検索

吉田 羊主演、人気放送作家・鈴木おさむが初監督を務めた、大人のラブコメ『ラブ×ドック』が公開。

女性の本音が詰まってる!? 笑って泣けて恋がしたくなる、“大人のための”ラブコメ誕生。遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブストーリー!

©2018『ラブ×ドック』製作委員会

 

人気コミックの映画化作品や、若手俳優共演の胸キュン学園モノなど、巷ではラブコメ映画が続々公開中。そんな中、今回ペルル読者にオススメしたいのが、5/11公開のラブコメディ『ラブ×ドック』です。主演を務めるのは、映画やドラマに引っ張りだこの人気女優・吉田 羊。ダメな恋愛を繰り返す、恋愛体質のアラフォー女性を熱演しています。

 

遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブストーリー

©2018『ラブ×ドック』製作委員会

 

<ストーリー>

とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日、このクリニックを訪れた人気パティシエの剛田飛鳥。彼女は人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医・冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、 特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる!?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブストーリー!

 

吉田 羊が恋愛体質のアラフォー主人公を熱演

ラブコメディというと、物語の設定が気になるところですが、本作は、“遺伝子レベル”で自分の恋愛をコントロールできるのか!? もし、そうすることができたら、どうなっちゃうの!? という、異色の設定が注目ポイント。「もし、どの恋が上手くいくか分かったら、傷付かなくていいのに…」という主人公の心の声は、ダメ恋愛を繰り返す飛鳥まではいかなくとも、誰もが感じたことのある本音ではないでしょうか。遺伝子レベルで恋愛タイプを解析する恋愛クリニックを訪れた主人公・飛鳥の恋は、いったいどう展開していくのか…。

©2018『ラブ×ドック』製作委員会

 

野村周平、玉木 宏ほか、人気男優陣が豪華共演

そして、主人公・飛鳥が恋する相手というのが、個性豊かなキャラクター揃い。既婚の元上司や、15歳も年下の若過ぎる彼だったり、親友の好きな人だったり…と、恋の予感がしてもすんなりと上手くいかない相手ばかり。そんな彼らを演じるのは、野村周平、吉田鋼太郎、玉木 宏という、各世代に人気のある豪華な俳優陣。そのほか、飛鳥の親友役に、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子など、意表を突いたキャスティングも見どころ。

 

©2018『ラブ×ドック』製作委員会

 

鈴木おさむの初監督作。加藤ミリヤのラブソングが物語とシンクロ

本作の監督を務めるのは、数々のバラエティ番組の構成を手掛けるほか、ベストセラーとなった「ブスの瞳に恋してる」などのエッセイや小説の執筆など多岐にわたり活躍している、鈴木おさむ。人気放送作家ならではの、テンポの良い展開、笑って泣けて元気をもらえるストーリーは、共感度バツグン!そして、物語とシンクロする音楽も、映画の見どころならぬ、聴きどころ。ファンとともに大人の女性に成長したラブソングの女王・加藤ミリヤが、初の「ミュージックディレクション」として参加し、主題歌も手掛けています。

 

女性の本音が詰まった映画『ラブ×ドック』は、まさに大人のためのラブコメディ。リアルな恋愛観を持ちながらも、ちょっぴりファンタジックに展開していく恋模様を、ぜひ劇場でお楽しみください。

 

 

 

■公開情報

『ラブ×ドック』
2018年5月11日(金)、全国ロードショー

©2018『ラブ×ドック』製作委員会

監督・脚本:鈴木おさむ 
出演:吉田 羊、野村周平、大久保佳代子、成田 凌/広末涼子、吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏

配給: アスミック・エース

http://lovedoc.asmik-ace.co.jp/

 

©2018『ラブ×ドック』製作委員会

公式HP

http://lovedoc.asmik-ace.co.jp/sp/

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!