検索

間取りにとことんこだわって、自分らしく暮らす。ぷじさわさんの話が弾む1Kの部屋【プチDIY女子達のお部屋案内】

「DIYでお部屋を改装したいけど賃貸だから無理……。」と諦めてしまっている人も多いのでは? そんな人にオススメしたいのがこちらの企画。今回は、絶妙な間取りにお気に入りの家具を全部置いて、あちこちの壁を飾って楽しむ、あえて言うならば ”我慢しない” お部屋。その秘訣を聞いてきました。

 

 

こだわって選んだ、絶妙な間取り

都内のコーヒーショップにお勤めのぷじさわさん。中央線沿線で見つけたお部屋は、駅から徒歩20分とちょっと遠め。建物もちょっと古め。「いい部屋があったら引越そう」とインターネットで物件をちょこちょこ検索していたというぷじさわさん、「これだ!」という決め手となったのは、絶妙な間取りだったということです。

 

 

1Kのお部屋には、ベッド、ダイニングテーブル、ソファ、ローテーブルと、置きたい家具が全部置かれています。窮屈にならずにちゃんとセンスよく配置されています。

 

もとは押入れだった大きな収納の横にぽっかり、ソファのおさまるスペースが。好きで集めているというクッション、それに壁にたくさんのポストカードを飾って、とっても落ち着く空間に。ソファの肘置きはもっと白っぽい色だったのを、部屋に合わせて塗りました。

 

収納も、部屋の入り口も引き戸なので、ドアが干渉しないのも大きなポイント。天井には屋根裏収納までついていて、スノーボードなど季節のものをしまっているそうです。テレビは置かず、ソファの上の白い壁にプロジェクタで写して映画などを楽しんでいるのだそう。

 

古い物件のため、気になるところも。汚れが目立ったベランダには自分でIKEAのウッドデッキパネルを敷きました。

 

日用品の中に、飾りたいものを混ぜる

ぷじさわさんのお部屋には、お気に入りのポストカードや写真、グリーンやドライフラワーなど、たくさん飾ってあるのに、邪魔になる感じが全然しないのは、日常的に使うアイテムの中に上手に混ざっていて、逆に生活感を打ち消しているからかも。

 

キリンが大好きなぷじさわさん。誕生日にもらった2匹のキリンが部屋のアイドル。
ポストカードの配置も、絶妙ですよね。真ん中の額に入った写真は、写真家・橋本塁さんのもの。
玄関の壁も、よく見るとブラシや時計など、必要なアイテムがさりげなく飾られています。額の中にかかっているのは、玄関の鍵!こうすれば、どこに置いたか忘れませんね〜
下駄箱がついていなかった玄関に置いた、コンパクトなシューズラックは、上に自分で板をくくりつけて物が置けるようにしました。ちょっとした工夫で、ずいぶん印象が変わりますね。
料理をよくするので、キッチンには小物を飾ったりせず、「掃除のしやすさ重視!」とのことですが、ここも、食材やコーヒー豆がきちんと整理して置かれているだけで絵になってますね。

 

ひとつひとつ、飾ってあるものをみせてもらっていると、「これ、どこで買ったんですか?」「これ、どこの写真ですか?」と、ついつい話が弾んでしまうお部屋でした。

 

 

 

ぷじさわさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/223.070/

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:

リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ

goodroom https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例 https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!