検索

【チケットプレゼント】『生誕150年 横山大観展』 ーオール大観!代表作を網羅した大回顧展ー【MiLuLu】

【MiLuLu】では巷で話題の映画作品や美術展をご紹介!現在、竹橋・東京国立近代美術館にて開催中の『生誕150年 横山大観展』。近代日本画の巨匠・横山大観の代表作を網羅的に紹介しているだけでなく、数々の新出作品や習作などの資料を展示している本展覧会をご紹介します。

横山大観とは?

横山大観ポートレート(昭和8年頃)  写真提供:横山大観記念館


明治から昭和にかけて近代日本画の巨匠として知られている、横山大観(1868〜1958年)。
1868年(明治元年)に茨城県水戸市に生まれ。17歳の頃より鉛筆画を学びます。

1889年東京美術学校(現・東京藝術大学)創設にあたり、親の反対を押し切って第1期生として入学。その後、東京美術学校に学び、師・岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院創設に参加。横山大観は新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。

1958年89歳で亡くなるまで存在を発揮しつづけ、皇室からの制作依頼を積極的に受けるほか、画壇での評価も高まり人気作家として地位を確立していきました。

 

 

本展覧会の見どころ

 

 

本展覧会では、40メートルを超える日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)が一挙公開されてるだけでなく、夢幻の世界へと誘ってくれる《夜桜》や、鮮明な色にプラチナが輝く《紅葉》など、絢爛豪華な横山大観の代表作が展示されます。

さらに注目して欲しいのは…観音の描写が精密な《白衣観音》やハレー彗星を水墨画で描いた《彗星》などの、100年ぶりに発見された新出作品や習作などの資料をあわせて紹介しており、制作の過程から大観が追い求めた芸術の本質を探ることができます。

 

 

変容していく画風


 

現在では高評価を得ている横山大観ですが、輪郭をぼかした画風は「朦朧体」と呼ばれ、当時の画壇からは批判されました。その後、仲間たちと研究を続けますが、画壇からは全く評価されず、困窮の日々が続いてしまい、日本美術院は崩壊。そんな中、親友・春草や師・天心が亡くなると、大観は在野における日本画のリーダーと目されるようになります。
その頃の作品である「群青富士」は、琳派の影響を受けた装飾的な画風です。

 

 

筆運びが読み取れる情熱と遊び心

 

 

横山大観が活躍した時代は、明治維新から近代国家へと移り、西洋文化の煽りを受けていくなか、西洋諸国に恥じない芸術の体裁を整えようと洋画が成立し、その一方でそれまでの日本画が衰退していくなど…日本の美術史は大きく動きました。西洋から様々なものや情報が押し寄せるなか、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試み、また主題についても従来の定型を脱してみせました。

こちらの写真は大観の作品に出てくる動物たち…日本画特有の艶やかな美しさだけではなく、不思議なポーズを取っており、愛いらしさも兼ね備えている表現にも注目してみてください!
こうした遊び心も忘れない手法はさらなる広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を展開していきました。是非、大観の柔らかな筆跡や繊細な画風をこの目でお確かめください。

 

 

【情報】

 

『生誕150年 横山大観展』

 

《東京展》
会期:2018年4月13日〜5月27日

会場:東京国立近代美術館

住所:東京都千代田区北の丸公園3-1

電話番号:03-5777-8600

開館時間:10:00〜17:00(金土〜20:00) ※入館は閉館の30分前まで

休館日:月(ただし4月30日は開館)

料金:一般 1500円  / 大学生 1100円 / 高校生 600円 / 中学生以下無料

 

【プレゼント応募】

本展覧会の無料鑑賞券をプレゼント致します。

件名に【『生誕150年 横山大観展』チケットプレゼント】に加え、下記の情報を記入の上、info@pelulu.jp宛にメールにてご応募下さいませ。

  • 名前(漢字/カナ)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • Q1:pelulu.jp内で今までで面白かった記事3つをあげるとしたら?
  • Q2:今後pelulu.jpで取り上げて欲しい記事を3つあげるとしたら?

応募締切日:5月13日

プレゼント当選者は発送をもって代えさせていただきます。

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!