検索

甘さだけじゃない絶妙なスパイスもあわせもつ、「REKISAMI」のレースワンピース。

遠く離れて見るとお上品なお嬢様。ドキッとして近づいてみると、意外な強さにさらに惹かれて...そんなワンピースを纏う女性は、どれだけ魅力的でしょうか。

女ですもの、白いワンピースの一着や二着、ワードローブに隠してあるの。でも秘めているのはお姫様のようなドレスではなくて、少しのスパイスをちりばめた、静かに戦う服。

 

ROOM211 / rekisami - lace onepiece ¥74,520(税込)


チュールやレース使いが特徴的なブランド「REKISAMI」(レキサミ)は、バレリーナとして活躍していた幾左田千佳氏が手がけるブランド。“くずしの美意識”をコンセプトに、元バレリーナらしいチュールやレースといったエレガントな素材使いの中に、エッジィさを感じるさりげないディテールを盛り込んだ意外性が魅力の一つ。

 

 

コットン100%のワンピースは肌ざらりがよく、今の季節は上着を羽織って着たり、真夏には一枚でさらりと着こなしたいですね。

 

 

ワンピースあるあるの「透ける」問題ですが、こちらはインナーキャミソールが付いているので心配ご無用。女性デザイナーらしい、こうした着こなしへの気遣いも嬉しいですよね。

ウエスト部分の切り替えや袖の小さなスカラップなど、レディライクなディテールもありつつ、刺繍で施された柄は直線で描かれ、甘さだけじゃない絶妙なスパイスをプラス。真っ白のワンピースで「綺麗なお姉さん」を装うだけじゃつまらない。女は少しのトゲがあってこそ輝くのです。

text : FACY LADY 編集部

 

【関連記事】

トレンドの「ドット柄」、大人レディは「ブラウス」で取り入れて!

何通りもの表情を見せる「HISUI」のアシンメトリーワンピース

ナチュラル×こなれ感!オトナ女子の刺繍入りワンピースは「上品さ」がポイント

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!