検索

春のティータイムに欠かせない、こだわりの英国キッチンウエア5選!

素敵なティータイムにぴったりな英国生まれのキッチンウエアをご紹介。

 

 

英国生まれのキッチンウエアで、春のティータイムを素敵に彩って!

環境が変わって新生活が始まる4月は、何かとストレスも多い季節。

そんな時は、お気に入りの紅茶を淹れて、ホッと一息ついてみては?

こだわりのティーセットを使えば、毎日のティータイムがもっと楽しくなるはず!

 

 

 

 



アンティークのケトル(大)¥6000、(小)¥4500(ともにファーマーズテーブル)、ミルクポット¥3800、ティーストレーナー¥1300、ティーコゼ 5800/以上すべてLABOUR AND WAIT(ビショップ)、ニワトリのエッグケース¥11000MASON CASH、マグカップ¥9000TENDER Co.(ともにテイス トメイカー ズ)、Brown Bettyのティーポット¥3500 MARGARET HOWELLHOUSE HOLD GOODS(アングローバル)、プレート¥3600、クリーマー¥2300/ともにJ.Leach、バット4400、カップ¥2500/ともにFALCON、スコーンを置いたケーキークーラー¥1800、ヴィンテージのホーロー ミルクポット¥7000(以上すべてサンク・プリュス)、プディングカップ(17cm)¥2200、(14cm)¥1800/とも MASON CASH(テイストメイカーズ)、サービングボー 12000HAMPSON WOODS(ドワネル) 

 

 


 

 

『デンビー』のマグカップ

200年以上の歴史を持つ、イギリスの老舗陶器メーカー『デンビー』。

ひとつの商品が出来上がるまでに、およそ20人の職人を経て作られるマグカップは、

鉄より硬度が高く、傷がつきにくいのが特徴。

  マグカップ各2600/ともにDenby(シボネ青山)

 

 

 


 

 

『ブラウンベティ』のティーポット

イギリスのティーポットといえば『ブラウンベティ』。

コロンと丸みのあるキュートなボディは、

その形状によってお湯を注いだ時に茶葉が内部でジャンピングし、紅茶の香りをより引き出してくれるとか。

ブラウンベティーティーポット¥4300(ドワネル)

 

 

 

 

 


 

 

『テイストメイカーズ』のティークロス

食器を拭くクロスとして使うのはもちろん、ティータイムで使うトレイに敷いたり、

スコーンが乾かないようにかぶせたり…使い方はいろいろ。

イギリスの食卓に欠かせないアイテムです。

ティークロス各¥1500/以上すべてThe Tastemakers & Co.(テイストメイカーズ)

 

 

 

 

 

 


 

 

『レイバー・アンド・ウエイト』のミルクパン

イーストロンドンの人気雑貨店『レイバー・アンド・ウエイト』から、

舗ホーローメーカーRIESS社のミルクパンを別注。

キッチンに何気なく置いておくだけでも絵になる佇まいが魅力!

ミルクパン¥3800/LABOUR AND WAIT(ビショップ)

 

 

 

 


 
『サラ・ペセリック』のスプーン

イギリスで活躍中のデザイナー『サラ・ペセリック』のカトラリー。

ベトナムの職人が手作業で仕上げた一品は、

どんなキッチンにも馴染む、ミニマムで洗練された佇まいが印象的。

スプーン各¥1400/ともにSarah Petherick(シボネ青山)

 

 

 

 

FUDGE vol.151より

 

 

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!