検索

畳の部屋を、和風テイストなおしゃれなワンルームに【プチDIY女子達のお部屋案内】

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.1 - 整理収納アドバイザー 小林由未子さんの整理整頓の行き届いた、6畳の和モダンな暮らし

 

 

整理収納アドバイザー、小林由未子さんのご自宅は、木造アパートの2階にある和室。整理整頓の行き届いた驚くほど居心地になった純和室を紹介します。

 

人気の中央線で見つけた、「絶妙」な和のアパート

「都内で、最低限お風呂とトイレがあって、なるべく安いところ」を探して見つけたのは、畳に砂壁の昔ながらの和室。女性のひとり暮らしだったら、中身を見る前に敬遠してしまいそうですが、実際にお部屋にお伺いしてみると、なんとも「絶妙」な間取りに唸りました。

 

 

 
お住まいは、6畳の和室に、キッチン、シャワールームとトイレのある築40年超のアパートです。
壁一面が大きな窓になっていてとっても明るい!和室は2面採光で、キッチン、お風呂側にも窓がある贅沢な間取り。小林さんは「この間取りに心奪われて」引越しを決意。窓が大きいところがとっても気に入っているそうです。

 

徹底的な整理整頓の秘訣は?

引っ越して来たときは、テレビもなかったという小林さん曰く、「家具は、困ってから買うようにしているんです」。そして、なくて困ったものはというと、洗濯機、そして、寝込んだ時に眩しすぎて困ったということで、カーテンだったそうです。それほど陽当たりがいいお部屋とは、羨ましいですね。

 

 

和の雰囲気に、木の家具ってよく似合いますね。

 

 

キッチン道具もよく吟味してから買いました

気に入って使っている道具を並べてもらいました。右上から、クリステルのステンレス鍋、ご飯炊きに使っているstaubのココット、鉄のフライパンはCOCOpan。鍋とフライパンは両方取手が取り外せるもので、「収納しやすいというより、圧倒的に、洗うのが楽なんですよ」と。なるほど。

 

家具以外床にない部屋

では、どこにあるかというと、「空中に浮いている」ということです。

 

つっぱり棒づかいが巧み!敷きっぱなしにしがちなバスマットも、使わないときは床におかない。
和室特有の「長押(なげし)」には専用のフックを買ってきてハンガーをかけます。長押フックは100均購入。
携帯の充電も、空宙に浮いてます。

 

嫌いな掃除が、できるだけ手間にならないように、いろんな工夫がたくさんある小林さんのお部屋。その結果、隅々まで美しく整った居心地のよいお部屋が完成するって、素敵な話だなぁと思いました。同じく掃除が得意でない私は、すっかり勇気をもらって帰ってきました。まずは100均に行って、フックとつっぱり棒を買うところからスタートですね。

 

小林由未子さんのHP、ブログ、Instagramアカウントはこちら
http://chigayado.jp/
https://chigayado.exblog.jp/
https://www.instagram.com/chigayado_room/

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!