検索

みんなが幸せになれる。”言葉のチカラ”で綺麗に!

皆さんの普段の口癖ってどんなものですか?自分が発する「言葉のチカラ」は気持ちだけなくお肌にも影響するかもしれません。知らないうちにどんどん綺麗になれてしまう、今から即実行できる美容テクニックをご紹介。

 

言葉がその人の姿を左右する!?

家に帰った途端、「あ~疲れた」なんてため息をつくこと、ありませんか?

でも、そんな口癖が自分を老けさせるとしたら?…実は、無意識に発する言葉はそのまま脳に跳ね返り、その人自身の姿や人生を、知らないうちに変えているというのです。

 

国内外の学者が「言葉と脳の関係」を研究しまとめた本も一時期話題になりました。ここでは「自分を磨きより美しく演出する言葉」について大追及!どんなコスメよりスキンケア効果ありの言葉のチカラを身につけましょう。

 

 

発した言葉が自分に跳ね返るメカニズム

 

日本の某・医学博士の著書によれば、無意識に発する言葉、いわゆる”口癖”はひとつの習慣であり、やがて無意識のうちに行動を支配するとされています。

普段から「私ってバカなの…」などと言っていると、その言葉はやがて口癖となり、果ては脳に「私はバカなのだ」とインプット。自律神経に影響して何度もミスを連発するようになる…それが、言葉が自分に跳ね返るメカニズム。

 

言葉が自分の姿に影響するなんて、ちょっとこわい。今までの自分を反省したくなりませんか?

 

 

 

綺麗への近道は「自己催眠」

綺麗になるのも老けるのも言葉次第。今から即!自分に言葉の栄養を与えてあげて。その最良策が「自己催眠=イメージトレーニング」。ダイエットだって成功間違いなしです。

 

 

言葉で綺麗になるトレーニング

1.毎朝、鏡に向かって自分を褒めよう
2.「疲れた」→「よく頑張った」に。「何も上手くいかない」→「今度こそ上手くいく」の要領で口癖をポジティブに変える
3.化粧品は「本当に効果あるの?」と思いながら使うより「絶対綺麗になる」と念じて使う方が数倍効果的
4.「太ったからこの服は着られない」と思わず「来月には着るぞ!」と強く思うことで、体は活性化するのだそう

何気なく発するネガティブな言葉も、ポジティブな言葉も、私たちの脳に跳ね返ります。

 

 

 

人を褒めるほど「美オーラ」が身につく

次は自分自身に発する言葉ではなく、他人に向けて発する言葉のチカラで綺麗になる、魅力UPテクをご紹介します。


言葉と脳の関係について研究していた、あるアメリカの医学博士は「美しい人や輝いている人ほど、人を褒めるのが上手い」と気づいたそうです。

”どんなに些細なことでも相手の魅力を褒めることで、その感情や言葉は同じく自分に返る”というメカニズム。
まさに他人は自分の鏡というわけですね。

 

 

褒めると綺麗になるメカニズム

人を褒めると、なんだか相手だけが得をするような気がしてしまいがちですが、実は逆!他人に向けた言葉であっても、自分の脳や自律神経系は”自分への言葉”として受け取るのだそうです。

例えば、友人に「いつもステキね」と褒めた場合。
その”いつもステキ”は自律神経系が自分への言葉として判断し、脳が”快”を意味するホルモンや成長ホルモンなどを分泌して綺麗になれるという仕組みです。

もちろん、他人を褒めるということは”いつも褒めてくれる優しい女性”というイメージUPにも繋がるわけで、「他人を褒めると綺麗になる」と言われるのもうなずけますね。

 

 

言葉とともに笑う努力を

 

言葉の力をご覧いただいてきたところで、もうワンランクUPする綺麗テクニックをマスターしましょう。
それは、"人と話すときにできるだけよく笑うこと!"

 

 

笑うことがもたらす効果

・脳内ホルモンの分泌が盛んになりストレスや痛みを緩和する
・内臓機能が向上する
・血流が促進される
・脳内にα波が増えてリラックスできる
・相手の笑顔を見ることで、より効果が倍増する

…など、沢山あると言われています。人をhappyにして自分も綺麗になれてしまうだなんて、いいことづくめだと思いませんか?

 

 

 

まとめ

 

自分を上げるも下げるも言葉次第。普段から何気なく発する言葉の怖さを知ると同時に、その美容効果にもビックリですね。

 

”言葉のチカラ”を使いこなして、コスメにもオシャレにも負けない、その美的パワーを実感しましょう!

 

 

 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!