検索

我が家のキッチンの正面は油を吸い込むタイルです!【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 後編】

D.I.Yのスピリットを独自の切り口で教えてくれるコラムをどうぞ。独特な笑いを生み出す芸人、バッファロー吾郎の竹若さんによる〝何かものを作りたくなる” D.I.Y.コラムです。

 

コストダウンの魅力について更に突き進んでまいりましょう!もうこの時点で「コストダウン」と言葉がキラキラと輝きだして「コスタンティックDAウィンガ-」に見えてきたんじゃないですか!???

そんな事はさておき、前回述べた壁や扉をなるべく少なくする事でのコストダウン&魅力の続きです。

壁や扉を少なくして、自分ならではの空間がレイアウトしやすくなった状態で、さらに「利便性を求め過ぎない」という要素を加えてみましょう!

例えば10畳ぐらいのスペースがあるとします!そこに細々と仕切り目的の家具とかを配置し過ぎてしまうと、折角確保した空間がありきたりの空間に戻ってしまいます。

そこでド真ん中に大きなテーブルなんかを配置してみましょう!「もっと有効に使えるのにもったいない」という気持ちも分かりますが、この「効率悪いかな!?」という部分が心地良くなってきます。

単純に他では見ない空間になり、結果的に人が集まりやすい空間になったり、D.I.Yで作るものが少ない空間にもなるのです。予想できる空間は飽きちゃいますが、少し違和感がある空間は中々飽きないものです。

 

ロールカーテンは既存のサイズなら更にコストダウンにつながります。
前後のスペースも確保しなくて良いので広く使えます。


 

いっそガンダムやマイメロディちゃんや餃子等の好きなモノや人物の巨大オブジェを作って配置する位でも楽しい空間になる事でしょう!(責任は負いかねます)

巨大オブジェや銅像を作るとなれば、新しいD.I.Y技術も獲得できますしね!

この調子で素材もコストダウンして参りましょう!

手間暇の事を考えて、汚れが付かない・手入れが楽チンな少し値の張る素材を選んでしまいがちですが、汚れが染み込む安い素材で経過を楽しんでみてはいかがでしょう!

我が家のキッチンの正面のタイルは油を吸い込むタイルです。

時間が経つにつれ新しい表情を見せてくれて素敵な味となってます。

 

キッチンタイル。
油が染み込み世界にひとつだけの顔に!
汚れを嫌わず、汚れを味方に。


 

そして一気に全部作らない!というコストダウンもありますね。

只今子供部屋は1つの空間です。姉と弟なのでいずれは部屋に仕切りを付けなければならないでしょう!そうなった場合に、その時の状況にあった仕切りを作ってあげましょう!

 

子供部屋の仕切りはいずれお年頃になってから・・・
こちらの柱に一工夫で子供達の各々の理想の部屋に変化。


 

初めから立派な仕切りを作ってしまって、取り壊してという無駄なコストを使わずに済みますし、10年後にD.I.Yで作る時には、技術も上がっていて無駄なく安く作れる事となるでしょう!

さぁもう「コストダウン」に対して「妥協してる」とは言わせません!

 

コストダウンライフ イズ ビューティフル!

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!