検索

木のぬくもりに包まれたふたり暮らしの部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】

飾るもののひとつひとつが、居心地の良さをつくっていく。

 

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。text & photo : Ken OHYAMA

 

「1000倍快適」

「前住んでた部屋より1000倍快適です」と何度も繰り返す林さんの旦那さん。珍しいレイアウトで、三面が窓の細長い部屋です。「庭もあって、とても陽当たりがいいんです」と奥さま。引っ越してきたのは2017年4月ということなので、住んで一年です。

 

明るくてとても居心地のいい部屋。

 

色で仕切る

元もと仕切られていた間取りがリノベされてキッチンからリビングまでが一続きになっています。このお部屋をみてすごいと思ったのは、「素材・色によってやんわり仕切られている」ということ。平面図写真をもう一度ご覧ください。画面右のキッチンサイドは白、対して左のリビングは、木。一続きの空間でありながら、なんとなく「居場所」が作られています。

 

 

「キッチンがステンレスじゃなくて白いのも気に入ってます」

 

林夫妻、やっぱりご職業がインテリア関係とのことで、この素敵なお部屋は、プロの仕業というわけです。

 

 

かっこよく整頓されている器

 

夜中2時まで壁塗装

このキッチンエリアとリビングエリアの巧みな区分けに関してはもう一つ。上の写真にあるように、キッチンのすてきな棚の上にはキュートなものたちが飾られているのに対し、一方、リビングの壁はあえて何も飾られていないまっさら。この対比もそれぞれの空間を性格づけているようです。

 

リビングのほうの壁。いさぎよいまっさらぐあい。そしてよく見るとハケの跡が。

 

この壁、「塗料用のクロスにしてもらって、自分たちで塗りました」とのこと。ハケの後が良い感じのテクスチャになってます。「これがけっこうたいへんで。6度塗りぐらいしてます。夜中2時頃までふたりで塗ってましたね」

 

木に惹かれて

部屋をみて驚いたのは、リビングにある棚のサイズのぴったりぐあい。これはご夫妻もびっくりしたそう。

 

「ぴったりすぎて置くのがたいへんだったぐらい」ほんとうに気持ちの良いジャストサイズ。偶然だそうだです。
ごちゃごちゃになりがちな本・雑誌類もすっきり。

 

色、素材、配置と、これほど上級な空間づくりは是非とも参考にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

大山さんが撮影・インタビューしたお部屋は、東京と大阪で展開するお部屋探しサイト「good room」が運営するコラム「goodroom journal」で公開されています。もっといろいろなお部屋をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

インテリア実例:自分好みにカスタマイズする。カラフルでハッピーなふたりの部屋good room

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!