検索

【チケットプレゼント】『プーシキン美術館展――旅するフランス風景画』ーフランス近代風景画の旅に出かけよう!ー【MiLuLu】

【MiLuLu】では巷で話題の映画作品や美術展をご紹介!現在、東京都美術館にて開催中の『プーシキン美術館展――旅するフランス風景画』では、珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀にかけて描かれた風景画65点を鑑賞することができます。一瞬を描いたフランス風景画に心奪われる本展覧会をご紹介します。

旅するような展示構成

 

 

 

珠玉のコレクションを所蔵していることで知られているモスクワのプーシキン美術館。古代エジプトから近代までの絵画、版画、彫刻を収蔵し、印象派を中心とするフランス近代絵画コレクションは世界屈指と言われています。本展覧会は、プーシキン美術館より“風景画”をテーマにし、初来日となるモネの《草上の朝食》をはじめ、ルソーの《馬を襲うジャガー》のほか、ロラン、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンのフランス近代絵画65点が来日します。初夏の爽やかな風が吹き抜ける上野で、巨匠たちが愛した光と色彩が躍る、美しい風景を楽しめる「旅」をどうぞお楽しみください。

 


風景画の展開

 


 

風景画…現在では美術のジャンルとして確立しており、まるで絵画と同時期に誕生したかのように思えますが、クレタ島の宮殿壁画やポンペイの中のフレスコ画を除けば、17世紀まで確立していませんでした。本展覧会の第一部では、17世紀末の神話や聖書の物語を題材にした風景画にまでさかのぼり、19世紀からヨーロッパでは自然主義が主流となった、自然への賛美が感じられる情景を切り取った風景画に触れています。
写真(右)のクロード・ロラン《エウロペの掠奪》は、フェニキアの王女エウロペに一目惚れしたゼウスが白い牡牛に姿を変身し、侍女たちと花を摘んでいたエウロペに近づいて、一瞬にして彼女を連れ去ってしまうシーンを描いた作品。暴力的な場面とは対照的に美しい自然が広がっている背景には、風が波を立てる様子や大きな木々、洋上の船などが丁寧に描かれ、理想的な風景が生み出されていますね。

 

 

印象派以降の風景画

 

クロード・モネ《草上の昼食》 1866年 130×181cm 油彩・カンヴァス


本展覧会の第二部では、風景画に描かれている場所に着目した構成になっています。19世紀中頃から「パリ大改造」が行われた忙しない大都市パリの街並みや、鉄道網が発達したことからレジャーを楽しみ郊外に目を向けた作品。さらには南フランスや海辺、そして海を渡ってタヒチまで、果ては想像の世界へと、自然豊かな風景を表現しています。

こちらはポスターにも使用されているモネの《草上の朝食》。本作品は、当時26歳のモネがみずみずしい感性で描いたもので、銀杏の木から溢れる木漏れ日の表現方、モネの才能溢れるタッチを感じ取れることでしょう。

 

 

風景画から読み解く

 


 

数々の風景画が教えてくれるのは、神話や聖書の物語をはじめとし、その時代を生きる人々の暮らしだけではなく、情景を切り取った筆跡から、画家自身の個性が読み取れます。また、それぞれの画家が捉えた世界の見方は、私たちに光と影が織りなす世界の美しさを教えてくれることでしょう。是非、多様なスタイルで表現した風景画の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

【情報】

 

プーシキン美術館展――旅するフランス風景画

 

会期:2018年4月14日(土)~7月8日(日)

会場:東京都美術館 企画展示室(東京・上野公園)

時間:9:30~17:30 ※金曜は20:00まで ※入室は閉室の30分前まで

休館:月曜日(ただし、4月30日は開室)

 

【プレゼント応募】

本展覧会の無料鑑賞券をプレゼント致します。

件名に【『プーシキン美術館展――旅するフランス風景画』『チケットプレゼント】に加え、下記の情報を記入の上、info@pelulu.jp宛にメールにてご応募下さいませ。

  • 名前(漢字/カナ)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • Q1:pelulu.jp内で今までで面白かった記事3つをあげるとしたら?
  • Q2:今後pelulu.jpで取り上げて欲しい記事を3つあげるとしたら?

応募締切日:6月24日

プレゼント当選者は発送をもって代えさせていただきます。

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!