検索

【チケットプレゼント】『猪熊弦一郎展 猫たち』ー猫好き必見!愛くるしい猫たちの世界ー【MiLuLu】

【MiLuLu】では巷で話題の映画作品や美術展をご紹介!現在、渋谷・Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されている『猪熊弦一郎展 猫たち』。猫をモチーフにした猪熊弦一郎さんの作品から…猫好きはもちろんのこと、色彩豊かなアートも楽しめる本展覧会をご紹介します。

無類の猫好きである猪熊弦一郎


 

猪熊弦一郎さんは、昭和の百花繚乱の画壇において試行錯誤を繰り返すも、常に独自の境地を維持しながら、個性的な作品群を残した画家です。

戦前に留学先のフランスでアンリ・マティスに学び、戦後はニューヨークやハワイを拠点とし、90歳で亡くなるまでの約70年という画業の中で、おびただしい数の作品を生み出しました。

そんな彼による芸術は猫だけにとどまるものではありませんが、「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の愛猫家であり、私生活としても作品モチーフとしても猫は重要な存在でした。

 

 

猫たちとの素敵な生活


 

猪熊弦一郎さんが ”猫愛” に目覚めたのは、1926年一目惚れした女性・文子さんとの結婚がキッカケでした。猫好きだった妻の影響で、猫との共同生活がスタート。1946年、夫婦で田園調布に移ってからは、拾い猫や生まれた猫を育てるうちに、自然と多頭飼いとなったそうです。それほど愛した猫たちは芸術にも大きなインスピレーションを与えてくれました。

素早い筆致で正確に捉えているにもかかわらず、その表情や仕草は世の猫好きをとろけさせるような愛しいもので、画家特有のこだわりというよりかは、猫そのものへの愛情が手を伝って表現されています。

 

 

“猫愛” 故の美への探求


 

猪熊弦一郎さんは、猫たちの姿を画家の目で捉え、写実的なスケッチ、シンプルな線描、デフォルメした油彩と、様々な猫の魅力を存分に享受し、創作に挑戦していきました。

モチーフとしての猫に対する客観的な視点と、友としての猫に対する敬愛の念が呼応し、1950年代前半は幾何学形を使ったり、一筆書きのように単純な線で囲んだりし、猫の絵を一要素とすべくあれこれ工夫した作品を精力的に描いてます。どんなモチーフを描こうとも、形と色のバランスに注視し、構成されている絵画作品は、具象も抽象も関係なく、一貫性が感じられました。

 

 

猫が好きな人も、そうでない人も、猪熊弦一郎の芸術に触れられる


 

ユーモラスな猫たちの姿から、面白い猫の生態はもちろん、それを慈しみながら観察していた愛猫家兼画家の視点が見て取れる本展覧会は、猪熊弦一郎さんの地元・香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描、猫以外の主題の作品も若干加えた約160点によって構成されています。

会期中には撮影可能エリアが設けられるだけでなく、本展覧会に登場する猪熊弦一郎の描いた猫たちをモチーフにした展覧会オリジナルグッズが多数展開中!是非、猫が好きな人も、そうでない人も、彼が愛した猫たちを描いた作品を介し、猪熊弦一郎の奥深い世界に触れてみてはいかがでしょうか?

 

 

【情報】

猪熊弦一郎展 猫たち

会期:2018年3月20日(火)〜2018年4月18日(水)

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

夜間開館:毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

休館日:会期中無休

 

【プレゼント応募】

本展覧会の無料鑑賞券をプレゼント致します。

件名に【『猪熊弦一郎展 猫たち』チケットプレゼント】に加え、下記の情報を記入の上、info@pelulu.jp宛にメールにてご応募下さいませ。

  • 名前(漢字/カナ)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • Q1:pelulu.jp内で今までで面白かった記事3つをあげるとしたら?
  • Q2:今後pelulu.jpで取り上げて欲しい記事を3つあげるとしたら?

応募締切日:4月4日

プレゼント当選者は発送をもって代えさせていただきます。

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!