検索

体が硬いと老化を促進!?ストレッチでしなやかな体になろう

寒いときってついつい首や肩に力が入ってしまいますが、この状態はダイエットにとってマイナスになってしまう危険があるんです。さらにお肌の老化の原因である「糖化」まで促進してしまうのだとか! 体をほぐしてしなやかラインを作るストレッチをご紹介します。

体が硬いと、やせにくい。

 

筋肉は力を入れると短く縮こまろうとしてしまいます。
知らない間に身体に力が入りっぱなしになってしまうと、その縮こまった状態で筋肉が固定化され、「筋肉自体があまり自由に動けなくなる」「関節の動く範囲も狭まってしまう」という状態に。

これがいわゆる「体が硬い」という状態。筋肉が自由に動かないため、その分消費カロリーが増えず、血流も滞ってさらに消費カロリーも減ってしまう、という代謝を下げる状況になってしまいます。
「身体が硬いとやせにくい」というのはそういった仕組みなんです。

 

 

硬いとお肌の"糖化"も進む!?

 

また最近、体が硬いことがお肌の老化にもつながる可能性が指摘されています。

お肌の老化は、お肌をつくるコラーゲンといった結合組織が”糖”と結びつく「糖化」が一因であることがわかってきました。
そして、この糖化した状態がストレッチによって改善することが確かめられてきたのです。

つまり、体が硬くてあまり動かされないままだと、お肌などの結合組織は「糖化=老化」が進む一方。
しかしそれをストレッチなどの運動で引き伸ばすことで改善できるということ!体のしなやかさって、ダイエットにも美容にも影響があるんですね。

 

 

体のしなやか度チェック

 

体の硬さは、元々の関節の構造や筋肉の性質などに左右される部分もありますが、普段の生活習慣も大きく影響してきます。
あなたの体は大丈夫かどうか、以下でチェックしてみましょう。

□一日中、同じ姿勢(立ち仕事やデスクワーク)でいることが多い
□クルマ移動が中心の生活である
□階段よりもエレベーター・エスカレーターを探してしまう
□ハイヒールを履いている時間が長い
□掃除や洗濯などは機械の力に頼りっきりである
□慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている
□ストレッチは昔から苦手

どのチェック項目も、筋肉や関節が動かない状態が固定化されていってしまいますから、チェックが多く入った人ほど体がカチコチの可能性大です。

でも、大丈夫。このあと紹介するストレッチを続けていけば、だんだん体がやわらかくしなやかになっていきますよ。

 

 

しなやか筋肉育成ストレッチ

それでは日々のストレッチを習慣にして、「普段は細くて柔らか&必要なときにはキュッと引き締まる」しなやかな筋肉&メリハリボディを目指していきましょう!

 

ただし、どのストレッチも力みすぎては逆効果。ゆったり呼吸でリラックスして、”イタ気持ちいい”伸びを感じるようにしてください。

 

 

わき腹のストレッチ

(1)体の左側を下にして横向きになり、左腕を垂直に床について上体を起こします

(2)右足を左ももの前に触れるよう置いてひざを立て、右手をお腹の前についてバランスをとります

 

 

(3)わずかに前方に体重をかけたり、上体を起こす角度を微調整したりしながら、床側のわき腹に伸びを感じる姿勢で30秒~1分間ゆっくりと呼吸を続けます
(4)反対側も同様に行います

わき腹は、普段のクセで左右のどちらかが硬くなりやすい部位でもあります。その場合は、硬くなっている側をより意識して行うといいでしょう。

 

 

タオルストレッチで美脚ライン!

続いては、タオルを使って、脚の裏側の筋肉を伸ばしていきます。普通の手ぬぐいタオル1枚で効果的なストレッチができるんですよ♪

 

 

ふくらはぎのストレッチ

(1)床に脚を伸ばして座り、右ひざを立てます

(2)左ひざも軽く曲げ、左足の指のつけ根付近を包み込むようにタオルを掛けて、両端を手で持ちます

(3)背筋を伸ばしたまま体重を後ろにかけて体を倒しつつ、タオルを引っ張る強さを調節し、ふくらはぎの真ん中あたりに伸びを感じるところで30秒ほどキープします

(4)タオルを引っ張る力を少し緩めて、今度は左ひざをまっすぐ伸ばし、ふくらはぎの上のほう(ひざ寄り)に伸びを感じるようにタオルを引く力を調節しながら30秒ほどキープします

 

 

※脚は多少、床から浮いてもOK。
(5)左右を入れ替えて同様に行います

 

 

もも裏のストレッチ

(1)床に仰向けになり、左脚をまっすぐ上に伸ばします

(2)左のかかとを包み込むようにタオルを掛けて、両端を手で持ちます

(3)おしりが浮かないように気をつけながら、タオルを徐々に引き寄せます

 

 

 

(4)もも裏に伸びを感じるところで30秒~1分間キープしたら、反対側も同様に行います

 

 

さあ、柔らかしなやかな筋肉を手に入れて、女性らしさを感じるメリハリボディを目指しましょう!

 

 

 

 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!