検索

グッドルッキンなステーショナリーで、デスクワークをハッピーに!

お気に入りのものに囲まれたデスクで気分も上々!

 

あっという間に4月も終わり、ようやく新生活にも慣れてきたという方も多いのでは?

 

慣れてくるとマンネリになりがちなデスクワークには、キュートなステーショナリーが救世主。

目に入るものをお気に入りで取り揃えて、今日も楽しく乗り切りましょう!

 

 

機能性とデザイン、どちらも叶える!DELFONICSのステーショナリー


 

buroカードファイルミニ各¥630、カードファイルS各¥1,400

BIC クリックゴールドボールペン各¥150

 

「buro(ビュロー)」のカードファイルはロゴが目を引くシンプルなデザイン。塩化ビニール素材の表紙は丈夫で長く使え、ポケットはミニで40個、Sサイズで120個と、かさばりがちな名刺やクレジットカード等をすっきりと収納できます。発色のよい鮮やかなカラーバリエーションは全8色と豊富。仕事用とプライベート用で2冊用意し、色を分けて整理するといった使い方も楽しめます。

 

フランスの筆記具メーカー、BIC(ビック)のノック式ボールペンは、色鮮やかなカラーバリエーションが見た目にも楽しませてくれるアイテム。手帳や胸ポケットに差して使うと、ゴールドのパーツがのぞくのがポイントです。インクは発色の良いシンプルなブラックで使い勝手も良く、ボディが軽いので長時間使用しても疲れません。コンパクトなサイズで、手帳に合わせて持つボールペンとしても。デザインも機能性も抜群なアイテムです。

 

『DELFONICS』ステーショナリーの記事はこちら

 

 

大切なあの人に届けたい、『PAPIER LABO.』のカード


 

HOUSE ENVELOPE(RED/GOLD)¥550

 

贈り物上手な知り合いは、ギフトと一緒にいつもカードを欠かさない。それは長文ではないのだけれど、きっと吟味して選んでくれたであろうカードにしたためられた手書きのメッセージはなによりも嬉しいサプライズ。いただいたプレゼントはメッセージと一緒に思い出となって、その価値をかけがえないものにしてくれる。

 

受け取った時の嬉しさを知ってからは、雑貨屋さんに訪れた時や一期一会の旅先ではレターセットやカードをせっせと集めるようになった。ステキなものはいざ必要という時には中々出合えないものだから、偶然に見つけたり、誰かからいただいて気に入ったら即手に入れるのがコツ。

 

 

 

紙と紙にまつわるものの専門店『PAPIER LABO.』(パピエラボ)は友人からもらったカードから、知ったお店のひとつ。確かな審美眼で世界中から集められてきたものから、オリジナルのアイテムまでバラエティ豊かなラインアップで、ほかにはない逸品が見つけられるはず。

 

定番アイテムの「HOUSE ENVELOPE」は、家型の封筒と二つ折りカードのセット。封筒は手触りを感じるオフホワイトの紙、カードは厚みのある純白の用紙を使用している。ふちの印刷には活版印刷のオーダー受け付けている『PAPIER LABO』ならではの技術を用いて、洗練されたセンスに温かみを感じるデザインに。きちんと感もあるカードのセットは、お祝い事の贈り物に添えるのにも◎。次にギフトを贈るときには、慣れないペンを取って一言二言でいいからカードのメッセージも忘れずに。

 

『PAPIER LABO.』カードの記事はこちら

 

 

デスク周りをおしゃれに変える、ヴィンテージ風のカードストッカー。


 

ヴィンテージ風のカラーが目を引くおしゃれなボックスは、道具箱?アクセサリーケース?いえいえなんと名刺を収納するカードストッカーなんです。

 

福岡発の文具・雑貨メーカー、ハイタイドのオリジナルブランド『penco』(ペンコ)のアイテムはダウンタウンのブックストアで見つけたような、ちょっと懐かしくてアナログ感のあるラインナップが魅力。事務用品のカードストッカーもインダストリアルなカラーリングでおしゃれにアップデートされ、デスク周りもこだわりたい人も納得の一品に。

 


ペンコ カードストッカーS(400枚)各¥1,400

ペンコ カードストッカーL(600枚)¥1,800

 

日々増えていく名刺やカードは、ファイル式のものだとカナ順に並べた名刺の入れ替え作業が面倒だったり、スマホや便利な機能を使って情報を登録しても結局見返すこともなかったり。シンプルなカードストッカーなら、カナ順に入れ込むだけなので管理はとても楽チン。例えばショップやレストランなどお客様の情報が大量にある場合はボックスのカラーごとにカテゴリを分けて整理すれば誰にとっても簡単でわかりやすく、底には滑り止めが付いているので重ねることもできる、優秀な一品。

 

『penco』カードストッカーの記事はこちら

 

 

 

人気アーティストの平山昌尚さんがアートワークを手がけた段ボールで、収納をもっとおしゃれに。


CORRUGATED CARTON-3PCS-(H30×W40×D33)¥2,300

※ダンボールの規格で120サイズ

 

紙と紙にまつわるプロダクトをコンセプトにした雑貨屋『PAPIER LABO.』(パピエラボ)があるのは、渋谷区神宮前。一歩足を踏み入れるとそこにはどこか懐かしく、けれど新しい心地よい紙の世界が広がる。

 

店内に並ぶ紙類やその周辺にあるプロダクトは世界中からセレクトされてきたものであったり、国内外のアーティストと一緒に作ったオリジナルのプロダクトも多い。例えば絶妙な力の抜け加減のイラストが魅力的な、LINEスタンプなどでも人気のアーティスト・平山昌尚さんとは段ボールを一緒に製作。シンプルだけどディテールまでこだわった段ボールは、手の届いていなかった生活の一部分をおしゃれに変えてくれる。

 

白地に広がる黒色の点々のデザインは、ごま塩をイメージしたそうで平山さんらしいユーモラスなエッセンスが粋な楽しさ。イラストは天地にも印刷された全面総柄になっていて、どの置き方でも均一的に見えるのでインテリア性の高い仕上がりに。

 

 

衣替えをした洋服や使用していない雑貨類を収納するのに使用していたどこかの会社の郵送用の段ボールは、クローゼットの中にしまいこんでいても見るたびになんだか気持ちが下がらせるもの。今まで余裕がなくて手の届かなったり、「とりあえず、これで」と妥協していた部分を変えると室内空間はより心地よく、お気に入りの場所になるはずだ。

 

「CORRUGATED CARTON-3PCS-」はそのまま置いておいてもサマになるので、見せる収納にもおすすめ。ストック置き、書籍入れ、おもちゃケースなど、様々な用途で活躍してくれそう。また3パックになっているので、統一して使用すればごちゃごちゃになりがちな収納も、スッキリとおしゃれに片付けられる。大切な人へ物を送る際にも梱包に使ったら、ステキな段ボールで受け取った人の喜びもひとしおに。

 

PAPIER LABO.×平山昌尚のコラボ段ボールの記事はこちら

 

 

 

万年筆デビューの一本に。デザイン、機能、プライスまで優秀な『LAMY』

サファリ万年筆各¥4,000/LAMY

 

 

1930年ドイツの美しい古都ハイデルベルグで誕生した『LAMY(ラミー)』。そのユニークなデザインでドイツのみならず、世界中の筆記具市場に新風を吹き込みました。

 

数ある商品のなかでも、この万年筆「ラミー サファリ」は世界中の筆記具ファン、特に若年層から絶大な支持を集めるシグネチャーアイテム。万年筆というと、使い方が難しそう、重くて手が疲れそう・・なんてイメージはありませんか?「ラミー  サファリ」は軽量で手に馴染みやすく、滑らかな書き心地でストレスを感じません。しかも4000円という手頃な価格帯なので、初めて万年筆を使いたいという人には入門編の一本としてオススメです。

 

 

レッドやイエロー、ブルーなど、使っているだけで気分が明るくなるようなポップなカラーリングも魅力の一つ。さらに注目を集めるのは毎年発売される限定カラー。2017年限定カラーはブルーとグリーンにグレーを絶妙に混色した“ペトロール”。マットな質感のペトロールカラーのボディにブラッククリップのシック組み合わせが、サファリシリーズ発売当初のレトロな雰囲気を漂わせています。

 

ペンはファッションのアクセントとしても最適。ダークトーンのコーディネートに差し色としてイエローのサファリを胸ポケットに挿してみたり、手帳やバッグとの色合わせを楽しんでみたり。いつものコーディネートをさらに楽しくする、ファッションアイテムとしても頼りになる名品です。

 

『LAMY』万年筆の記事はこちら

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!