検索

【チケットプレゼント】『ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ー メタモルフォーシス』ー煌めくジュエリーや美しいガラス彫刻の裏側ー

現在、パナソニック 汐留ミュージアムでは『ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ー メタモルフォーシス』が開催中! 本展覧会ではキュビスムの創始者であるジョルジュ・ブラックが、最晩年に取り組んだ「メタモルフォーシス」シリーズを、日本で初めて本格的に紹介しています。

 

ジョルジュ・ブラック 晩年の境地


 


 

キュビスムの創始者であるジョルジュ・ブラック。
20世紀初頭、パブロ・ピカソとともに対象物の立体的な全容を平面上に表現するために、分割と再構成という手法で革新をもたらした重要な画家として知られています。

本展覧会は、これまで日本ではほとんど紹介されてこなかった、ブラックが最晩年に取り組んだ「メタモルフォーシス」シリーズの一連の作品群が、絵画を含めてまとまった形で約90点も来日し、日本で初めて本格的に展示する大変貴重な機会です。
メタモルフォーシスという言葉は…「変身」「変容」という意味。

ブラックの絵画作品から発展させ、陶磁器、ジュエリー、彫刻などの装飾芸術に至る様々な形態への移り変わりが感じられるとともに、彼の絵画から立体への昇華や、最終的な目的である“すべての造形物への美化への挑戦”を汲み取ることができます。

 

 

美麗な立体への飽くなき探求

 

 

 

右)ジョルジュ・ブラック トリプトレモス(部分)ブローチ(金とルビー) サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

 

絵画である二次元作品から三次元に変容させるブラックの情熱は、ジュエリー作品に加えて、ガラス彫刻、陶磁器、タピスリー、ステンド・グラス他、装飾芸術に至る様々な形態へと変化させていきます。モチーフは一緒でも様々な表情を見せてくれるプロダクトから、素材と形態の組み合わせを変えながら永遠の命を与えようとする試みが感じ取れることでしょう。
ブラックの絵画が貴石と貴金属によって立体に変容した様子を目にした、フランス文化大臣のアンドレ・マルローが「ブラック芸術の最高峰」と絶賛したジュエリーの数々においては、崇高な彫刻とも言えるほどに、貴石や金属の美しさに魅了された画家の美への飽くなき探求が結実しています。

 

 

絵画作品や平面作品にも注目

 

  

 

本展覧会では、ジュエリーをはじめとする三次元に変容した作品紹介していますが、その原点となるジョルジュ・ブラックの画業の重要な遍歴を辿れるような構成になっています。
最初の作品といわれている18歳の頃に描かれた《モンソー公園》をはじめ、貴重なキュビスム絵画《静物》が出品される他、「メタモルフォーシス」の制作活動の根幹である平面作品も紹介されています。
第1章に展示されている一連のグワッシュ画は、その後の立体作品が作り出される下絵となり、晩年のブラックによるエネルギーを込められた躍動的な作品群です。

 

ブラックの人生もメタモルフォーシス

 

 

右)ジョルジュ・ブラック ペルセポネ 陶器 サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

 

81歳で亡くなるまでの3年間に取り組んだ「メタモルフォーシス」シリーズ。
そこに至るまでの彼の人生を思うと、まさに「変容」の一言に尽きます。

少年時代は家業をついで装飾画家としての修行を積み、18歳でパリ・モンマルトルに住みながら夜間講座で油彩画やデッサンを学びながら最初の淡い色彩の作品を手掛けたり、フォーヴィスムの影響を受けて色彩豊かな作品を描いたり…そして、セザンヌとピカソから影響を受けてキュビスムを創始するとモノトーンの作品を制作するなど、その画風を一つずつ紐解いていくと彼の変化をたどることができます。そして、そのキュビスム絵画を探求していくにつれ、鑑賞品を超えて装飾品として生まれ変わっていく様子も変容と言えるでしょう。

本展覧会は、ブラックの集大成ともいえる晩年の境地にフォーカスしていますが、そこへの道のりに想いを馳せながら鑑賞してみてください。

 

 

【情報】

ジョルジュ・ブラック展絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス

会期:2018年4月28日~6月24日

会場:パナソニック 汐留ミュージアム

住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階

時間:10:00~18:00

休館日:水曜日

観覧料:一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中高生500円、小学生以下は無料

※5月18日(金)国際博物館の日は入館無料会場

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!