子、小林涼子、
     林田岬優、木下愛華、蒔田彩珠、伊藤ゆみ、佐藤乃莉、末永百合恵、柿澤勇人

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!