検索

【4/27公開のシネマ】『君の名前で僕を呼んで』ー性別や世代を問わない、恋の痛みと歓びー【MiLuLu】

【MiLuLu】では巷で話題の映画作品や美術展をご紹介!4月27日に公開される『君の名前で僕を呼んで』は、17歳と24歳の青年の生涯忘れられない、恋の痛みと歓びを描いています。男女問わず、世代問わず、誰もが胸を締め付けられるような淡い記憶を思い起こさせ、胸の中にある柔らかい場所を刺激する映画ファン必見の本作品をご紹介します。

 

痛みを葬らず、感じた歓びも忘れず

©Frenesy, La Cinefacture


 

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会います。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていくのでした。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきてー。

 

 

激しいセクシュアリティの描写

 

©Frenesy, La Cinefacture


出版とともに絶賛されたアンドレ・アシマンによる『君の名前で僕を呼んで』は、精神的にもセクシャリティの面においても、成長の真っ只中にある若者が持つ焦燥感を描き、まるで若者の心の中を映しだす窓のような小説です。

そんな同名原作を脚色したのは、映画史にも残る『日の名残り』の名匠ジェームズ・アイヴォリー

彼の手腕により新しく生まれ変わった本作品は、20年後も続いている原作の結末とは異なりますが、エリオとオリヴァーの恋愛関係が忠実に描写されています。

物語において2人は結びつくものの、幾度となく進展・後退を繰り返し、その部分に焦点を当てることで、ゆっくりと関係を構築しながら、観客の期待感を高めていきます。そして、貪るように互いを求めながら、優しくことを運んでいく官能的なシーンは、ただの行為ではなくキャラクターとしての振舞いが反映され、互いが惹かれ合っていく必然性としての描写です。

 

 

ずっと記憶していたいラストショット

 

©Frenesy, La Cinefacture


 

本作品で主人公である17歳のエリオを演じるのは、本作品が初主演のティモシー・シャラメ。そして、エリオと恋に落ちるオリヴァーには、複雑な感情を繊細な演技力で魅せてくれたアーミー・ハマー

ティモシー・シャラメは弱冠22歳でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、今やレオナルド・ディカプリオ以来となる、”実力と人気を兼ね備えた才能”とセンセーションを巻き起こしています。その表情だけを描き続ける、かつてない3分30秒にも及ぶ長回し…そのラストショットを見終えた時、心を振り動かされない人はいないでしょう。

 

1980年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年たちの生涯忘れられない、恋の痛みと歓びを描いた『君の名前で僕を呼んで』。誰もが胸の中にある柔らかい場所を思い出すような傑作。是非劇場に足を運んでお楽しみください。

 

 

 

【情報】

君の名前で僕を呼んで

2018年4月27日(金) TOHO シネマズシャンテ 他 全国ロードショー

監督:ルカ・グァダニーノ

脚色:ジェームズ・アイヴォリー

出演:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか

原題:Call Me By Your Name

配給:ファントム・フィルム

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!