検索

フランスメゾンのitな香り5選 - THE REPRESENTATIVE FRAGRANCE

香水文化の発信地でもあるフランスは、数多くのフレグランスメゾンを持つパイオニア。フレグランス愛好家に親しまれてきたフランスを代表するメゾンと、長く愛されるitな香りをご紹介。

①バラとカシスが奏でる、香りのアート作品。

 

『DIPTYQUE』 "L’Ombre dans L’Eau" - since 1983

1961年、パリのサンジェルマン大通り34番地に創業。ベストセラーのこの香りは、イギリスの庭園をイメージしたバラとカシスの葉のフレッシュでモダンなハーモニー。美しいイラストが描かれたオーバル形のボトルも、感度の高いパリジェンヌに愛される秘密。

 

オードパルファン ロンブルダンロー 75ml ¥19,000/diptyque Japan

 

 

 

②日本人女性をイメージした、シプレーノートの傑作。

 

 『GUERLAIN』"MITSOUKO" - since 1919

古くから皇室御用達の高級香水ブランドとしての地位を確立した『ゲラン』。

創業以来、天然香料へのこだわりを貫き、フレグランス全体の80%を天然香料で構成。シプレーノートの代表として語り継がれる「ミツコ」は、神秘的でありながらも情熱性を秘めた香り。

 

ミツコ オーデトワレ 50ml ¥9,700/ゲラン

 

 

 

③幸せな気持ちになれる、ジューシーで愛らしい香り。

 

『ANNICK GOUTAL』"Petite Cherie" - since 1998

最高の原料と独創的なひらめきで、ワンランク上の品格のあるフレグランスを追求。創

業者アニック・グタールが、娘のカミーユへの想いを表現した「プチシェリー」 は日本でも大人気。フルーティなペアとムスクローズが香る、愛情に満ちた幸せいっぱいのフレッシュな香り。

 

プチシェリー オードトワレ 50ml ¥15,200/ブルーベル・ジャパン(香水・化粧品事業本部)

 

 

 

④ほんのりセクシーに香りたつ、フィグの甘い誘惑。

 

『ROGER&GALLET』"FLEUR DE FIGUIER EAU FRAÎCHE PARFUMÉE" - since 2013

香りで洗い、うるおし、まとう、という、ユニークなフレグランス ビューティリチュアルを提案。パリジェンヌが大好きなフィグをイメージしたこの香りは、カリスマパフューマー、フランシス・クルジャンが創作。甘美なフィグと可憐な花々が奏でる、麗しい香り。

 

フィグパフューム ウォーター 100ml ¥6,000/ロジェ・ガレ

 

 

⑤香りの科学者が創作した、黒いちごとムスクの美しい香り。

 

『L'ARTISAN PARFUMEUR』"MÛRE ET MUSC" - since 1978

1976年、香りの職人と呼ばれる調香師のジャン・ラボルトが創業したフレグランスメゾン。ブランドの独創性を象徴するこちらは、“黒いちごとムスク”という名の通り、ホワイトムスクとブラックベリーの大胆なコントラストが光る、唯一無二の香りとしてヒット。日本でも人気。

 

ミュール エ ムスク オードトワレ 100ml ¥17,000/ブルーベル・ジャパン(香水・化粧品事業本部)

 

 

 

photograph:Masahiro Tamura[freaks]

styling:Mina Takaue

text:Rie Kuroiwa

cooperation:AWABEES,TITLES

 

 

 

kiitos. vol.8より

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!