検索

名セリフと味わう、大人女子的ジブリ映画案内 Vol.1『おもひでぽろぽろ』

27歳OLのタエ子は、小学5年生の頃の思い出を連れて旅に出る。ひとりの女性が旅を通して大切なものを見つけていく姿を描いた、高畑勲監督による名作。

 突然ですが、皆さんが一番好きなジブリ映画は何ですか? 『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』『天空の城ラピュタ』など、いろいろな答えが聞こえてきそうですね。
 
 すでに子ども時代を過ぎ、大人になった私たちにとってジブリ映画の面白さって何だろう?
改めてそう考えてみると、幼い頃に感じたワクワク感はもちろんそうですが、大人になった女子の感性にもガンガン響く要素があるんじゃないかと思うのです。例えば、さまざまな経験を経て、大人になった今だからこそ、登場人物たちのセリフがズーンと胸に響くなんてことも。今回は、そんな印象的なセリフにも注目しながら、ジブリ映画の魅力を紹介していきます。
 
 1991年公開の『おもひでぽろぽろ』は、個人的に大好きな作品で、見直すたびにつくづくよくできたドラマだと感じる名作です。物語は、東京都内で働く27歳のOL・タエ子が、夏季休暇をとって山形旅行へ出かけるところから始まります。この旅行をきっかけに、タエ子の心の中に、小学生時代の思い出が次々とよみがえってきます。本作は、現在のタエ子の姿と、小学5年生のタエ子の思い出を交錯させながら、27歳の女性の心境を多彩なエピソードとともに描いています。
 

『おもひでぽろぽろ』(高畑勲監督/1991年公開)

© 1991 岡本螢・刀根夕子・Studio GhibliNH

 

27歳OLのタエ子と小学5年生のタエ子 

 本作の面白さは、主人公・タエ子のどこか懐かしくて、おかしいエピソードにあります。小学生時代の楽しかった思い出や苦い思い出。今思えば、どうしてあんなことに一喜一憂していたのだろうというような、小学生の悲喜こもごもは、まさにかつて私たちが体験した思い出と重なり、懐かしいやら恥ずかしいやらで共感が止まりません。
 映画冒頭のシーンで、会社で休暇届を提出するタエ子。海外旅行ではなく、山形の田舎を旅行するという彼女を、上司は珍しがります。それに対し、「田舎に憧れてるんです」と明るく答えるタエ子。彼女はこの言葉をきっかけに、小学5年生の夏休みのことを思い出します。幼い頃、遠くの田舎に遊びに行く友人たちが羨ましくて仕方なかったこと。回想シーンで描かれるのは、「ねえねえ、うちには田舎ないの」と何度も母にたずね、駄々をこねる小学生・タエ子の姿。周りの友人と自分を比べてやたら羨ましがる姿は、大人になって振り返ると滑稽ですが、小学生なりにそれが一大事だったあの頃。本作は、そんな忘れかけていた子ども時代の記憶の描き方が秀逸なんです。
 

★印象的な名セリフ「体育休む子はみんな生理だって思われちゃうじゃない」「やっぱり果物の王様はバナナね」etc.

 そして数々のエピソードを彩る名セリフの数々!上記のちょっぴり衝撃的なセリフは、小学5年生のタエ子が、クラスの女子だけを集めて行われる保健の授業後に発したもの。ほかにも、当時はまだ珍しかったパイナップルを、家族全員でワクワクしながら食べるシーン。パイナップルを食した姉たちが「やっぱり果物の王様はバナナね」と言うに至る顛末は、時代性とともに家族の思い出を生き生きと描写しています。さらには、小学5年生のタエ子が、少し年の離れた姉たちと交わす会話がとてもリアル。妹のわがままさ、年の離れた姉のこざかしさに、“あー、こういうのあったあった!”と共感するのは、私だけではないはず。家族で外食に行くことになったタエ子が、お出かけ用にエナメルのハンドバッグを、姉に貸してほしいとねだるシーン。「ハンドバッグがないんだもん」と散々ごねたあげく、結局「あたし行かない」とすねるタエ子。姉妹ならではのこのやり取りがあまりにもリアルで、個人的には胸がえぐられるようにズキズキしてしまいました。
 

楽しかった記憶も苦い記憶も、ひっくるめて今の自分がある

 この作品が大人女子の心にじんわり染みるのは、幼い頃の楽しい記憶だけでなく、つらかった思い出や、思い通りにならなかった願望もすべてひっくるめて描いているからだと思います。そして、幼い頃の経験や記憶が、やがて大人になった自分の考え方を形成しているという事実も。貴重な夏季休暇を使い、わざわざ山形の田舎で農作業に励む27歳のタエ子。彼女が心の中にあるモヤモヤを見つめ直すには、幼い頃の記憶に立ち返ることが必然だった。そして映画の終盤、上っ面だけを見て田舎の良さを絶賛していたタエ子は、“田舎に嫁に行く”という現実的な選択肢を突き付けられるのですが……。
 30歳前後の心境の変化…。例えば、いったん仕事を辞めて息抜きしてみたかったり、がらりと環境を変えてみたくなったりするのは、わりとよくあることではないでしょうか。でも結局のところ、自分自身の性格が大きく変わることはなくて、欠点を受け入れながら、続きの人生を踏み出すほかない。夢見るばかりではいられない大人になったからこそ、この物語は余計心にしみるのかもしれません。爽やかな季節の到来とともに、ぜひぜひオススメしたい作品です。
 
 【DVD発売情報】
 
 
『おもひでぽろぽろ』(高畑勲監督/1991年製作)
【発売元】 ウォルト・ディズニー・ジャパン
【価格】4700円(税別)
© 1991 岡本螢・刀根夕子・Studio GhibliNH
Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!