検索

益子春の陶器市レポート【作家編】パート2 陶器市で訪ねたい、作家リスト

前回に引き続き、益子の陶器市でチェックしたいおすすめの作家をご紹介します。今回は陶芸家に加えてガラス作家と木工作家もピックアップ。こだわりの詰まったすてきな作品とともに、その魅力をお届けします。(益子出身ライターの主観と独断で選ばせていただいています)

伊藤丈浩さんによる作品。色、柄、フォルムが美しいポットやカップ&ソーサー。

 

 

巧みな職人技術で魅せる、現代を代表するスリップウェア

/伊藤丈浩さん

 

それまで“柄もの”があまり得意ではなく、うつわは無地のシンプルなものばかりを選んできた筆者が、初めて柄ものに惹かれたのが、伊藤さんの作品でした。

英国発祥の伝統的な技法である「スリップウェア」という言葉を知ったのも、伊藤さんの作品がきっかけでした。

 

独学でスリップウェアを習得したという伊藤さんは、2006年に益子で独立。以来その人気は拡大し、全国各地で個展を開催するまでに。

 

繊細で緻密、時にダイナミックな模様が描かれた作品は、いつまででも眺めていられる“美術品”と言っても過言ではありません。

それはまるでテキスタイルのようでもあり、高度な職人技術に唸らされます。

そして伝統技法を用いながらも、古臭さをまったく感じず、とても現代的な空気をまとっています。

うつわに料理を盛り付ければ、一皿がぐっと格上げされ、食卓が華やぎます。

スリップウェアに限らず、マグカップやピッチャーなどはフォルムも美しいので、植物を生けたり、ただ飾っておいたりするだけでもインテリアとして楽しめます。

 

陶器市では「G+OO」での取り扱いがメイン。常設もされているので、陶器市以外の機会にも出会うことができます。

 

 

 

 

 

端正で凛々しい、洗練された佇まいに心酔

/田代倫章さん

 

いわゆる“益子焼らしい”、素朴な雰囲気のうつわばかりを所有していた筆者にとって、田代さんの作品との出会いは一目惚れでした。

例えるなら、それまで好みのタイプが一貫していたはずなのに、全然違ったタイプの人に出会って恋に落ちてしまった、といったところ。

 

2002年に大学の陶芸専攻科を卒業後、益子にて今成誠一氏に師事。2007年に独立された田代さん。

これまで毎年のように都内と益子を中心に展示を開催している人気作家の一人です。

 

作品から漂うオーラには品があり、無駄を削ぎ落とした洗練された佇まいは「凛々しい」という言葉がしっくりきます。

一見シャープながらも、曲線の一つひとつが優美で、質感にもそれぞれ繊細な技法が駆使されているのがわかり、柔らかな表情も持ち合わせています。

マットと艶のコンビネーションも絶妙で、すべての作品にどこか色気を感じます。

基本は白と黒のモノトーン展開というのも潔くてかっこいい。

 

食器として使うのを躊躇ってしまうほど美しいのですが、料理を盛り付けるとまるで高級料亭の一皿かと思えてしまうほど、見栄えがランクアップします。

 

 陶器市では「組合広場」の道を挟んで向かい側(共販センター近く)に出店しています。

 

 

 

 

 

木のぬくもりと丁寧な手仕事が、日常を豊かにしてくれる

/木工房 玄

 

益子の陶器市では多数の木工作家が出店しています。その中でも、ここ何年も隅々まで陶器市を巡ってきた筆者のお気に入りが「木工房 玄」の作品です。

 

代表の高塚和則さん率いる「木工房 玄」は、栃木県塩谷郡塩屋町に工房を構え、手作業で家具や食器、小物などを製作しています。

原木を仕入れ、製材、自然乾燥させ、プロダクトごとに適した木を選び、一つひとつ丁寧に作っています。

使用している木材は主にクルミ、栗、桜、ナラ、トチ、タモなど国産の広葉樹。

仕上げには木の風合いを生かすよう、天然のオイルを使っています。

時が経つほどになじみ、風合いの良さが出てくるのも無垢材ならではの良さです。

 

筆者も愛用している、表面に手彫りで細かい凹凸の表情をつけたクルミのカッティングボードは見た目も素敵で、使い勝手も抜群です。

凹凸のない裏面で食材をカットでき、パン皿としてや、ワンプレート皿として、おもてなしにチーズや前菜を少しずつ盛りつけたりと、大活躍。

ほかに花形のコースターやパン皿、オーバル皿も人気のようです。

 

また製品の取り扱い方やお手入れ法についても親切に教えてくださるので、気軽に相談できます。

 

陶器市では「遺跡広場」に出店しています。

 

 

 

 

 

ナチュラルな色と気泡がノスタルジックな再生ガラス

/伊藤亜木さん

 

陶器にハマると自然とガラスにも惹かれるもので、その第一歩として初めて購入した作家ものが伊藤亜木さんのガラスでした。

東京生まれの伊藤さんは、某ファクトリーにて吹きガラスを始めた後、硝子会社に入社。その後2006年に栃木県茂木町にガラスの窯を構え現在に至ります。

 

再生ガラスを用いた作品の特長のひとつは、優しく自然な色合い。水色のものは窓ガラスから、透明のものは蛍光管から作られているそうです。

もうひとつの特長は、気泡。ガラスの中にキラキラと現れる大小のつぶつぶがなんとも涼しげで、ソーダ水を思わせます。

 

また、ぽてっとした厚みと丸みも可愛らしく、再生ガラスならではのナチュラルな雰囲気と相まって味わいが増します。

 

ラインナップはグラスをはじめ、お皿、フラワーベース、箸置き、ポット、アクセサリーなど、バラエティ豊か。

特にこれからの暑いシーズンには、ガラスのうつわと箸置きを食卓に並べれば、たちまち夏らしく涼しい雰囲気に。

こんな風に季節に応じて食卓も衣替えすると、日々の暮らしがより楽しく、豊かに感じられます。

 

陶器市では「KENMOKUテント村」に出店しています。

 

 

 

 

 

以上、益子春の陶器市レポート【作家編】パート2でした。

すてきな作家さんが多すぎてここで紹介しきれないのが心苦しいですが、いつかまた別の機会に紹介できればと思っています。

春の陶器市は閉幕しましたが、次は秋の陶器市(11月2日〜11月5日)が待っています!

このレポートを参考に、ぜひ益子へ訪れてみてください。

 

 

text : Yu Konisho

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!