検索

春色の着こなしLESSON〈PINK〉編

ファッション誌『vikka』4月号より、いつものコーディネートを新鮮に見せてくれる、春の華やぎスタイリング術をご紹介!

 

オフィスでも程よく愛らしさを演出できる!

そんなベージュに近い〈コブタピンク〉のコーディネートはいかが?

 


 

ピンクを着たいけれど、鮮やかなトーンは気が引ける。

淡いベージュピンク、通称“コブタピンク”なら、いつものベージュ代わりに着られる万能選手。

ワントーンでまとめても上品に見える優秀カラー。

 

 

カーディガン¥17,000/UNTITLED(アンタイトル)、パンツ¥19,0 0 0/COMP TOIR DES COTONNIERS(コントワー・デ・コトニエ ジャパン)、ネックレス¥74,000/COCOSHNIK(ココシュニック)、腕時計¥16,000/OLIVIA BURTON(エイチエムエスウォッチストア オモテサンドウ)、バッグ¥16,000/LA PRESTIC OUSTIN(ドレステリア京都店)、シューズ¥12,000/KBF+(ケービーエフプラス 新宿ミロード店)

デスク 天板¥30,000、脚¥38,000、キャビネット¥38,000、レターラック¥9,800/以上すべてBI S L E Y(ビスレー コンボ)、名刺ホルダー¥7,560/ROLODEX、ファイル 各¥891、マガジンラック¥765/以上すべてEsselt e(ともにオリエント・エンタプライズ)、その他 スタイリスト私物

 

 

感度の高いホワイトニットに

フェミニンなピンクプリーツで上品に

 

 


小物も同系色でまとめることでさらに洗練さがアップ。 スカート¥24,000/U N T I T L E D(アンタイトル)、バッグ¥25,000/ROBERTA GANDOLFI( ティアラ)、トップス¥2 3 , 0 0 0/HAUNT(ハウント代官山/ゲストリスト)、バングル¥20,000/IRIS 47(デ・プレ 丸の内店)、シューズ¥24,000/FABIO RUSCON(I ファビオ ルスコーニ六本木店)

 

 

スカーフとピンクの

グラデーションで顔まわりを明るく彩って

 


 

コブタピンクの映えるシックなパンツと合わせてスタイリッシュに。 トップス¥18,000/COMPTOIR DES COTONNIERS(コントワー・デ・コトニエ ジャパン)、スカーフ¥7,800/manipur(i フラッパーズ)、パンツ¥26,000/SCYE BASICS(マスターピースショールーム)、時計¥15,000/OLIVIA BURTON(エイ

チエムエスウォッチストア オモテサンドウ)、バッグ(店舗限定)¥29,000/UNTITLED(アンタイトル)、シューズ¥3 3 , 0 0 0/ P r e t t yBallerinas(エフイーエヌ)

 

 

 

photograph:Kentaro Oshio styling:Makoto Fukuda

hair&make-up:Jun Hayatsu[off] model:Minami Mitsushima

cooperation:PROPS NOW, BISLEY

 

vikka 4月号 vol.30より

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!