検索

静けさと美しさの国・スウェーデンより。注目ブランド『ラ・ブルケット』

一昨年旅をする中で出合ったスウェーデン発のブランド『L:a Bruket(ラ・ブルケット)』をご紹介!

 

こんにちは。久々に今日は雨!

 

最近お天気がよかったから、すっかり梅雨ってものを忘れていました。

そういえば、あったよね~そんな季節。日本らしさを感じる部分でもあるので雨は雨で楽しみたいです。

今日は、特別な思い入れのあるブランド『L:a Bruket(ラ・ブルケット)』のお話。

 


 

スウェーデンから日本に再上陸した大好きなブランドです。

スウェーデン西海岸の街、ヴァールベリという地方の海塩を使ったバスソルトや

日本ではあまり見ないようなコリアンダー&ブラックペッパーの香りのシャンプーなど

その土地らしさがめちゃめちゃ詰まっています。

古くから伝わる伝統的スパ療法をベースにし、2010年に創設されたオーガニックスキンケアブランド。

 

 


 

なぜ、特別な思い入れがあるかというと

一昨年、私は始めてストックホルムに行きました。

 

北欧そのものに行ったことがなくて、行く前までは写真を見ても気候や雰囲気が全然想像がつかなかった。

 

でも、行ったらそれはそれは美しい街で、いくつもの島からできた街なので水辺がたくさんあり、

自然が活かされた街の作りの中に、たくさんの文化が入り混じっていて(ストックホルムは移民も多い)

長い冬を越すためのインテリアや食器、照明などかわいいものがたくさんある、そりゃあ素敵なところでした。

 



 

11月に行ったので超寒かった!凍るかと思ったのですが、その澄んだ空気が街をより一層美しく見せてくれるだよね。

 


 

それまでの私は、旅行で行ったことのある国はどちらかというと都会派、というか

刺激を受ける国だったんです。ニューヨークによく行ったり、パリ、ベルリン、などちょっと行ったらワクワクして眠れなくなるようなアッパーな都市でした。

 

だけどストックホルムに行ってみたら、静けさを味わう、家でゆっくりするそんな過ごし方がすごーくそ

の時の私にはしっくり来たんです。ひっそり、エネルギーを溜めるような過ごし方だけど美しいものはたくさんあるし、その環境の中で味わう時間がとても心地よかった。

 


 

その旅の中で見つけたのが『ラ・ブルケット』でした。

 


 

ストックホルムのおしゃれな地区、セーデルマルムにもお店があって、可愛いお姉さんが接客してくれます。

 

特に注目したいのは海塩を使ったシリーズです。

バスソルトやスクラブに使われている海塩はまさに海からの恵み。

 

 


 

梅雨のだるさを取ってくれるようなミントが入ったバスソルトはこの時期におすすめです。

お花やハーブが入ってい種類もあって、見た目もとてもきれい!

 

さすが、寒い地方の海のお塩だけあり、身体がぽかぽかあたたまってお風呂を出た後も持続します。

ボディスクラブにもこのお塩が使われているのですが、このスクラブ、すご~~くいい香り。

 


 

バラの香りが広がって格別なバスタイムを楽しむことができます。お風呂の外でスクラブをして、そのままザブン!と湯船に入るのもいいかも。

 

余談ですが、北欧の人たちは暑いサウナに入ったあとにそのまま海や湖に入って寒暖の差を楽しむそうです。

私もヘルシンキでやってみたけどものすごく気持ちよかったです!

 

それから、北欧の文化で欠かせないものといえば、キャンドルです。

冬が長い北欧ではキャンドルに灯りを灯して部屋の中を明るくしたり、照明器具をかわいいものに

したり、灯り、に関する文化がものすごく発展しています。

 

私も始めてストックホルムに行った時に、灯りの展示を見て感動したのを覚えています。

梅雨の寒さを感じる時期に、キャンドルはぜひ取り入れてほしいもののひとつ。

 


 

私は少し深みのある香りが好きなのでこの香りをチョイス。

アイテムの香りや、スクラブの触り心地、ぜひ体感してほしいなと思います。

青山にできたばかりの路面店で、実際に見れるのでぜひ行ってみてください♪

 

一軒家だから落ち着いてゆっくり見られますよ~。

 

ちなみに、これからの時期、スリミングが気になる方にも海塩の入ったスクラブやバスソルトはとてもおすすめです!

その土地の文化に根付いたこんなブランドが日本にお店ができて嬉しい!

ストックホルムへの愛について書いていたらまた今年も行きたくなってきてしまいました。

 

では、またね!

 

 

http://fudge.jp

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!