検索

極上透け感が手に入る。最注目は”ピュアクール”カラー

モノトーンの無彩色系やフォギーベージュようなクールなベージュ。そう、寒色カラー前線に、この春新しいキーワードがお目見え!

 

これまでのマットやアッシュでくすませるハンサムな色合いよりも、より”ピュア感”や”イノセント”な雰囲気の透明感カラーが人気です。

ツヤをほんのり残してくれるから、肌も髪もきれいに見せてくれるそう。ぜひ試してみて。

 

 

肌なじみのいい”モノトーンアッシュ”セミディ


 

くすませすぎず、でも軽やか。今いちばん旬な色といえば、このモノトーン。ラフなウェーブとの相性もよく、ふわりとやわらかい質感に見せてくれます。カットは鎖骨下のレイヤーミディアムをベースに、ミックス巻きのパーマで毛先に動きを出しています。カラーは9トーンのナチュラルな明るさが、髪をきれいに見せてくれるのにひと役!

 

パーマを生かすようにラフに乾かしたら、ハーフウェットの状態でホイップムースをもみ込むだけ。簡単なところもうれしい。

 

stylist_松田亮葉(JENO)

model_工藤さくら

 

 

 

シルバーベージュで赤みを抑えつつ、ナチュラルに


 

ロングローレイヤーのちょっと重めなセミロング。大きくゆるやかなウェーブを、ハチの高さから入れて無造作に仕上げています。パーマの動きを引き立てるべく、カラーはシルバーベージュとアッシュをブレンド。モノトーン同様、ツヤを残しながら透け感もあって、ふんわりとしたウェーブを演出。おでこを見せるセンター分けのバングもなんだかとても新鮮!

 

ハーフウェットでツヤのあるセット剤をなじませて、ふんわり&しっとりなウェーブをつくります。

 

stylist_若奈(JENO)

model_本田涼子

 

 

 

フォギーベージュで、外ハネカジュアルボブを女のコらしく


 

 

眉上のバングがアクセントに効いたカジュアルなボブデザイン。ワイドな前髪のラインも毛先の外ハネの雰囲気もどれも可愛くて印象的! さらにカラーまで凝ってしまうと要素が多いかな…というときに、このピュアクールカラーはうってつけ。寒色寄りのベージュで主張しすぎず、さらりと質感にすると、とびきりおしゃれです。

 

シアバターをもみ込んで、左サイドは耳かけを。流行りの大ぶりアクセを効かせてみて。

 

stylist_松田亮葉(JENO)

model_大津あやみ

 


SALON DATA

JENO ジェノ

東京都渋谷区神宮前5-47-12 パインビレッジアネックスB1F

tel:03-6419-3855

open:11:00~20:00(月・木)、11:00~21:00(水)、12:00~21:00(金)、10:00~20:00(土)、10:00~19:00(日・祝)

火曜休

http://jeno.jp

 

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!